「石那坂の戦い」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
lk
m (lk)
'''石那坂の戦い'''('''いしなざかのたたかい''')は、[[奥州合戦]]の際に行われた合戦の一つ。
 
== 概要 ==
[[文治]]5年(1189年)7月、鎌倉の[[源頼朝]]は、謀反人[[源義経]]をかくまったとの理由で[[藤原泰衡]]を討つため、[[陸奥国|奥州]][[平泉]]に向けて出陣した。頼朝軍は3手にわかれ、[[千葉常胤]]らが[[常陸国]]から浜街道(福島県[[浜通り]])沿いを、[[比企能員]]らが[[越後国]]から[[出羽国]]の日本海沿いを、そして頼朝本隊は[[宇都宮市|宇都宮]]から[[白河関]]をとおる[[奥州街道]]を進撃する。『[[吾妻鏡]]』によれば7月29日に頼朝本隊は白河関を越え、8月7日に国見宿([[福島県]][[国見町 (福島県)|国見町]])に布陣し、阿津賀志山に陣取る[[藤原国衡]]と対した。その前後に(『吾妻鏡』では8月8日条)、泰衡の郎従・信夫佐藤庄司([[佐藤基治]])が石那坂の上に陣を構えており、鎌倉方の常陸入道念西([[伊達朝宗]]に比定されている)の子息4人(為家・為重・資綱・為家)によって討ち取れ、首を阿津賀志山経岡に晒されたという(後に許されて所領へ戻ったという記述もある。後記文章を参照)。この佐藤庄司と常陸入道念西らの戦いを石那坂の戦いと称する。
 
== 古戦場の場所 ==
26,288

回編集

案内メニュー