「漢訳」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(→‎カタカナ語の氾濫と漢訳語彙:  ニュアンスを漢訳(苦笑))
'''漢訳'''('''かんやく''')は、[[漢字]]文化圏に外側から入ってきた文章や、[[概念]]などを[[漢文]]・[[漢語]]へと[[翻訳]]を行なう試みのことである。
 
== 仏典の漢訳 ==
=== カタカナ語の氾濫と漢訳語彙 ===
 
[[第二次世界大戦]]後、科学技術分野における[[英語]]の圧倒的な優位性は[[言語帝国主義]]といわれるほどになっており、フランス語やドイツ語のような非漢字文化圏の言語でも英語をそのまま借用したり、微妙な意味の違いを無視して機械的に音訳する事例が増えつつある。日本でも、新来の外国語に対する漢訳が行なわれにくくなり、カタカナ語として使われることが増えたり、あてられた漢語が定着しなかったりする傾向が強まっている。この現象の背景として、科学技術分野を中心に社会の変革が加速していることも挙げられ、その代表例がインターネットなどの情報技術分野である。
 
また、新規のカタカナ語は新鮮な印象を与える傾向があるため、専門的な文献のみならず、商業分野で多用されやすいのも特徴である。[[マスメディア]]や[[公文書]]のような公共性の強い場においても新来語がカタカナ語のまま用いられる事例が増加し、前提知識のない人、とくに高齢者にとって理解の妨げとなっている問題が指摘されている。
3,331

回編集

案内メニュー