「義務論」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''義務論'''とは、[[哲学者]]であり[[倫理学]]者である[[カント]]の唱えた[[道徳論]]である。
 
その内容我々はいついか'''自己の格率が普遍的法則となる事を、その格率を通して自己が同時にも道徳規則意欲出来る、という格率に従うべきであるってのみ行為せよ'''」というもの
 
 
== 概論 ==
 
[[イマヌエル・カント|カント]]は、[[理性]]によって導き出される普遍的な究極の道徳規則というものの存在を提起し、それに無条件に従う事が倫理の達成であると提唱した。
 
我々人間をじめとす健康で頭が冴え理性的存在者は、な時ならば''善い意志が最も善いものである''事理解し[[理想]]出来る。善い意志は「自己の格率が普遍的法則となる事を、その格率を通して自己が同時に意欲出来る、とう格率に従ってのみ行為する」で表される。([[格率]]とは自己が意欲する規則の事。)しかし、人間は短絡的な[[欲求]]などの様々なしがらみにより善い[[意志]]を保持にかなった行為が出来ない場合が多い。そこでこの善い意志の行為を理性的なうちに[[義務]]とし自己に強制させておく事で、善い意志の行為化に接近する。こうする事で短絡的欲求や気まぐれに惑わされる事無く善い意志を実現行為化させる。義務成功なると上記の文末が「~行為せよ」となり冒頭の形となる。こうて善い意志は人間においては義務的な道徳規則となった。
 
義務論を解り易く言えば、自分が行為したい事が、だれが、いつ、どこで、なぜ、いかに行為しても文句なしと自分が意欲出来る行為ならそれを道徳規則とし、その規則に従う事、である。ここで気を付ける事は、あくまで自分が意欲出来るから規則とする事、あくまで規則だから行為する事、規則を作る場合「~の場合」を付けてはならない事(例:極度の貧困の場合窃盗してもよい。これは、やむを得ないが善とはならない。)である。
 
 
 
== 実践理性の要請 ==
 
カントは何故、義務論に従うべきのかを“我々がそれを欲するから”という以外で証明出来なかった。これを実践理性の要求と呼び、ここが哲学の限界と言ったりもしたが、現在では科学の発展により、自己保存欲求などとも関連付けられる。つまり、道徳に従う事は長期的観点で自己保存に叶う為というもの。これは、道徳の必要性といった類の道徳の根本的な問題の内で扱われる。
 
 
== 完全義務と不完全義務 ==
 
このような義務の区別がある。
 
完全義務:いかなる状況下でも従わなければならないもの。
不完全義務:通常従うべきだが事情によって従わない事が許容されるもの。努力義務ともいう。
 
これらの区別はただただ自己の理性によって区別され、一般的に前者は法律化や被行為者による何らかの対処が認められる。
 
 
== 基本的規則 ==
 
基本的義務というものが存在する。いまいち何を規則とするか分からない者はこういったものを理性で普遍化妥当として規則とする事が出来る。
 
・対過去義務(約束の厳守、罪の償い)
 
・感謝の義務
 
・公正の義務(功績と幸せの比例)
 
・善行の義務(他人の状況の改善)
 
・自己改善の義務(道徳的・知的改善)
 
・他人を傷つけない義務
 
[外部参考項http://www.tokai.t.u-tokyo.ac.jp/~madarame/lec1/theory.html]
 
また、カント等の義務論の著作では、人を殺さない、嘘をつくなを始め以下のものがみられる。
 
・隣人愛義務(遭遇した全ての人を平等に重んじる)
 
・自己保全義務
 
・人格尊重義務
 
・人格に有害な物の除去義務
 
・平和を目指す義務
 
なお、道徳的であることの当然の前提として理性保持義務も考えられる。理性の範囲に最大時間あるようにせよ。
 
 
== 形而上学的事項 ==
 
ちなみに、義務論では道徳規則に従う事は自らの自由意志によって規定しなければならないというされる。これを[[自律]]という。ここで言う自由とは理性にとっての自由である。理性以外の一切のもの(例えば欲求)によって行為を規定してはならない。こうしてカントは理性的存在者の[[自由]]と[[尊厳]]を確保したのである。
 
 
== 功利主義との関係 ==
善い意志とは'''「その行為が普遍的となる事を同時に意志できる行為をする」'''である。これが義務になると「~行為をせよ」となる。解り易く言えば、道徳的な行為の条件とは、自分が行為しようとする事が誰が行為してもよい、とその時同時に自分も進んで意志出来なければならない、という事である。こうして善い意志は人間においては義務的な道徳規則となった。
 
[[功利主義]]こそが義務であるとされるとき義務論と功利主義はかなり接近する。(特に[[規則功利主義]])しかし第一に、最大多数の最大幸福による止むを得ない犠牲を善とするか(功利主義)、悪(本当は回避したかった)とするか(義務論)で異なる。第二に、功利主義は目的、結果重視なのに対し義務論は動機重視である。その為、規則功利主義とは根本的に異なる。
ちなみに、道徳規則に従う事は自らの自由意志によって規定しなければならないという。これを[[自律]]という。ここで言う自由とは理性にとっての自由である。理性以外の一切のもの(例えば欲求)によって行為を規定してはならない。こうしてカントは理性的存在者の[[自由]]と[[尊厳]]を確保したのである。
 
義務論はその他の諸理論にある「行為の目的」という物を排し、どんな場合でも無条件で結果を考慮せず道徳規則に従うという事から、[[規則功利主義]]とは根本的に異なわせる。
 
[[category:倫理|きむろん]]
匿名利用者

案内メニュー