「アブロ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
lk
m (lk)
'''アブロ''' ('''Avro''') または'''アヴロ'''は[[イギリス]]の[[航空機]]メーカー。A.V.ロー・アンド・カンパニー (''A.V.Roe and Company'') の通称。[[第二次世界大戦]]において活躍した爆撃機[[ランカスター (航空機)|ランカスター]]のメーカーとして知られている。
[[Image:Lancaster MkX Canadian Warplane Heritage Museum 2.jpg|thumb|300px|Canadian Warplane Heritage Museumで展示されているアブロ ランカスター Mk. X]]
'''アブロ'''('''Avro''')または'''アヴロ'''は[[イギリス]]の[[航空機]]メーカー。A.V.ロー・アンド・カンパニー(''A.V.Roe and Company'') の通称。[[第二次世界大戦]]において活躍した爆撃機[[ランカスター (航空機)|ランカスター]]のメーカーとして知られている。
 
== 歴史 ==
=== 創設 ===
アブロは世界初となる航空機の会社で[[マンチェスター]]の[[ブラウンズフィールド・ミルズ]]、[[イングランド]]の[[A・V・ロー]](Alliott (Alliott Verdon Roe<!-- , アリオー・バードン・ロー -->) と彼の兄弟である[[H・V・ロー]]らによって[[1910年]][[1月1日]]に創設。A・V・ローは[[サリー州]]のウェイブリッジと[[ハンプシャー州]]のブルックランドのパイロットとして、すでに名を知られていた。
 
[[1912年]]、同社は木製複葉機の[[アブロ 504]]を開発した。翌年には初飛行を果たし、[[第一次世界大戦]]では敵味方双方に使われる航空機となった。いくつかのハンブル工場、マイルス工場、ニュートン・ヒース工場などで合計8,340機が生産され、20年間も使用された。これは、この頃のエンジンを使用する航空機としては相当な偉業であった。
[[ランカスター (航空機)|ランカスター]]は成功した航空機であり、[[旅客機]][[ランカストリアン]]と[[哨戒機]][[シャクルトン (航空機)|シャクルトン]]はランカスターから派生している。ランカストリアンの後継として[[チューダー (航空機)|チューダー]]が開発されたが、他の旅客機との激しい競合のため成功したとはいえなかった。初飛行は[[1945年]]7月に行なわれ、[[Lincoln (航空機)|リンカーン]]の主翼とエンジンを流用していたが [[英国海外航空|BOAC]] のキャンセルもあってわずか34機しか製造されず、旧式の[[ヨーク (航空機)|ヨーク]]が軍用・民用でより広く用いられる結果となった。ベルリン空輸作戦([[ベルリン封鎖]])においてチューダー及びヨークは大きな役割を果たした。
 
[[画像:Vulcan.filton.arp.750pix.jpg|left|200px250px|thumb|爆弾倉を開いたバルカン]]
冷戦期に有名な航空機に[[バルカン (爆撃機)|バルカン]]がある。バルカン爆撃機は[[イギリス]]の核抑止戦略の一環として[[核ミサイル]]の[[ブルースチール (ミサイル)|ブルースチール Mk.I]]を搭載しアラート任務についていた。アラート任務は比較的短期間で終了したが、[[1982年]]には[[フォークランド戦争|フォークランド紛争]]で通常爆撃任務に出動している。
 
1950年代には[[ロールス・ロイス]]製[[ロールス・ロイス ダート|ダートエンジン]]を搭載した双発[[ターボプロップ]][[旅客機]] [[アブロ748]]が開発され、世界中で広く販売された。民間以外にも[[王室用飛行隊]](現イギリス空軍[[第32王室飛行隊]])が数機を購入し、後部貨物室ドア及び伸縮式降着装置が追加された型が<!--(合併後の社名である)[[ホーカー・シドレー]]-->[[アンドーバー (航空機)|アンドーバー]]として[[イギリス空軍]]や[[イギリス連邦]]各国で採用された。
 
同じく1950年代には[[アブロ・カナダ]]によって北米初の[[ジェット機|ジェット]][[旅客機]][[アブロ・カナダ C-102 ジェットライナー|アブロ C-102 ジェットライナー]]、[[カナダ]]が自主開発した唯一の[[ジェット機|ジェット]][[戦闘機]] [[CF-100 (航空機)|CF-100 カナック]]及び[[超音速]][[戦闘機]] [[CF-105 (航空機)|CF-105 アロー]]が製造された。アローは高性能の迎撃戦闘機として開発が進められていたが、開発費が高騰したことと地対空ミサイルによる防空へと戦術が転換したため、量産体制へ移行しないままカナダ政府により計画の破棄が命じられた。これによりアブロ・カナダは打撃を受けて終焉に向かうこととなる。
 
=== 航空機メーカーの統合 ===
アブロは[[1963年]]7月に[[ホーカー・シドレー|ホーカー・シドレー・アビエーション]]と合併した。そのためアブロの社名は消滅するかに思われたが、長年のブランドイメージが大きかっため(これもまたホーカーが合併して発足した[[ブリティッシュエアロスペース|BAe]]製の)[[BAe 146]]が "アブロ RJ" として2001年まで販売された。この機は "アブロ 146" や "ジャンボリノ" と呼ばれることもある。
 
[[アブロ748]] の設計から発展したのが [[BAe ATP]] であり、イギリス内外で主に国内短距離定期路線で運用されている。
 
== 主な製品 ==
[[Image:Avro 504.jpg|thumb|200px250px|アブロ504]]
[[Image:Avro.anson.arp.jpg|thumb|200px250px|アンソン(2005年撮影)]]
[[Image:31 Shackleton mail drop Aug1970.jpg|thumb|200px250px|シャクルトン(1970年撮影)]]
[[Image:Cf100 cfb borden 1.jpg|thumb|200px250px|CF100(2006年撮影)]]
航空機
[[Image:Avro 504.jpg|thumb|200px|アブロ504]]
[[Image:Avro.anson.arp.jpg|thumb|200px|アンソン(2005年撮影)]]
[[Image:31 Shackleton mail drop Aug1970.jpg|thumb|200px|シャクルトン(1970年撮影)]]
[[Image:Cf100 cfb borden 1.jpg|thumb|200px|CF100(2006年撮影)]]
*[[Triplane (航空機)|Triplane]]
*[[アブロ 146]] : [[BAe 146]]
*[[アブロ 504]]
*[[アブロ 534|アブロ 534 Baby]]
*[[アブロ・カナダ C-102 ジェットライナー|C-102 ジェットライナー]] - also アブロ・カナダ
*[[Ashton (航空機)|Ashton]] (1950)
*[[アブロ748|アブロ 748]] (1960) : [[アンドーバー (航空機)|アンドーバー]]
**合併後、[[ホーカー・シドレー]]で販売。ホーカー・シドレー アンドーバー(Hawker Siddeley Andover, [[HS 748]] 及び [[BAe 748]])
*[[アブロ 730]] - planned supersonic bomber, never completed
 
== 関連項目 ==
{{commonscommonscat|Category:Avro}}
* [[アブロ・カナダ]]
* [[航空機メーカーの一覧]]
 
[[Category:イギリスの航空機メーカー|あふろ]]
[[Category:かつて存在したイギリスの企業|あふろ]]
 
[[de:Avro]]
13,252

回編集

案内メニュー