「礼拝堂」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
コメント暗躍議論に基づく推敲
m
(コメント暗躍議論に基づく推敲)
'''礼拝堂'''(れいはいどう)は、主にキリスト教建築の用語であり
 
*礼拝のために恒久的に確保された専用空間のうち、以下に示す何らかの理由により[[聖堂]]と呼ばれないもの。
**教会の所有ではない礼拝空間(→[[チャペル]])。[[マルティリウム]]も本来はこれに属する。
**構内に主祭壇を囲む主礼拝空間「聖堂」が別途存在する、副次的礼拝空間。
**信仰理解的理由により用語「聖堂」を用いない[[教派]]([[プロテスタント]])の礼拝空間。
 
*上記「聖堂と呼ばれない礼拝空間を確保することを主たる目的とする建築物<!--どこにかかるのか不明。上をナンバリングして指示したらどうでしょう。て全部でんがな、ちゃいますか?/ んん。それなら「上記礼拝空間を……」ではどうでしょう。ただ「副次的礼拝空間」は物理的には聖堂内にあることが多いので、その表現だと微妙ではある。/了解そのために「構内」という表現にしておいたんです。聖堂は聖堂を確保する建築でその中に礼拝堂の有無は問われず、聖堂の横に礼拝堂は建ち得ますよね?-->。
後者の代表例はプロテスタントの教会堂(建物としての教会)である。多くの教会建築では、前者の礼拝空間が教会堂の容積の大半を占めるため、教会堂をそのまま後者の意味で礼拝堂と呼んでもほぼ差し支えない。
1,471

回編集

案内メニュー