「トンボ (印刷)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
トンボは版下や[[製版]]フィルムを用いた印刷工程において、[[浮世絵#制作法|見当]]合わせの機能を果たすもので、かつての熟練した職人は[[カラス口]]などを用いて手書きしていた。A4など[[紙#洋紙寸法|規格サイズ]]の場合は専用の版下台紙が市販されていたが、それ以外では細く正確なトンボを容易に作成するためのトンボシール(掲載写真参照)が使用された。これは剥離面が3分割されており、中心部分を剥がして位置を合わせ、指で押さえて粘着面と版下を固定し、さらに左右を剥がして完全に貼り付けられるようにできていた。やがて版下作成が機械化されると、仕上がりサイズに応じて数値入力で自動作成することが可能となった。製版作業の電子化を経て、一覧の工程がDTP化されるとトンボ作成は[[ソフトウェア]]の中の1[[コマンド]]に過ぎなくなっている。
 
DTP作業にいて代表的な編集ソフトウェアである[[Adobe Illustrator]]では、トンボ作成には自動トンボとトリムマークの2つのコマンドがあり、データ入稿時にはトリムマークで作成するように求められる。
 
==関連項目==
匿名利用者

案内メニュー