「松本市旧司祭館」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
長野県内に現存する最古の西洋館で、アーリーアメリカン風建築。設計者は最初の居住者でもある松本カトリック教会のクレマン神父。
[[1889年]]に[[宣教師]]用住居として松本城下・北馬場町の武家屋敷跡地に建設され、その後松本市へ寄贈。[[1991年]]に現在の[[旧開智学校]]の隣地に移設、保存処置が講じられている。
 
グスタフ・セスラン司祭はここで本邦初の本格的な和仏辞典「和仏大辞典」を編纂した。
==建築概要==
匿名利用者

案内メニュー