「オブジェクト (プログラミング)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
オブジェクトは記憶装置上に自らのインスタンスを作るための手続きを備えており、この手続きが何らかの形で(通常は他のインスタンスによって)呼び出されることで、インスタンスとなる。オブジェクト指向プログラミングでは、プログラムもオブジェクトであり、プログラムの実行を抽象化するオブジェクトがインスタンス化することを契機として、さまざまなオブジェクトがインスタンス化され、これによってプログラムが作動する。
 
[[Category:オブジェクト指向|*]]

案内メニュー