Wikipedia 5月18日の秀逸な記事

Jump to navigation Jump to search
優勝賞品の天皇楯

天皇賞は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する競馬の重賞で、国際的には最高位のGIに格付けされている。第1回に相当する「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」は1905年(明治38年)、さらにルーツをたどると1880年(明治13年)の「Mikado's Vase」まで遡ることができ、日本で施行されるGI競走の中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。

1984年(昭和59年)以降、春は京都競馬場の芝3200mで「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場の芝2000mで「天皇賞(秋)」と表記し施行されている。2015年(平成27年)は春・秋ともに1億5000万円の1着賞金が与えられているほか、皇室からも優勝賞品として楯が下賜されており、“盾”と通称されることもある。……