物語研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

物語研究会(ものがたりけんきゅうかい)は、「物語に関するあらゆる課題を、過去の業績を批判的・創造的に承けつぎながら、物語研究の学としての可能性の深化と拡大をめざして、積極的に共同し、かつ自主的に活動すること」[1]を目的とする学術研究団体である。

概要

  • 設立:1971年(昭和46年)10月
  • 会員[2]:約230名
  • 主な活動:
年9回の例会
毎年夏の大会におけるシンポジウムと研究発表
年1回刊行の機関誌「物語研究」の公刊

脚注

  1. ^ 物語研究会会則
  2. ^ 会則には「本会は、物語研究に関心を持つ、自主的で自由な若き研究者の集団である。会員は、会則を承認し、持続的に物語の研究を行う者によって構成される」とある。(「物語研究会会則」による)

外部リンク