物井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
物井駅
Monoi-STA.jpg
西口外観(2021年6月)
ものい
Monoi
JO 31 四街道 (4.2 km)
(4.2 km) 佐倉 JO 33
所在地 千葉県四街道市物井428
北緯35度41分8.6秒 東経140度12分1.3秒 / 北緯35.685722度 東経140.200361度 / 35.685722; 140.200361座標: 北緯35度41分8.6秒 東経140度12分1.3秒 / 北緯35.685722度 東経140.200361度 / 35.685722; 140.200361
駅番号 JO32[報道 1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 総武本線
成田線直通含む)
キロ程 51.1 km(東京起点)
電報略号 モイ←モヰ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,118人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1937年昭和12年)4月5日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
東口(2008年6月)

物井駅(ものいえき)は、千葉県四街道市物井にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である。佐倉駅から成田線に乗り入れる列車も停車する。駅番号JO 32[報道 1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。先代の駅舎は1944年昭和19年)に建設された木造平屋建てであり[新聞 1]、今後の利用者増加に対応するため[新聞 1]1998年平成10年)に四街道駅同様、橋上駅舎に建て替えられた。駅舎内はバリアフリーに対応しており、エレベーターが設置されている。出口は1番線側が西口、2番線側が東口となっている。トイレは改札内に無く、改札を出た所に設置されており、多機能トイレを併設した男女別の水洗式である。

四街道駅管理の業務委託駅で、JR東日本ステーションサービスが受託している。自動改札機自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JO 総武本線 下り 佐倉成田銚子方面
JO 成田線
2 JO 総武本線
JO 成田線含む)
上り 千葉東京方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 現地の案内では、エレベーター付近を除いて成田線のラインカラーである緑()を使用せず、総武本線のラインカラーである黄色()のみで案内されている。

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員3,118人である。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 2,113 [* 1]
1991年(平成03年) 2,527 [* 2]
1992年(平成04年) 2,828 [* 3]
1993年(平成05年) 3,131 [* 4]
1994年(平成06年) 3,358 [* 5]
1995年(平成07年) 3,334 [* 6]
1996年(平成08年) 3,363 [* 7]
1997年(平成09年) 3,295 [* 8]
1998年(平成10年) 3,322 [* 9]
1999年(平成11年) 3,486 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]3,522 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]3,525 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]3,557 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]3,482 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]3,634 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]4,173 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]4,411 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]4,531 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]4,592 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]4,108 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]4,038 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]3,968 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]3,950 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]4,023 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]3,864 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]3,844 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]3,818 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 18]3,866 [* 28]
2018年(平成30年) [JR 19]4,041 [* 29]
2019年(令和元年) [JR 20]4,163 [* 30]
2020年(令和02年) [JR 21]3,118

駅周辺[編集]

西口、東口ともにロータリーが整備されている。西口はもねの里、千代田を中心に住宅地が広がる。近隣には東関東自動車道四街道インターチェンジがある。東口は田園地帯となっている。田園地帯先の鹿島川を境に佐倉市となり、住宅街(さくら学園ニュータウン)が広がっている。

バス路線[編集]

物井駅西口(千葉内陸バス
  • <M01> バードヒル池花行
  • <M02> 亀崎行 ※平日1本のみ
  • <M10> ケアプラザ前行 ※平日1本のみ
物井駅東口(ちばグリーンバス

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
総武本線・成田線(成田線は佐倉駅まで総武本線)
快速・普通(各駅停車)
四街道駅 (JO 31) - 物井駅 (JO 32) - 佐倉駅 (JO 33)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、607頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ a b 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集) 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線巻朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、17-19頁。 
  3. ^ 「日本国有鉄道公示第69号」『官報』1952年3月5日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「日刊動労千葉」2006年10月23日

報道発表資料[編集]

  1. ^ a b “千葉~成田空港駅間へ「駅ナンバリング」を導入します 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、よりわかりやすくご利用いただける駅を目指します” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道千葉支社, (2018年1月26日), オリジナルの2020年12月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201214054320/https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1801_number.pdf 2020年12月14日閲覧。 
  2. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月24日閲覧。
  3. ^ “2004年10月ダイヤ改正について > 物井駅に快速電車が停車します。” (日本語) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道千葉支社, (2004年7月23日), オリジナルの2004年12月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20041205125016/http://www.jrchiba.jp/press/press160723_3_8.html#01 2020年6月12日閲覧。 

新聞記事[編集]

  1. ^ a b c “JR千葉支社 2駅で新駅舎建設”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1996年10月29日) 
  2. ^ “物井駅橋上化の安全祈願祭”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1997年1月22日) 
  3. ^ “地域のシンボルに 四街道市のJR物井駅 橋場駅舎が完成 エレベーターを設置”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1998年4月12日) 

利用状況[編集]

  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
  2. ^ 四街道市統計書 - 四街道市
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]