牧野忠利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
牧野 忠利
時代 江戸時代中期から後期
生誕 享保19年9月27日1734年10月23日
死没 宝暦5年7月24日1755年8月31日
別名 幼名:吉五郎
戒名 紹隆院前駿州功誉勲成俊雄大居士
官位 従五位下、駿河
越後長岡藩
氏族 牧野氏
父母 父:牧野貞通、母:本庄氏
養父:牧野忠敬
兄弟 忠敬、貞隆貞長忠利
忠寛(公式系図上、実弟)
正室:茂姫(初め逸姫。公式上、本多康桓の娘。長岡藩の史料では実は牧野忠周長女)
養子:弘姫(実は養家側の叔母。伊達村賢婚約者)、鏐姫(実は養家側の叔母。太田資愛正室)、忠寛

牧野 忠利(まきの ただとし)は、越後長岡藩の第7代藩主。長岡藩系牧野家8代。

生涯[編集]

享保19年(1734年)9月27日、日向延岡藩主・牧野貞通の八男として延岡にて生まれる。ちなみにこの翌日に実父は奏者番となる。

延享5年6月(1748年)、長岡藩第6代藩主で長兄である牧野忠敬が嗣子なく死去した。当時京都所司代であった実父の貞通とともに京都にいた忠利は、急遽江戸に下向して寛延元年8月(1748年)に長岡藩江戸藩邸に入り、末期養子として長岡藩主家の家督を相続した。

同年12月に従五位下、駿河守に叙任する。なお、長岡藩史料の「御附録」では実年齢は15歳であるが、「内慮あって」17歳で幕府に届けているので、「寛政重修諸家譜」では享保17年(1732年)出生扱いとなっている。ちなみに17歳は末期養子が原則許可される最低年齢である。

寛延3年(1750年)に、公式上は膳所藩主・本多康桓の娘となっている、牧野忠周の長女である茂姫と婚約する。宝暦4年(1754年)に三蔵火事で全焼した長岡城本丸が再建完了する。宝暦5年6月23日(1755年)に茂姫と婚礼となるが、同年7月24日に22歳で死去した。

家督は公式上の異母弟(実は忠周実子、正室茂姫の実弟)である忠寛が継いだ。墓所は東京都港区三田の済海寺。のち新潟県長岡市悠久山に改葬。

人物[編集]

  • 1982年の済海寺からの改葬の際の遺骨調査によると、左大腿骨による推定身長は168.2cmで当時としてはかなり長身としている。ちなみに兄の忠敬は165.9cmで、弟とも養弟といわれ人類学上は忠周の子の可能性が高い忠寛は162cmである。この調査では、遺骨形状が忠敬と同系統である一方で、忠寛とは異質であるとしている。
  • 儒学を小林海鴎から学び、歌道加茂真淵から学び、和歌を2000首以上残したという。また漢詩や俳句、絵も残す趣味人であった。学問や絵画など教養に優れた名君として将来を嘱望されていたが、生来から病弱であった。
  • 家譜では「義理通博にして、喜怒色にあらわさず、能く人を容れまた諫を容る」とある。また忠利の近臣が忠利の行状を記録した「賢蹟秘鑑」という史料がある。

参考文献[編集]