牧野信也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧野 信也(まきの しんや、1930年 - 2014年9月6日[1])は日本のイスラム学者。イスラム教の重要な聖典、ハディースの日本語完訳を成し遂げた。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『創造と終末―コーラン的世界観の構造』(新泉社、1972年)
  • 『マホメット』(講談社「人類の知的遺産シリーズ17」、1979年)
  • 『アラブ的思考様式』(講談社学術文庫、1979年)
  • 『イスラームとコーラン』(講談社学術文庫、1987年)
  • 『コーランの世界観 イスラーム研究序説』(講談社学術文庫、1991年)
  • 『イスラームの原点 〈コーラン〉と〈ハディース〉』(中央公論新社、1996年)
  • 『イスラームの根源をさぐる-現実世界のより深い理解のために』(中央公論新社、2005年)

訳書[編集]

  • 『アラブ古詩抄』(筑摩書房)、「世界文学大系」等に収録
  • モンゴメリー・ワット 『ムハンマド 預言者と政治家』久保儀明共訳(みすず書房、1970年)、新版2002年
  • T・イヅツ(井筒俊彦)『意味の構造 コーランにおける宗教道徳概念の分析』(新泉社、1972年/中央公論社「著作集4」/慶應義塾大学出版会「全集11」)
  • 『ハディース――イスラーム伝承集成』(中央公論社 全3巻、1994年/中公文庫 全6巻、2001年)

脚注[編集]