牧港襄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まきみなと じょういち
牧港 襄一
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 沖縄県那覇市
生年月日 (1942-02-20) 1942年2月20日(77歳)
血液型 B
最終学歴 東京経済大学卒業
職歴 沖縄放送協会沖縄宮崎大津金沢松江→沖縄
活動期間 1968年-2010年
ジャンル 地域
家族 父:牧港篤三(2004年死去)
出演番組・活動
出演経歴 本文参照

牧港 襄一(まきみなと じょういち、1942年2月20日 - )は、沖縄放送協会(OHK)、NHKの元アナウンサー[1]

人物・来歴[編集]

1972年5月15日沖縄返還に伴うNHKへの事業継承により、NHK所属となった。

50歳過ぎに沖縄局に戻り、2002年嘱託職、2007.4以降も與那嶺紗希子の退職などで沖縄県出身のアナウンサー不在に伴い、2010.3まで専属。

2004年に死去した父親は、第二次世界大戦中・戦後の新聞人として活躍。その遺志を継ぎ、沖縄戦の経験を語り継ぐ活動に取り組んでいる。またNHKの仕事を終えた後、NHK時代の経験から「モノレールはがおじい・おばあにとってはホームへの上がり降りが大変なので沖縄にも路面電車が必要だ」との考えに至り、「トラムで未来をつくる会」の活動に参加、その副会長に就任。

過去の活動[編集]

  • うちなぁジョッキー(NHK沖縄FM)
  • NHKアナウンサーによる朗読シアター(毎年夏)
    亡き父の遺志を継ぎ、沖縄戦を若い世代に語り継ぐ活動の一環。2008年は父が遺した作品の朗読が若手の上演ともども深夜帯に全国放送されたが、この年が最後の出演になった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 牧港襄一│まきみなとじょういち”. アナ欄. 2019年4月13日閲覧。

関連項目[編集]