牡牛座 レーニンの肖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牡牛座 レーニンの肖像
Телец
監督 アレクサンドル・ソクーロフ
脚本 ユーリー・アラボフ
製作 ヴィクトール・セルゲーエフ
製作総指揮 ウラジミール・ペルソフ
音楽 アンドレイ・シグレ
撮影 アレクサンドル・ソクーロフ
編集 レーダ・セミョーノワ
配給 日本の旗 パンドラ
公開 ロシアの旗 2001年2月26日
フランスの旗 2001年5月16日カンヌ
日本の旗 2008年2月2日
上映時間 94分
製作国 ロシアの旗 ロシア
言語 ロシア語
テンプレートを表示

牡牛座 レーニンの肖像』(Телец)は、アレクサンドル・ソクーロフ監督による2001年のロシアの映画である。ウラジーミル・レーニンの晩年を描いた作品であり、『モレク神』(1999年)に続いて発表された、ソクーロフ監督の『権力者』4部作の2作目である。

第54回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門で上映された[1]

ストーリー[編集]

ウラジーミル・レーニン暗殺未遂事件から4年後の1922年。52歳となり、モスクワ郊外のゴールキ村で療養していたレーニンのある1日を描く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Festival de Cannes: Taurus”. festival-cannes.com. 2011年9月27日閲覧。

外部リンク[編集]