牟田口格郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牟田口 格郎(むたくち かくろう、1894年1月2日 - 1945年7月24日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍少将

経歴[編集]

東京府出身。牟田口宗六・ヒサ夫妻の息子として生まれる。東京府立第一中学校を経て、1916年(大正5年)11月、海軍兵学校44期)を卒業。1917年(大正6年)12月、海軍少尉に任官し「河内」乗組となる。

1922年(大正11年)12月、「伊勢分隊長となり、呉海兵団分隊長兼教官、「第16号駆逐艦」(芙蓉)乗組、「掃海艇長、第一遣外艦隊司令部付、佐世保防備隊分隊長、「第一号掃海艇」長、「」艤装員長、佐世保防備隊付兼分隊長を歴任。1929年(昭和4年)11月、海軍少佐に昇進。

1930年(昭和5年)6月、「駆逐艦長となり、兼「」駆逐艦長、「矢風」駆逐艦長、「鳥羽」艦長、「浦風」駆逐艦長を歴任。1935年(昭和10年)11月、海軍中佐に進級。

1936年(昭和11年)7月、「白雪」駆逐艦長に転じ、「常磐」副長、第3艦隊司令部付、「出雲」副長、第1港務部部員、兼支那方面艦隊司令部付兼上海航路部部員、第21掃海隊司令、第一遣支艦隊司令部付を経て、1941年(昭和16年)10月、「安宅」艦長に就任。同月、海軍大佐に昇進し太平洋戦争を迎えた。

1942年(昭和17年)12月、横須賀鎮守府付となり、第二水雷戦隊司令部付、第15駆逐隊司令、横須賀鎮守府付、横須賀第二海兵団教官、武山海兵団教官を歴任。1944年(昭和19年)8月、「大淀」艦長に着任。レイテ沖海戦礼号作戦北号作戦に参加した。

1945年(昭和20年)2月、「伊勢」艦長に就任。同年7月、呉軍港空襲により戦死し、海軍少将へ特進した。

参考文献[編集]

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第10巻、発売:第一法規出版、1995年。