牛金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
牛金
後将軍
出生 不詳
死去 不詳
ピン音 Niu Jin
不詳
主君 曹操曹丕曹叡

牛 金(ぎゅう きん、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代に仕えた軍人。

事跡[編集]

魏書曹仁伝においては、曹仁に従って各地を転戦した将として記述がある。赤壁の戦い後に、周瑜率いる孫権軍6千人が江陵に攻め込んで来た時、牛金は僅か300人でこれを迎撃した。奮戦したが、所詮は多勢に無勢で、後一歩で危うく討たれるところであった。しかし、牛金の身を案じた曹仁が救援に駆け付けたため、危機を乗り越えた。これが南郡や樊城をも含む荊州北部の江陵攻防戦である。後に魏の後将軍に出世している。

また、『晋書』「高祖宣帝懿本紀」(宣帝とは司馬懿の事)においては、235年に魏に攻めて来た蜀漢馬岱を勅命で迎え撃ち、馬岱に1000人余の犠牲者を出させ撤退に追い込んでいる。また239年には、司馬懿の公孫淵征討に従軍するなど、司馬懿に従って転戦する将軍としても記述されている。

後に司馬懿によって毒殺されたといわれる。玄石図という石の表面に「馬の後を継ぐのは牛である」という言葉が浮かび上がっていた。そのため司馬懿は牛氏(牛金のこと)を深く恨み、毒が入った酒を牛金に飲ませて殺した、というのである。また、司馬懿の曾孫司馬覲の妃の夏侯光姫(字は銅環)は、小役人の牛氏と密通して、東晋の初代皇帝になる司馬睿を生んだ、という話が『晋書』「元帝本紀」にある。 なお、この晋書より先に、『魏書』(北魏書)の僭晋司馬睿伝に、「司馬睿は夏侯光姫と晋将牛金が姦通して生まれた子である」と記録されているが、これは時代が合致しない。

牛金が司馬懿に毒殺されたことも、東晋の元帝が牛氏の血筋を引いていることも確証はないので、真偽の程は不明である。

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書9曹仁伝
  • 晋書』巻1宣帝紀 卷6元帝紀
  • 魏書』卷96僭晋司馬叡伝