牛場大蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

牛場 大蔵(うしば たいぞう、1913年4月1日 - 2003年11月13日)は日本の医師にして医学者

兵庫県神戸市出身。慶應義塾大学医学部教授とし微生物学免疫学の研究者として業績を残し、第8代医学部長を歴任した。退職後は名誉教授。急性肺炎のため慶應病院で死去、享年90[1]国家公安委員も務めた[1]

実験動物慰霊碑
(牛場大蔵書)
慶應義塾大学信濃町キャンパス内

受賞歴[編集]

著書・関連書[編集]

  • 「病原細菌学要説」 南山堂 1949
  • 「細菌学の一般知識」 牧書房 1950(科學新書)
  • 「細菌学入門」 南山堂 1955
  • 「チフス性疾患と免疫」 出版者不明 1959
  • 「チフス、百日咳を中心とした感染機転の研究班研究成果」(牛場大蔵ほか著) 文部省、1960(文部省科学研究費総合研究 ; 昭和35年度)
  • 「臨床診断微生物学」(牛場大蔵ほか編) 朝倉書店 1961
  • 「免疫と臨床 予防接種を中心に」 金原出版 1964(新臨床医学文庫)
  • 「感染と免疫」 中外医学社 1965(中外医学双書)
  • 「小林六造」(牛場大蔵ほか編) 小林六造先生記念会 1972
  • 「新細菌学入門 微生物学・免疫学要説」(斎藤和久共編) 南山堂 1982
  • 「最新医学略語辞典」(牛場大蔵監修、橋本信也・斎藤泰一・清水哲也編) 中央法規出版 1987
  • 「南風」(句集) 佐久書房 1989
  • 「若い臨床医のための院内ルール読本」 ぼいす編 1990
  • 「医学教育に思う」 中央法規出版 1990

出典[編集]