牛トロ丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牛トロ丼

牛トロ丼(ぎゅうトロどん)は丼物の一種。北海道上川郡清水町の食肉加工・販売会社「十勝スロウフード」が製造販売する『牛とろフレーク』をご飯の上にふりかけたもの[1]

概要[編集]

温かいご飯の上に牛とろフレークを載せ、さらにネギ海苔などの薬味を載せ、醤油ベースのタレをかけて食す。当初は、生食用の牛肉を細かくミンチにされた冷凍食品であった。2011年に発生したユッケによるO-111集団感染事件後、改正された「生食用食肉規格基準」により提供が厳しくなった[2]が、生ハムの製造過程を取り入れる製造方法が確立され[2]以前とは異なる製品の非加熱食品となった。

関連項目[編集]

  • 十勝清水牛玉ステーキ丼 - 牛トロ丼と同じ清水町のご当地丼。「新・ご当地グルメグランプリ北海道」の殿堂入りを果たしている。
  • 9月16日 - 「牛とろの日」として十勝スロウフードが2012年に独自制定。(「牛(9)と、とろ(16)」の語呂合わせ)その後、日本記念日協会に2018年4月に申請し、認定登録を受けたもの[3]

脚注[編集]

  1. ^ 牛とろ丼 道内7大学の学食で復活”. 十勝毎日新聞社ニュース. 2017年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月31日閲覧。
  2. ^ a b 「牛とろフレーク」非加熱で復活”. 十勝毎日新聞社ニュース. 2016年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月31日閲覧。
  3. ^ YAHOO!ニュース(2018年5月11日付)  9月16日は牛とろの日 清水・十勝スロウフード発案 日本記念日協会が認定(2018年5月14日閲覧)