牛いじめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛いじめ(うしいじめ、英語: bullbaiting)は、18世紀ごろの英国で流行した、雄牛(ブル)と犬を戦わせる見世物。ここで牛に対抗できる犬として開発されたの品種の一つが、ブルドッグ(bulldog)である。

その当時のブルドッグは、今のブルドッグよりもはるかに運動能力が高かった。一方、1835年、動物へ残虐行為を禁止する法律ができると、牛いじめは禁止された。同時に、ブルドッグという品種も息絶えた。その後、この品種を復活させるための努力がなされ、残っていた残渣のような子孫を交配させることで、新たなブルドッグが誕生した。しかしこのブルドッグは、牛いじめのための品種ではなく、愛玩のための品種となったため、もはや運動能力は低くて、牛いじめをするどころか自立的に生きる能力さえ弱まった。

牛いじめをしていたころのブルドッグは、当時の「牛いじめ」の絵画から窺い知れる。その絵画からわかるが、ブルドッグは牛の側面に噛みつくことで、牛を倒そうとした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]