片町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

片町駅(かたまちえき)は、大阪府大阪市都島区にあった。鯰江川(現在は埋立)に架かっていた野田橋を挟んで以下の2つの駅があったが、現在はいずれも廃止されている。また、大阪市電天満橋善源寺町線片町停留場も近くにあった。

  1. 西日本旅客鉄道(JR西日本)片町線(学研都市線)の終点だった駅。
  2. 京阪電気鉄道京阪本線天満橋駅 - 京橋駅間にかつてあった駅。

西日本旅客鉄道(JR西日本)[編集]

片町駅
留置線(左)と2番ホーム(1989年)。列車の奥に見える看板は京橋駅脇にあるダイエー(現在はイオン)京橋店。
留置線(左)と2番ホーム(1989年)。
列車の奥に見える看板は京橋駅脇にあるダイエー(現在はイオン)京橋店。
かたまち
Katamachi
京橋 (0.5km)
所在地 大阪市都島区
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 片町線(学研都市線)
キロ程 45.3km(木津起点)
電報略号 カチ
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線(廃止時点)
乗車人員
-統計年度-
7,565人/日(降車客含まず)
-1996年-
開業年月日 1895年明治28年)8月22日
廃止年月日 1997年平成9年)3月8日
テンプレートを表示

概要[編集]

国鉄片町駅舎(1986年12月29日)

浪速鉄道の都心側のターミナルとして、東成郡鯰江村大字新喜多新田(当時)に建設された駅である。当時の大阪市街の北東端であった相生町にできる限り近接させた駅で、駅名の「片町」は、相生町が1708年まで京街道の北側にしか家屋がない片側町「京橋片原町」だったことに由来する。

鯰江川と寝屋川に挟まれた狭小な土地で駅前が非常に狭かったため、関西鉄道への合併後、一時は放出駅から路線を分岐させる形で近隣に設けられた網島駅へ旅客扱いを譲り、貨物駅となったこともあったが、国有化後に城東線(現在の大阪環状線)の京橋駅に隣接するようにして設けられた片町駅京橋口を京橋駅として分離し、それと入れ替わる形で網島駅を廃止したことによって、片町線の起点駅としての地位に落ち着いた。

しかし、京橋駅(当駅からの営業キロは0.5km)は城東線や京阪本線との乗り換え駅として栄える反面、利用者が少なく、接続もない当駅の地位は低下したため、JR東西線開業に伴い廃止となった。同時に片町駅と入れ替わるようにして大阪城北詰駅が近地に開業している。

廃止後も路線名にその名を残しているが、JR西日本では案内上、片町線に「学研都市線」の愛称を付けている。

駅構造[編集]

1997年3月7日の廃止時は相対式ホーム2面2線を持つ頭端式地上駅で、どちらのホームからも放出・四条畷・長尾・松井山手・同志社前・木津行の列車が発車していた。これは1991年3月からJR東西線工事本格化のために旧駅舎が撤去されたために建設された、簡易な駅舎・ホームであった。

東西線工事が始まるまでは、島式ホーム1面2線に留置線2線を加えた頭端式の地上駅、駅舎は2階建てのコンクリートモルタル造りであった。南側の2線が島式ホームを挟んでおり、北側2線が留置線であった。片町線電車の一部(夕ラッシュ時の快速電車については大半)は京橋駅を発着する運行であり、当駅北側の留置線との間で回送する運用であった。貨物営業を行っていた頃は側線も敷設されていた。1991年までの旧ホームと線路の敷地が、現在のJR東西線の地下線出入口からの坂道である。工事の本格化に伴い、旧ホームと線路は撤去され、北側の2線分の留置線に対向式ホームを設置して廃止時まで使用し、同時に京橋駅の片町寄りの部分に新たに引き上げ線を設置した。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
片町線
京橋駅 - 片町駅

その他[編集]

  • 当駅と大阪城北詰駅は近くにあり、廃止・開業日も前後しているが、駅としては別扱いであり、当駅を起・終点とする定期券や回数券は、当駅が廃止された後は継承されなかった。
  • 1998年2月から跡地には西日本ジェイアールバス京橋営業所が開設されたが、2002年に廃止されており、2006年10月現在、民間の駐車場および洗車場になっている。
  • 現在も京橋駅の片町線・東西線ホームの西半分は都島区片町二丁目となっている。当駅の住所も「片町二丁目」であり、京橋 - 当駅間の区間は同一町・丁目に収まっていた。
  • 廃止から10年以上が経つが、「片町」という地名への愛着から、大阪城北詰駅を「片町」や「片町」を含む駅名に改称してほしいという意見もなお存在している。なお、大阪城北詰駅の計画段階での仮称は「片町」だった。
  • 片町の住居表示が実施されたのは1969年で、相生町と当駅所在地の都島区新喜多町および鯰江川跡以北の野田町の一部に概ね相当する。
  • 1996年12月11日には、駅から片町橋を渡った先に大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線大阪ビジネスパーク駅が開業したが、連絡運輸は行われなかった。

京阪電気鉄道[編集]

片町駅
かたまち
KATAMACHI
所在地 大阪市都島区
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 京阪本線
キロ程 ?km(淀屋橋起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,384人/日(降車客含まず)
-1969年-
開業年月日 1910年明治43年)4月15日
廃止年月日 1969年昭和44年)11月30日
テンプレートを表示

概要[編集]

京阪本線が、天満橋駅 - 五条駅間で開業した際に設置された中間駅である。当初は片町交差点東側で野田橋駅と称し、区間急行と普通が停車していた。線路敷は寝屋川橋梁東側から片町交差点まで道路併用軌道であったが、これを専用軌道化した1955年に片町交差点西側に移転し、「片町駅」と改称した。この片町交差点では、大阪市電が廃止された1968年まで平面交差を行っていた。現在、この地の真下には西日本旅客鉄道(JR西日本)JR東西線大阪城北詰駅がある。

その後、天満橋駅 - 旧蒲生信号所間の高架複々線化工事のために京都方に移転、国鉄駅とは若干離れるようになった。さらに、新高架線配線では駅の設置が困難で、高架線京橋駅が地上線京橋駅より片町駅寄りに設置されることになったため、廃止された。代替として高架線京橋駅西側に片町口が設置されている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の配線となっており、ホームの裏側にメーカーから送られてきた新車受け入れ用の引き込み線が敷設されていた。

京阪線の車両だけでなく、大津線80型[2]300型[3]もここから搬入され、三条駅構内に存在した連絡線を用いて大津線へと送られた。

歴史[編集]

  • 1910年(明治43年)4月15日 - 「野田橋駅」として開業。
  • 1925年(大正14年)6月20日 - 大阪市電天満橋善源寺町線の開通に伴い、市電との平面交差を設置。
  • 1945年(昭和20年)8月14日 - 空襲により全焼。
  • 1955年(昭和30年)
    • 1月1日 - 「片町駅」に改称。
    • 1月31日 - 駅位置を交差点東側から西側に移転[4]
  • 1968年(昭和43年)12月18日 - 大阪市電の路線廃止に伴い、市電との平面交差がなくなる。
  • 1969年(昭和44年)11月30日 - 廃止

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
京阪本線
天満橋駅 - 片町駅 - 京橋駅

利用状況[編集]

廃止年度の一日乗車人員は、JR西日本が7,565人(1996年度平均)、京阪電鉄が3,384人(1969年度)であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「営業開始」『官報』1905年1月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 出典・レイル№74『京阪ロマンスカー史(下)』(プレスアイゼンバーン)、38頁に片町駅から「びわこ号」に牽引され回送される80型の写真が掲載されている。撮影日は1964年2月28日。
  3. ^ 出典・「車両発達史シリーズ1『京阪電気鉄道』」(関西鉄道研究会)の156頁に片町駅の引き込み線で待機中の300型303+304の写真が掲載されている。
  4. ^ 出典・京阪開業100年記念誌『京阪百年あゆみ』資料編136頁

関連項目[編集]