片桐孝利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片桐 孝利(かたぎり たかとし、慶長6年(1601年)- 寛永15年8月1日1638年9月8日))は、大和竜田藩の第2代藩主。且元系片桐家2代。初代藩主・片桐且元の次男。正室は伊奈忠政の娘。官位は従五位下、出雲守。

慶長6年(1601年)、摂津国に生まれる。幼名は次郎助。元包。慶長14年(1609年)、豊臣姓を下賜された[1]

豊臣氏滅亡後は徳川氏将軍の江戸幕府に臣従し、慶長20年(1615年)、父の死去により跡を継ぐ。高野山の造営奉行など、奉行職を良く務めた。寛永15年(1638年)8月1日、38歳で死去した。

弟の為元末期養子として、4万石から1万石へ減封されたが家督相続が認められた。

墓所は東京都港区高輪源昌寺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」、『駒沢史学』49号、1996年

関連項目[編集]