片岡昇 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片岡曻から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「片岡曻」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

片岡 曻(かたおか のぼる、1925年(大正14年) - )は、日本法学者京都大学名誉教授。専門は労働法。発行される書籍の中では「片岡昇」とも表記される。

経歴[編集]

京都府出身。京都府立福知山中学校卒業。第三高等学校卒業。1948年(昭和23年) 京都大学法学部卒業1952年(昭和27年)京都大学法学部専任講師1953年(昭和28年)助教授1962年(昭和37年)教授1989年(平成元年)停年退官名誉教授龍谷大学法学部教授。1996年(平成8年)退職。

専門領域は、労働法全域で特に労働組合法、労働団体法を研究。労働協約論に造詣が深い。

著書[編集]

  • 『英国労働法理論史』有斐閣 1956
  • 『労働法講義』有信堂 1957
  • 『団結と労働契約の研究』有斐閣 1959
  • 『職場の法律と労働問題』有信堂 1960 文化新書
  • 『法からみた労使関係のルール』労働法学研究所 1962
  • 『ストライキの権利』労働旬報社 1963
  • 『労働者権と経営権』労働法学出版 1963
  • 『労働争議』(日本労働協会、1964年)
  • 『ILO問題の焦点と労働基本権の課題』有信堂 1966 文化新書
  • 『現代労働法の理論』日本評論社 1967
  • 『労働協約入門』労働旬報社 1967 労旬新書
  • 『ストライキの法律問題』労働旬報社 1968 労旬新書
  • 『地方公務員の権利と労働条件』労働旬報社 1968
  • 『労働組合法の争点 法からみた労使関係のルール』総合労働研究所 1971
  • 『労働者の権利』有信堂 1971
  • 『労働法』1974-75 有斐閣双書
  • 『労働法の基礎理論』日本評論社 1974
  • 『現代資本主義と労働法の動態』労働旬報社 1977
  • 『労働法 その基礎理論と展開』労働旬報社 1978
  • 『現代労働法の展開』岩波書店 1983
  • 『岐路にたつ労働者の人権』法律文化社 1984
  • 『労働協約論』一粒社 1984 現代労働法学の課題
  • 『労働法の変革と課題』(三省堂、1987年)
  • 『自立と連帯の労働法入門 働く人びとの権利読本』(法律文化社、1997年)
  • 『労働法理論の継承と発展』有斐閣 2001
  • 『団結権の課題と展望』(有信堂高文社、2003年)、
  • 『総論・労働団体法(第4版)』(村中孝史補訂、有斐閣、2007年)
  • 『労働者保護法(第5版)』(村中孝史補訂、有斐閣、2009年)

共編著[編集]

  • 『図解労働法 実務と司法試験受験必携』編 高文社 1953 法律学サブノート集
  • 『判例労働法』新訂版 浅井清信,恒藤武二共著 ミネルヴァ書房 1955
  • 『労働法 資料』浅井清信,恒藤武二共編 法律文化社 1957
  • 『労働災害・失業の法律 その総合的理解の手引』近藤正三共著 日本評論新社 1958
  • 『看護婦』富岡次郎,園部逸夫共著 1961 三一新書
  • 『団結する権利 激動期労働法の焦点』沼田稲次郎共編 法律文化社 1961 かわずブックス
  • 『労働法演習』窪田隼人,本多淳亮共著 有信堂 1961
  • 『労働法の基礎知識 質問と解答』窪田隼人,本多淳亮共著 1965 有斐閣双書
  • 『政治・街頭活動問答』宮内裕,橋本敦共編 労働旬報社 1968 労旬新書
  • 『現代法講義』編 日本評論社 1970
  • 『法学の基礎』乾昭三,中山研一共編 有斐閣 1970 法学基礎セミナー
  • 『法と現代社会』乾昭三,中山研一共編 有斐閣 1970 法学基礎セミナー
  • 『公害と労働者』本多淳亮共編 法律文化社 1971
  • 『労働法 学説・判例 労働団体法』青木宗也共編 法律文化社 1971 学説・判例双書
  • 『労働法 学説・判例労働者保護法』青木宗也共編 法律文化社 1971 学説・判例双書
  • 『演習労働法』横井芳弘共編 演習法律学大系 青林書院新社 1972
  • 『労働法』編 青林書院新社 1973 青林双書
  • 『労働法を学ぶ 理論と実際の理解のために』外尾健一共編 1974 有斐閣選書
  • 『労働法の基礎』窪田隼人,本多淳亮共編 青林書院新社 1975 基礎法律学大系
  • 『働く婦人の権利』西谷敏共著 労働教育センター 1976
  • 『現代法学入門』天野和夫共編 法律文化社 1977 現代法双書
  • 『法学の基礎』天野和夫,甲斐道太郎共編 青林書院新社 1977 基礎法律学大系
  • 『行政改革と公務員の権利』室井力共編 法律文化社 1985
  • 『労働法概説』近藤正三共著 有信堂高文社 1987
  • 『労働時間法論』万井隆令共編 法律文化社 1990 共同研究労働法
  • 『現代法を学ぶ』天野和夫共編 法律文化社 1991
  • 『労働団体法』大沼邦博共著 青林書院 1992 現代法律学全集
  • 『労働基準法』青木宗也共編 青林書院 1994-95 注解法律学全集
  • 『労働法』前田達男共編 青林書院 1995 青林法学双書

翻訳[編集]

  • 『ドライヤー報告 全文』中山和久共訳 労働旬報社 1966

記念論集[編集]

  • 『権利闘争の発展のために 本多淳亮・片岡曻先生還暦記念』民主法律協会 1985
  • 『労働法学の理論と課題 片岡曻先生還暦記念』前田達男ほか編 有斐閣 1988

恩師[編集]

法の一般理論・基本原理の分野では加藤新平を、労働政策を含む社会政策の分野では岸本英太郎に薫陶を受けた。

門下生[編集]