片山龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

片山 龍太郎(かたやま りゅうたろう、1957年4月5日 - )は、日本実業家。元クリスティーズジャパン、マネージングディレクター。元ジュリアーニ・パートナーズ在日代表、レナウン社外取締役。前産業再生機構執行役員、元マルマン株式会社社長、元カネボウ社外取締役。

人物・来歴[編集]

東京都生まれ。慶應義塾高等学校慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了、ハーバード・ビジネス・スクール経営学修士(MBA)。妻は、自由民主党参議院議員片山さつき。 1994年7月マルマンの取締役社長に就任、大規模な経営改革により程なく営業・経常黒字化し、同社を再建、その後上場。2003年7月、産業再生機構執行役員マネージングディレクターに就任。カネボウ、マツヤデンキ等担当企業をすべて成功裡に再生した。2006年10月、ルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長が創立したジュリアーニ・パートナーズ在日代表に就任。2010年9月CSKからベンチャーキャピタルをバイアウトしウィズ・パートナーズと命名、エグゼクティブアドバイザーに就任(現在は顧問)。その後2012年2月アートオークション最大手クリスティーズの日本法人であるクリスティーズジャパンの代表取締役社長に就任。2014年12月退任。2015年1月日本アート評価保存協会理事就任。2016年6月、東証マザース上場で音声認識分野のトップ企業であるアドバンスト・メディア社外取締役に任ぜられた。同年11月、俺のフレンチ、俺のイタリアン等で有名な俺の株式会社社外取締役にも就任。

この他2007年から2年間、不祥事、業績悪化に見舞われた旧グッドウィルグループ社外取締役を務め再建に寄与した。2009年5月、レナウン社外取締役に就任。同社は2011年2月期、4期ぶりに営業・経常黒字化する一方無借金となった。2009年7月にはジャスダック上場(株)SBR経営監視委員会委員に任命。この他東京経営者協会常務理事、資格標準化機構評議員、英会話学校NOVA第三者調査委員会委員、ハーバードビジネススクールクラブオブジャパン理事、カネボウカネボウ化粧品等の社外取締役、富士油業社外監査役歴任。

公刊論文に『P.A.ソローキンの社会移動論とその再検討』(慶応義塾大学社会学研究科紀要)、『コンプライアンス 経営者の覚悟』(第一法規)『企業再生から学ぶ知恵』(経済産業調査会)等。日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞、産経新聞、フジサンケイビジネスアイ、文芸春秋、日経ビジネス、ダイヤモンド、プレジデント、会社法A2Z、財界、経済界、グランドオペラ他に寄稿、インタビュー記事掲載。ジャパンソサエティ(カリフォルニア)、京大大学院、一橋大大学院、日本ベンチャー協議会、日本YPO等で講演多数。

外部リンク[編集]

2008年度IT業界も注目のコンプライアンスリスクとは?(ソフトバンク ビジネス+IT ) (インタビュー記事掲載)