片山龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片山 龍太郎(かたやま りゅうたろう、1957年4月5日 - )は、日本実業家

人物・来歴[編集]

片山豊・慶子の子として東京都で生まれた。慶應義塾高等学校慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了、ハーバード・ビジネス・スクール経営学修士(MBA)。妻は、自由民主党参議院議員内閣府特命担当大臣地方創生規制改革男女共同参画)兼女性活躍担当大臣である片山さつき

1994年7月マルマン代表取締役社長、2003年7月産業再生機構執行役員マネージングディレクター(カネボウ)マツヤデンキ等責任者として担当、2006年10月ジュリアーニ・パートナーズ在日代表、2010年9月ウィズ・パートナーズ エグゼクティブアドバイザー、2012年1月クリスティーズ Global Senior Vice President兼クリスティーズジャパン代表取締役社長、2018年9月マウンテンパジャパンマネージング・パートナー兼COO[要出典]

2015年1月より日本アート評価保存協会理事、2016年6月よりアドバンスト・メディア社外取締役、2016年年11月より俺の株式会社社外取締役、2019年3月よりスタートバーン株式会社社外取締役。

その他、旧・グッドウィルグループ(現・テクノプロ・ホールディングス)社外取締役、レナウン社外取締役、医療アートメイク学会理事、東京経営者協会常務理事、日本ゴルフ用品協会理事、資格標準化機構評議員、英会話学校NOVA第三者調査委員会委員、ハーバードビジネススクールクラブオブジャパン理事、カネボウカネボウ化粧品各取締役、富士油業社外監査役等歴任。

企業再生、ガバナンス、M&A、アート等に関して講演、寄稿多数。公刊論文に『P.A.ソローキンの社会移動論とその再検討』(慶応義塾大学社会学研究科紀要)、『コンプライアンス 経営者の覚悟』(第一法規)『企業再生から学ぶ知恵』(経済産業調査会)等。


外部リンク[編集]