片山善博 (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片山 善博(かたやま よしひろ、1963年 - )は、日本の哲学研究者、日本福祉大学教授。日本哲学会評議員

来歴[編集]

東京都生まれ。1989年福島大学経済学部卒。1992年法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程修了、1997年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学、99年「<自己知>とは何か 「精神現象学」の方法と経験」で一橋大学博士(社会学)。審査員は島崎隆岩佐茂深澤英隆[1]。2000-01年一橋大学助手、2008年日本福祉大学准教授、2014年教授。2015年日本哲学会評議員[2][3]

著書[編集]

  • 『自己の水脈 ヘーゲル「精神現象学」の方法と経験』創風社 2002
  • 『差異と承認 共生理念の構築を目指して』創風社 2007

共著[編集]

翻訳[編集]

  • コンラート・オット,マルチン・ゴルケ編著『越境する環境倫理学 環境先進国ドイツの哲学的フロンティア』滝口清栄, アンドレアス・ヴァルナー監訳 大橋基,相原博,小島優子, 清水由美,三崎和志共訳 現代書館 2010

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]一橋大学
  2. ^ [2]日本哲学会
  3. ^ [3]日本哲学会