片害共生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片害共生(へんがいきょうせい、amensalism)とは、共生の一種で、一方には不利益や損益が被るが、もう一方には利害が発生しない関係のことである。また、片利共生とは、片方が利益を得るか不利益を被るかという点で異なり、寄生は一方が利益を得て、もう一方は不利益を被るという点で異なる。