片働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片働き(かたばたらき)とは、妻(または夫)が全く現金収入を得ず、夫(または妻)だけで家計を支えている家庭。終身雇用制度の崩壊や不況の影響で男性の雇用が不安定化、低賃金化したため、片働き家庭は経済的にリスクが大きい。

参考文献[編集]

  • 埋橋孝文「専業主婦(片働き)世帯への「政策的配慮」 : オーストラリア・ドイツ・日本・スウェーデン・イギリス・アメリカ6カ国の税・社会保障制度」、『經濟學論究』第56巻第3号、関西学院大学、2002年12月、 47-65頁、 NAID 110000406077

関連項目[編集]