爬竜船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
19世紀初頭の爬竜船

爬竜船(はりゅうせん)とは、沖縄のハーリーで用いられる船のこと。琉球方言でハーリーブニと言う。

ハーリーで用いられる船は、舳先に竜頭、艫に竜美尾の装飾がつけられているので、爬竜船と呼ばれる。ハーリーは爬竜の中国音である。ハーリーは、現在は那覇港や泊港で開催されているが、琉球王国時代には冊封使節が来琉した時などには、首里城近くの竜たん池に爬竜船を浮かべて開催されることもあった。爬竜船の大きさは48尺(14.55メートル)、中間の船幅7尺(2.12メートル)、重さ約4トンである。

関連項目[編集]