出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

(さん、拼音: cuàn)は三国時代に、雲南省貴州省にあった政権の1つ。もともと蜀漢の武将・爨習中国語版の子孫が東晋以後に、雲南と貴州に防衛のために駐屯して地方政権になった。同時に、“爨”は名字から民族の通称になった。の時代、爨は東西に分裂して、東爨は烏蛮、西爨が白蛮になった。このうち西爨が通訳なしで漢族と会話ができるのに対し、東爨は通訳を何人も必要とし、「鳥語を喋る者」と言われた。中国の学会では、西爨の子孫の一部が現在の白族、東爨の子孫の一部が現在の彝族になったとしている。