爆笑!スターものまね四天王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
爆笑!スターものまね四天王
ジャンル ボードゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 パック・イン・ビデオ
発売元 パック・イン・ビデオ
音楽 さいとうじゅんいち
人数 1 - 4人(同時プレイ)
メディア 2メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199009141990年9月14日
その他 型式:PAC-8M
テンプレートを表示

爆笑!スターものまね四天王』(ばくしょう-してんのう)は、パックインビデオから1990年9月14日に発売されたファミリーコンピュータテーブルゲームソフトである。

概要[編集]

清水アキラ栗田貫一コロッケビジーフォーの中から、1人を選ぶ。

それぞれ、サイコロを振りスターの家を訪ねネタをもらい、地方興行、「とうよこドーム」(大会場)でものまねライブを披露し、ファンを獲得する。そのファンの横取りを狙い、ミニゲームがある。

バラエティ番組ものまね王座決定戦』(1973年 - )が定期的に開催され、そこでどう歌うか(「歌」、「ギャグ」、「下品なネタ」の中から選択できる)で評価が変わり、あまりにふざけて歌うと元ネタのスターが機嫌を損ね、そのスターの家に赴き、詫びを入れるまでものまね使用不可になってしまう。

ものまねを連続でやり続けると、ファンの反応によりマンネリがついて、そのネタの効力が落ちる。好評だとブームとして人気を集める。

あわや先生(淡谷のり子)のコマ「あわや御殿」(BGMはマーラー交響曲第1番第4楽章をモチーフとしたもの)は、自分の意思で入ることもできるが、強制的に呼び止められることもある。あわや先生の機嫌はプレイヤーの総合点数に大きく影響する。あわや御殿は、プレイ序盤は強制的に呼び止められこそすれ、自分から入ってもメリットがないが、十分に人気を得てからは、自分から乗り込んでいきゲームの勝敗を決定づける「ゴールのコマ」となる。

一人のプレイヤーがあわや先生から満点をもらうか、または一人のプレイヤーが破産すると、その時点でゲームは終了する。終了した時点で、あわや先生の機嫌、ファンの数、スターの評価、モノマネのパワーの合計点数で順位が決定する。

決して難易度は高くないがゲーム進行は単調である。セレクトボタンを押しながらスタートボタンを押すとゲームが終了していきなり結果発表が見られる裏技が用意されている。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 25/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 14.60/30点[1]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計25点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、14.60点(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.80 2.39 2.40 2.15 2.25 2.61 14.60

参考文献[編集]

  • マイウェイ出版『ファミコンクソゲー番付』(2017年)p22

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 359頁。
  2. ^ a b 爆笑!スターものまね四天王 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]