爆突機銃艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
爆突機銃艇
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
Wiiバーチャルコンソールアーケード
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1~2人(交代)
メディア [AC]:SYSTEM I
[Wii]:ダウンロード販売
発売日 [AC]:1988年
[Wii]:2009年10月13日
テンプレートを表示

爆突機銃艇』(ばくとつきじゅうてい)は、1988年8月ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)よりアーケードゲーム用として発売されたアクションシューティングゲーム2009年10月13日Wiiバーチャルコンソールアーケードで配信開始された。

バラデューク』の続編であり、前作の特徴だったグロテスクな宇宙生物がハード性能の向上に伴い、より大きなキャラクターで描かれている。

ストーリー[編集]

数年前、第一次救出隊の活躍によりオクティ族が潜むバラデューク要塞は消滅したと思われた。 しかし、そうではなかった。 最後に与えられた使命、それは凶悪宇宙生命体オクティ族を殲滅する事だ。

前作からの変化点[編集]

  • ショットは右方向にしか打てない。一応前作同様、任意スクロールではあるが、面構成が直線的で幅が乏しい。
  • 主人公やパケットが乗り込む火器の付いた小型艇「機銃艇」が登場。ダメージを受けると宇宙服姿に戻る。
  • 新敵キャラ「ブラックパケット」やカラーカプセル(黄・赤・青・緑)が誕生。
  • ゲーム中のBGMも流れるようになった。
  • ステージによってはルート分岐が存在する。
  • 前作の1Pキャラは「KISSY」であったが、本作の1Pキャラは「TAKKY」(前作の2Pキャラ)になっている。

関連項目[編集]

  • NAMCO x CAPCOM - トビ・マスヨ&天現寺ひろみの必殺技「爆突機銃艇・全弾発射」として機銃艇が登場する。

外部リンク[編集]