三光作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
燼滅作戦から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

三光作戦(さんこうさくせん)または三光政策(さんこうせいさく)とは、北京語で「殺し尽くし・焼き尽くし・奪い尽くす」(中国語: 杀光、烧光、抢光: 殺光・焼光・搶光[注釈 1][注釈 2]) を意味する用語。蔣介石が「軍事が三分、政治が七分」と称し、保甲連坐法をしき実施した作戦を指し[2]日本軍の過酷なふるまいに対する中国側の呼称としても用いられた[3]。1931~34年の国民党軍による瑞金掃討作戦に観戦武官として参加した岡村寧次北支方面軍司令官がそれを適用したと言われ[4]主に共産党八路軍根拠地に対して行われたとされる[5][要検証]日本側では「燼滅作戦」と呼ばれることもあるが、いずれにせよこれらの呼称を用いた作戦名や作戦命令は存在していない[6]

概要[編集]

貝塚茂樹は、「三光政策」を「ゼークトにより蔣介石軍がとった、ソヴェート地区の壮丁をみなごろしにする殺光、住家を焼きつくす焼光、食料を略奪しつくす搶光」としている[7]第五次囲剿戦中国語版で、国府軍は、「政治七分、軍事三分」という力配分による長期政策と堡塁形式を主軸とした占領政策に変更し、敵対住民に対して「三光政策 (殺光・焼光・搶光)」いう徹底的な弾圧策を採用した、という[8][9]中国共産党側の研究によれば、国民党側はソビエト区に対して「殺し尽くし、焼き尽くし、奪い尽くし」の三光政策を行った、という[10][11]

三光作戦は、延安で発行された『解放日報中国語版』の1941年7月7日、9月25日などで使用例があるという[12][13](当時の『解放日報』は、中国共産党博古が責任者を務めていた)。日本では撫順戦犯管理所等に収容され、後に解放された中国帰還者連絡会1957年(昭和32年)にカッパブックスから出版した『三光』から、この「三光作戦」という呼称が広がった[6]

姫田光義によると、日本側が実施した三光作戦に相当する行動は山海関から河北省北部に至る約千キロの万里の長城沿いに、中国人を強制追放し居住を禁じた「無住地区」、さらに耕作も禁じた「無住禁策地区」を作ると同時に、住人を一か所に集中して居住させる「集家工作」を行う事で八路軍を中心とする抗日運動を抹殺し、北京周辺の防衛をも確保しようとした諸政策を意味するという。先祖伝来の土地を追放された中国人は、日本軍が設置した「集団村」に居住させられ、軍と警察の厳しい監視・管理下に置かれたが、その過程で、中国人の激しい抵抗にあい、日本軍による民間人殺害が発生したとされる[14][要検証]

日本では「燼滅作戦」という呼称を使用する者もいるが、この呼称について笠原十九司は、作戦名としては存在しないが、1940年(昭和15年)8月26日、北支那方面軍第一軍参謀長の田中隆吉少将が「敵根拠地ヲ燼滅掃蕩シ敵ヲシテ将来生存スル能ハザルニ至ラシム」と命令したことから来ているとしている[15]

「三光」との呼称が中国語であることなどから、中国やそれに同調する学者マスメディアによるプロパガンダであるという見方がある[16]。一方で、三光政策という呼称で歴史的事実とする立場もある[17]。笠原十九司によれば、日本では、三光作戦が中国側のプロパガンダで、特にメディア世界で、そうした歴史事実はなかったとする風潮が強いが、加害者と被害者の史料・証言が一致した事例については否定できないのではないか、という[18]

実例[編集]

  • 歩兵第224連隊第2大隊「晋中第1期作戦戦闘詳報」では「作戦指導要領」に「徹底的に敵根拠地を燼滅掃蕩し敵をして将来生存し能はざるに至らしむ」[19]とあり、敵がそこでもう生活できないように焼き払う目的であった。そして1940年9月2日の項[20]「各縦隊は進路沿道諸部落の検索燼滅を実施しつつ敵の隠匿兵器糧秣倉庫の発見に努む」のように作戦を実行していった。9月13日の項[21]「十三日黎明と共に宿営地白壁村及水磨波の両部落を焼却し六時南方河原上に集合し作命第二十七号に基き六時三十分輝教に向ひ前進せり」9月14日の項[22]「十四日黎明と共に牌房及四十畝の両部落を焼却粛正し永支作命第三十一号に基き同地を出発す」のように、宿泊した部落を朝出発時に焼いてから前進するパターンもみられる。また「齟齬、過失其の他将来の参考となるべき事項」[23]として「本作戦間の行動地域の如く道路不良なる山岳地帯に於て索敵燼滅を同時に実施する場合に於ては一日の行軍行程は五里を超えざるを適当とす。然らざれば単に道路に面したる村落を燼滅し得るのみなり」「支那家屋は隣家に延焼すること稀なるを以て焼却に長時間を要す」とあり、行軍速度をあえて落とし、時間をかけて徹底的に焼き払っていったようである。
  • 独立混成第4旅団「第2期晋中作戦戦闘詳報」では「各支隊は敵軍事施設ある部落の燼滅には特に徹底するものとす」[24]とあり、これは言い換えると敵軍事施設が無い部落でも燼滅しろということである。
  • 1942年1月24日付、支那派遣軍参謀長から次長次官宛電報「西原兵団は綏遠省薩拉斉南方黄河対岸地区に蠢動中の張励生部隊及騎兵第七師に対し十八日払暁黄河を渡河し急襲せるも敵は南方に逃避し大なる敵に遭遇することなく付近部落を燼滅して二十日概ね原駐地に帰還せり」[25]
  • 1937年10月25日付、第10軍「軍参謀長注意事項」には「六、家屋の焼却に就て 家屋、村落は敵が之を占拠しありて之を攻撃する為戦術上特に必要ある場合の外は成るべく之を焼却せざるを要す、之時将に寒冷季に入らんとするに際し軍の休養及衛生上家屋村落は極めて其利用価値大なるを以てなり、上海方面の戦場に於ては殆ど全部家屋を焼却せし為軍の後方に於ける病院設備、宿営等に利用すべき家屋殆ど皆無にして甚だしく不利を招きつつあり」とある[26]
  • 独立攻城重砲兵第2大隊第2中隊の陣中日誌で1937年12月25日の項には「通過部隊の宿営して出発の際に放火するため道路付近の家屋は殆ど焼尽され宿営地選定に甚く困難す。斯の如き戦意なき一般民衆家屋に放火することは皇軍の倚信を損じ支那民意を日本に収攬せしむる国策に相反するのみならず我が軍隊の爾後の宿営利用に甚だ不利なり。全軍一般によく徹底し放火を厳禁するを要す」とある[27]
  • 1938年1月20日付の野戦重砲兵第五旅団司令部「実戦の経験に基く意見」は「今次事変の経験に鑑み隷下各部隊の意見を主体として取敢へず取纏めたるもの」だが、「今次上海派遣軍の行動を観察するに聖戦に従ふ皇軍として誠に遺憾の点少なからず。特に作戦上の理由なくして徒に村落に放火し或は良民の家屋を破壊し其他掠奪暴行の跡少からざるを認む」[28]「今次の戦斗に於て某師団は友軍占領の標識として村落に放火せるも之が為後続部隊の宿営に甚だしく困難を来せり。又特に後方部隊にして自隊の宿営後徒に放火するもの或は敵愾心の余り個人の感情に馳〔ママ〕られて放火する者若くは(以下判読不能)多く又露営火○後始末不良の為火災を起すものあり。之等に関し将来厳重に戒むるの要あり」[29]とある。
  • 1938年6月27日付北支那方面軍参謀長岡部直三郎名の「軍人軍隊の対住民行為に関する注意の件通牒」には「討伐部隊が戦斗上の必要に基くに非ずして単に敵兵の存在せし故に依り或は住民地付近の交通を匪賊が破壊せりとの理由に依り住民の家屋を焼却するが如きは徒に無辜の住民をして自暴自棄に陥り匪賊に投ぜしむる結果となるを以て住民地の焼却は厳に之を禁止するを要す」とある[30]
  • 1940年豊橋の歩兵第18連隊に入隊した兵士は1942年12月の大別山作戦などに参加したが、「羅山の討伐では、町は『全部焼き払え』との命令であった。手分けして焼いたが、木材使用の少ない家屋はなかなか燃えなかった」[31]と述べる。
  • 1942年30歳で応召し妻子を残して島根・浜田の歩兵第21連隊に入営した兵士は浙江省で戦ったが、「昭和十七年十二月より翌三月ごろまでは警備討伐に明け暮れ、集落市街の焼却もたびたびでした」と語る[32]
  • 満鉄勤務から1943年関東軍に現地入隊した兵士は下士官候補者を経て満ソ国境の蘇丘警備隊長だったが、「騎馬部隊の一個中隊が来ました。中隊長の説明によると『近くの村、約二百軒が馬賊の巣窟だ』と言っていました。討伐実施。村長に説明するにはいかなる方法を取るのか、『見学せよ』とのことでした。一種の熱病が発生した『ペスト菌』である。近隣へ伝染する怖れあり。野鼠による伝染であるために『全村民の避難を命じる」ということで家の周囲に高粱を積み重ねて、放火して全家屋を焼き払った。そして悠々と引き返して行った」と回想する[33]

冬季山西粛正作戦戦闘詳報[編集]

防衛庁防衛研修所戦史叢書 第18巻 北支の治安戦<1>』で「中共側の記録によれば、(中略) 敵は報復のため急遽二万余の兵力をもって、冬季大掃蕩を発動し、晉西北に対し惨酷な『三光政策』を行った。」と言及された[34]2004年平成16年)5月24日、防衛庁防衛研究所は、衆議院議員田島一成の公開請求により、歩兵第二二四聯隊「冬季山西粛正作戦戦闘詳報 」(其一 一九四二年二月二日~三月四日) を公開した[35]。『毎日新聞』2004年7月26日号で一面トップで「弘前歩兵第三六師団指揮下の山形歩兵第二二四聯隊が、山西省太行山脈の八路軍根拠地に進入し、燼滅作戦を展開し、村々に糜爛性の毒ガス、イペリットを撒いたことを示す公式記録」として報道された[35][36]吉見義明は、戦闘詳報にある『撒毒』(毒ガス散布)の記載をイペリットであると主張した[37][35]

サブカルチャーにおける「三光」[編集]

山上たつひこの『光る風』 (昭和45年) において、主人公六高寺弦は、働くようになった出版社の社長古谷信吉が「三光会」なる団体と取引していることを知り、古書街を漁って一冊の本を見つけた。そこには戦争中に日本軍が展開した「三光」という作戦が描かれていた[38]。弦は「殺光/焼光/略光―これを称して三光といいます (略)」「国防思想普及なんていう名目のもとに軍国主義をおしすすめる三光会―そんな会が発行する本に協力するつもりなんですか!?」と社長を問い詰めた[38]宮島理によれば「『三光』が既定の事実のように取り上げられたのも、『時代の限界』だったのだろう。」という[39]

藤子不二雄 (藤子不二雄Ⓐ)は、昭和46年、『ヤングコミック』誌に「■冷血の記録《三光》■」[注釈 3]を三回にわたり連載した[40]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 三光 sānguāng [烧 shāo 光、杀 shā 光、抢 qiǎng 光] (焼き尽くし、皆殺し、奪い尽くす)の残虐な戦術[1]
  2. ^ 日本語で、三光(参照:Wiktionary)」と言うと三光鳥サンコウチョウの呼び名などでも知られるように、大抵は「」の三つの光を指して言う。かつては三光汽船という名の会社も在り、現在でも企業名や学校名などに日・月・星から付けた「三光」という名が見られる。
  3. ^ 「■冷血の記録《三光》■その1 殺光」『ヤングコミック』昭和46年2月24日号 (Ⓐ作品)、「■冷血の記録《三光》■その2 略光」『ヤングコミック』昭和46年3月10日号 (Ⓐ作品)、「■冷血の記録《三光》■その3 焼光」『ヤングコミック』昭和46年3月24日号 (Ⓐ作品)

出典[編集]

  1. ^ 「三光」愛知大学中日大辞典編纂所編『日中大辞典 第三版』大修館書店、2010年3月1日 第三版発行、ISBN 978-4-469-01281-1、1473頁。
  2. ^ 「三光政策」京大東洋史事典編纂会編『新編 東洋史辞典』東京創元社、昭和55年3月31日 初版、345頁。
  3. ^ 「三光政策」日本史広辞典編集委員会編『日本史広辞典』山川出版社、1997年10月22日 初版第一刷発行、ISBN 4-634-62010-3、943頁。
  4. ^ 田中宏「三光政策」『日本史大辞典 第三巻 (全七巻)』平凡社、1993年5月18日 初版第一刷発行、ISBN 4-582-13103-4、716頁。
  5. ^ 田辺敏雄「三光作戦はあったのか」秦郁彦編『昭和史20の争点 日本人の常識』文藝春秋(文春文庫)、2006年8月、134-135頁、137-138頁。
  6. ^ a b 田辺敏雄「14 中国に「『万人坑』『三光作戦』『731』で大量殺害された」と言われたら」中嶋嶺雄編『歴史の嘘を見破る 日中近現代史の争点35〈文春新書504〉』文藝春秋、 2006年5月19日発行、ISBN 978-4-16-660504-0、118頁。
  7. ^ 貝塚茂樹『毛沢東伝 岩波新書 <青版> 260』岩波書店、昭和31年12月10日 第1刷発行、151頁。
  8. ^ 藤井高美『中国革命史: 中国共産党の形成と発展』世界思想社、1967年8月20日 初版発行、241頁。
  9. ^ 藤井高美『抗日民族解放戦争序説 〈愛媛法学会叢書・第1号〉』嵯峨野書院、昭和58年5月20日 第1版第1刷発行、ISBN 978-4-7823-0079-4、26頁。
  10. ^ 馬場毅「第五次囲剿戦と国民党の行政・治安組織の改革」馬場毅・張琢編『改革・変革と中国文化、社会、民族』日本評論社、2008年5月30日、ISBN 978-4-535-04843-0198頁
  11. ^ 戴向青、余伯流、夏道漢、陳衍森:《中央革命根據地史稿》,上海人民出版社,1986年12月,統一書号: 3074-765,685-687頁。
  12. ^ 李恩涵《近代中國外交史事新研》. 臺灣商務印書館 發行. 民國九十三年 (2004年). ISBN 957-05-1891-X (641) ; 978-957-05-1891-7. 頁 385.
  13. ^ 李恩涵〈戰時日本對冀東的「三光作戰」(1937-1945) 〉《臺灣師大歴史學報》第31期. 民國九十二年六月. 頁152.
  14. ^ もうひとつの三光作戦 姫田光義, 陳平 著,丸田孝志 訳 青木書店 1989[要ページ番号]
  15. ^ 日本軍の治安戦と三光作戦 - 笠原十九司
  16. ^ 三光作戦とは何なのか 田辺敏雄
  17. ^ 「世界の歴史」編集委員会編『もういちど読む山川世界史』山川出版社(2009)p246,247
  18. ^ 笠原十九司『日本軍の治安戦―日中戦争の実相』岩波書店、2010年5月25日 第1刷発行、ISBN 978-4-00-028373-1、264頁。
  19. ^ 第1節 戦闘前に於ける彼我形成の概要 其の2 晉中第1期作戦指導要領要図〔1・2画像目〕”. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  20. ^ 第5節 戦闘経過の概要 其の4 作戦第4日(9月2日)〔1画像目〕”. 歩兵第224連隊第2大隊 晋中第1期作戦戦闘詳報 昭和15年8月23日~昭和15年9月15日. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  21. ^ 第5節 戦闘経過の概要 其の15 作戦第15日(9月13日)〔1画像目〕”. 歩兵第224連隊第2大隊 晋中第1期作戦戦闘詳報 昭和15年8月23日~昭和15年9月15日. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  22. ^ 第5節 戦闘経過の概要 其の16 作戦第16日(9月14日)〔1画像目〕”. 歩兵第224連隊第2大隊 晋中第1期作戦戦闘詳報 昭和15年8月23日~昭和15年9月15日. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  23. ^ 第7節 齟齬、過失其の他将来の参考となるべき事項〔4画像目〕”. 歩兵第224連隊第2大隊 晋中第1期作戦戦闘詳報 昭和15年8月23日~昭和15年9月15日. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  24. ^ 第1 戦闘前に於ける彼我形勢の概要〔22画像目〕”. 独立混成第4旅団第2期晋中作戦戦闘詳報 昭和15年10月19日~15年11月14日. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  25. ^ 支那派遣軍の北支に関する報告〔2・3画像目〕”. 北支那方面軍電報綴 昭和17~18年. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  26. ^ 軍参謀長注意事項 昭和12年10月25日〔4・5画像目〕”. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  27. ^ 陣中日誌 自昭和12年12月3日至昭和12年12月31日 独立攻城重砲兵第2大隊第2中隊(2)〔33画像目〕”. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  28. ^ 3.教育訓練ニ関スル意見〔4画像目〕”. 実戦の経験に基く意見 昭和13.1. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  29. ^ 5.陣中勤務ニ関スル意見〔3・4画像目〕”. 実戦の経験に基く意見 昭和13.1. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  30. ^ 陣中日誌 自昭和13年7月1日至昭和13年7月31日 歩兵第9旅団(2)〔31画像目〕”. 国立公文書館アジア歴史資料センター. 2021年10月15日閲覧。
  31. ^ 戦争の思い出”. 労苦体験手記 軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦(兵士編)第11巻. 平和祈念展示資料館. pp. 35-44(p.36). 2021年10月15日閲覧。
  32. ^ 中国戦線参戦記録”. 労苦体験手記 軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦(兵士編)第9巻. 平和祈念展示資料館. pp. 308-321(p.313). 2021年10月15日閲覧。
  33. ^ 満州戦線 終戦時の”どさくさ””. 労苦体験手記 軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦(兵士編)第16巻. 平和祈念展示資料館. pp. 314-321(p.317). 2021年10月15日閲覧。
  34. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 第18巻 北支の治安戦<1>』朝雲新聞社、昭和四十三年八月二十五日 発行、308~309頁 (165コマ目)
  35. ^ a b c 吉見義明「資料紹介 歩兵第二二四聯隊「冬季山西粛正作戦戦闘詳報」」『季刊戦争責任研究 第45号 2004年秋季号 【特集】軍隊と地域 ― その歴史と現在』日本の戦争責任資料センター、2004年9月15日発行、79頁。
  36. ^ 「戦史資料:致死性の毒ガス「イペリット」を使用 防衛庁」『毎日新聞』2004年7月26日 第1面。
  37. ^ 吉見義明『毒ガス戦と日本軍』p.351 岩波書店、2004年 ISBN 9784000241281
  38. ^ a b 宮島理「山上たつひこ『光る風』◆軍国主義化する日本の近未来を描く 七〇年代の空気を反映した青春巨編」唐沢俊一高澤秀次宮島理中宮崇ほか『反日マンガの世界 イデオロギーまみれの怪しい漫画にご用心!〈普遊舎ブラック新書 007〉』晋遊舎、2008年5月20日 発行、ISBN 978-4-88380-776-5、78~79頁。
  39. ^ 宮島 (2008)、79頁。
  40. ^ 米沢嘉博『藤子不二雄論―FとⒶの方程式』河出書房新社、2002年4月1日、ISBN 4-309-26549-9、藤子不二雄総合作品リスト。

関連文献[編集]

  • 神吉晴夫 編『三光 日本人の中国における戦争犯罪の告白』光文社(カッパ・ブックス)、1957年
  • 中嶋嶺雄 編『歴史の嘘を見破る 日中近現代史の争点35』文藝春秋(文春新書)、2006年5月
  • 秦郁彦 編『昭和史20の争点 日本人の常識』文藝春秋(文春文庫)、2006年8月
  • 田辺敏雄『検証旧日本軍の「悪行」』自由社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]