燃えよデブゴン 正義への招待拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
燃えよデブゴン 正義への招待拳
鹹魚番生
By Hook or by Crook
監督 カール・マッカ
脚本 レイモンド・ウォン
製作 カール・マッカ
出演者 サモ・ハン・キンポー
カール・マッカ
音楽 フランキー・チャン
公開 香港の旗 1980年8月7日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 94分
製作国 香港の旗 イギリス領香港 
言語 広東語
次作 燃えよデブゴン カエル拳対カニ拳
テンプレートを表示
燃えよデブゴン 正義への招待拳
鹹魚番生
各種表記
繁体字 鹹魚番生
簡体字 咸鱼番生
拼音 Xián Yú Fān Shēng
注音符号 ㄒㄧㄢˊㄩˊㄈㄢㄕㄥ
発音: シィェンユーファンシォン
広東語拼音 Haam4 Jyu4 Faan1 Saang1
英文 By Hook or by Crook
テンプレートを表示

燃えよデブゴン 正義への招待拳』(原題:鹹魚番生、英題:By Hook or by Crook)は、1980年香港製作のサモ・ハン・キンポー主演作品。日本では『燃えよデブゴン2』と称される場合もある。

解説[編集]

ブルース・リー主演の「ドラゴン」シリーズへのオマージュだった『燃えよデブゴン』とはストーリーの関連性が全くない作品である。

義賊怪盗をテーマとしており、ねずみ小僧の様に貧しき人々に施す、「一枝花」(日本語吹き替え版では「お花小僧」)に憧れる太めの青年の話である。

全体的にはコメディ主体の話でサモ・ハン・キンポーのカンフーの見せ場はそれほど多くない。

1983年12月24日ゴールデン洋画劇場」にて「燃えよデブゴン2」の題名で初放送、日本初登場。それから約1カ月後1984年1月29日、同じカール・マッカ製作出演の「悪漢探偵」が劇場公開される。


あらすじ[編集]

昔の中国のお話。義賊怪盗「一枝花」が世間を騒がせていた。警察部長はこの一枝花を捕まえる事に躍起になっていた。そこで情報を集める為にヒョー・ロリンというおかしな男を雇う。ヒョー・ロリンは一枝花と思わしき太めの男・プー・チャン(サモ・ハン・キンポー)を見付け近づき、罠に嵌めようとする。

出演:配役:日本語吹き替え声優[編集]

貧しい家庭環境で育った純朴で太めの青年。義賊「一枝花」に憧れ、その真似ごとをしてる内に様々な事件に巻き込まれて行く。
スキンヘッドで髭面の警察官。面子にかけて「一枝花」を捕えようとする。何かと職権乱用をする男。本作の監督、脚本、製作も務めている。
奇怪な人物であるが抜け目のない男。警察部長に雇われ「一枝花」と思わしきプー・チャンに近づく。
彼こそは「一枝花」その人であるが、現在は年老いて引退していた。とある事件で命を狙われており、身を隠している。
背は低いが早打ちのガンマン。一枝花に自信を取り戻させる為に対決させる。

初回放送 - 1983年12月24日 フジテレビゴールデン洋画劇場

スタッフ[編集]

特記[編集]

確認されている「燃えよデブゴン」邦題作品。なお各作品の続編性は皆無である。

外部リンク[編集]