Fire Bomber

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熱気バサラから転送)
移動先: 案内検索
Fire Bomber
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロックアニメソング
活動期間 1994年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
flying DOG
共同作業者 佐々木史朗(プロデュース)
K.INOJO(作詞)
福山恭子(作詞)
須藤英樹(作曲)
河内淳貴(作曲・編曲)
川野美紀(作曲)
湯川とうべん(作曲・編曲)
田中裕千(編曲)ほか
メンバー 福山芳樹(ボーカル・ギター)
チエ・カジウラ(ボーカル)
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

Fire Bomber(ファイアーボンバー、FIRE BOMBERとも表記)は、テレビアニメマクロス7』および、関連作品に登場する架空ロックバンド。口頭では「ファイアー[* 1]」、活字媒体では「FB[1]」といった略称がある。

目次

概要[編集]

『マクロス7』主人公の熱気バサラ、ヒロインのミレーヌ・フレア・ジーナスが所属する男女ツインボーカル、4人編成のロックバンド。設定では2045年4月、「PLANET DANCE」でデビューし、同年6月にファーストアルバム「LET'S FIRE!!」をリリース[2]。無名のバンドから始まり、物語の舞台となるマクロス7船団と敵生命体プロトデビルンの争いの中で鍵を握る存在となり、やがて全銀河にその名を轟かせるメジャーバンドとなるまでの姿が描かれている。

現実世界においては1994年からFire Bomber名義でシングルやアルバムも発売され、ファーストアルバム『LET'S FIRE!!』がオリコン第4位にランクインし[3]、全CD累計150万枚以上を販売するなど、人気を博した。

バサラとミレーヌの歌唱パートを担当した福山芳樹チエ・カジウラは『マクロス7』完結後も「マクロスシリーズ」関連のライブ出演やトリビュート活動を行っており、2009年以降は公式に「Fire Bomber (FIRE BOMBER) 」としてライブに出演している。

メンバー[編集]

メンバー名 キャスト 担当 搭乗機
声の出演 歌唱パート
熱気 バサラ
Nekki Basara
林延年(後の神奈延年 福山芳樹 ボーカルギター VF-19改 エクスカリバー 熱気バサラスペシャル
(ファイアーバルキリー)
ミレーヌ・フレア・ジーナス
Mylene Flare Jenius
桜井智(後の櫻井智 チエ・カジウラ ボーカル、ベース VF-11MAXL改 ミレーヌ専用機
(ミレーヌバルキリー)
レイ・ラブロック
Ray Lovelock
菅原正志 - キーボード VF-17T改 ナイトメア
(ストームバルキリー)
ビヒーダ・フィーズ
Veffidas Feaze
高乃麗 - ドラム

メンバーの設定や人物像については後述の「メンバー詳細」を参照。

現実世界においては、歌唱パート担当の福山芳樹(ボーカル、ギター)とチエ・カジウラ(ボーカル)がFire Bomber (FIRE BOMBER) として活動。1995年に行われたライブではバサラとミレーヌを演じる声優の林延年(後の神奈延年)と桜井智(後の櫻井智)がメンバーとして参加した。詳細は後述の「現実での活動」を参照。

設定[編集]

ここでは架空のバンドとしての設定について述べる。

活動経歴[編集]

バンドの正確な結成時期は不明だが、宇宙歴2030年[* 2]に戦闘で親友を亡くして以来、自暴自棄になって放浪していた元統合軍パイロットのレイ・ラブロックが、当時7歳[4]の熱気バサラと出会ったことに端を発する。その7年後、レイが当時14歳[4]のバサラを誘いバンドを結成、バサラの演奏に感銘を受けた元ストリートファイターのビヒーダ・フィーズも加入する。その後、2038年に出航した第37次超長距離移民船団マクロス7の都市艦シティ7に付属する未登録エリア「アクショ」を拠点に活動することになる。ベース担当のメンバーはこれまでに3名が加入していたが[5]、いずれもバサラとは合わず脱退している。

2045年3月[2]、ベース兼ボーカル担当として新たに加入したミレーヌ・フレア・ジーナスがシティ7内のカタスミパークでライブデビューする。時を同じくして、マクロス7に対し謎の敵バロータ軍が攻撃を開始する(バロータ戦役の勃発)。その中でバサラは統合軍とコネクションを持つレイを通じて与えられた可変戦闘機VF-19改(ファイアーバルキリー)を駆り、自分の歌を伝えるという挑戦のために戦場で歌い始める。その行動が一部で注目され、同月、新人バンドの登竜門とされる「スーパー・ノヴァライブ」に出演。以降、わずかずつではあるが活動機会を増やしてゆく。

4月[2]、スーパー・ノヴァライブ以来Fire Bomberの可能性に着目していた音楽プロデューサー北条アキコが主宰するアキコリップスレーベルよりデビューシングル「PLANET DANCE」発売。当初は196位と不調であったが[* 3]、5月[2]、バンドのプロモーションとしてミレーヌがリン・ミンメイ役、バサラが一条輝役で出演した2時間ドラマ「リン・ミンメイ物語」が放送され、視聴率94%を記録[* 4]。それにより知名度が急上昇し、「PLANET DANCE」はシティ7チャートで8位[* 4]、ミレーヌがボーカルを務める第2弾シングル「SWEET FANTASY」もプラネット・チャートで初登場2位となる。

9月[2]、バサラの歌がバロータ兵に施された精神制御の解除、およびそれを率いるプロトデビルンに影響を与えるといった一定の効果があることが判明。Fire Bomberメンバーは民間協力隊「サウンドフォース」として軍の指揮下に入り、戦場で歌うことになる。

同隊はプロトデビルンを歌で撃退するなど相当の戦果を挙げるが、敵に歌を伝えたいバサラは納得せず、11月[2]には自らの歌う意味を探して当時マクロス7が不時着していた惑星ラクスへ放浪の旅に出かけ、それを追ってミレーヌも旅に出たため、バンドの活動は一時休止となる。12月[2]、放浪の果てに歌うことへの迷いがなくなったバサラはミレーヌとともに帰還し、活動を再開する。

2046年2月[2]、プロトデビルンの本拠地であるバロータ3198XE第4惑星への奇襲突撃作戦「オペレーション・スターゲイザー」にサウンドフォースとして参加。同月の最終戦において、プロトデビルンはバサラの歌の影響により新たな存在へと進化し、バロータ戦役は終結する。

2047年3月[2]、バサラが再度放浪の旅に出かけ、ミレーヌもそれを追って旅に出る。バサラは放浪先の惑星ゾラにて宇宙を回遊するエネルギー体「銀河クジラ」とのセッションを試み、これに成功する。Fire Bomberはこの時点において、辺境の惑星においてもその名が知られるほどの著名なバンドとなっている。

2060年、13年ぶりとなるアルバム「Re.FIRE!!」を発表。この時点においてバサラはマクロス7に帰ることなく放浪、ミレーヌはソロ歌手、レイは音楽プロデューサー、ビヒーダはセッションドラマーと、各々の分野で活動しており、バサラは銀河ネットワークを用いてセッションに参加する[6]

サウンドフォース[編集]

サウンドフォースは、統合軍が極秘に進めていた計画「プロジェクトM」のテストとして結成された、可変戦闘機(バルキリー)に搭乗して戦場で歌うことを任務とした民間協力隊である。プロジェクトM自体は実効性に疑問が持たれていたが、熱気バサラの歌が敵であるバロータ兵ならびにプロトデビルンに対し少なからず影響を与えることが確認され、本格始動することになる。部隊のメンバー選定は以前より計画に関与していたレイ・ラブロックに一任され、当初よりバンドメンバーの熱気バサラ、ビヒーダ・フィーズの加入が内定していた。未成年のミレーヌ・ジーナスは父マクシミリアン・ジーナスの要望もあり外される予定であったが、当人が強く希望し、メンバーによってFire Bomberに欠かせない存在であることが認められ、レイの判断でミレーヌもメンバーに加えられることとなる。各自それぞれ専用にカスタマイズされた型式の異なる機体に搭乗し、アクショ前方のエアロックから発進する。フォーメーションの名称は他の部隊と異なり音楽用語にちなむものとなっている。

結成当初は特筆すべき成果を挙げることはないが、サウンドフォースのアドバイザーであり、独自に歌のエネルギーについて研究していた軍医Dr.千葉が新たに歌エネルギー変換ユニットとサウンドエナジーシステムを開発し同隊各機に搭載、直後に襲来した大型プロトデビルン・グラビルを歌エネルギーにより撃退し、以降、歌エネルギーを増幅・放射する新兵器サウンドブースターも開発され、対プロトデビルン戦の切り札として位置づけられることになる。

他作品での扱い[編集]

2059年を舞台とし、過去作品へのセルフオマージュを多分に含む『マクロスF』では、S.M.Sスカル小隊の隊長オズマ・リーがFire Bomberの熱烈なファンであり、シェリル・ノームの決め台詞がバサラへのオマージュであるといった描かれ方がされている。また、作中においてもFire Bomberの楽曲が挿入歌としてたびたび使用されている。『マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』では、プロトデビルンを撃退して以降の活動は不明で新曲も発表されておらず、マクロス7船団の所在さえも不明となっている。

メンバー詳細[編集]

熱気バサラ[編集]

熱気 バサラ(ねっき バサラ / Nekki Basara)は、Fire Bomberのボーカルギター担当。声の出演は林延年(後の神奈延年)、歌唱パートを福山芳樹が担当している。『マクロス7』および、複数の関連作品における主人公

2024年8月15日生まれ[7][注 1]。21歳(『マクロス7』の舞台となる2045年時点)。逆立った髪と、旅先で拾った[* 5][8]丸縁、青いレンズのサングラスをかけた姿が特徴。身長184cm、体重75kg[7]血液型はB型[7]

自分の歌と音楽に対する並外れた情熱を有し[9]、その可能性に挑戦するべく、バンドリーダーで元統合軍パイロットのレイ・ラブロックを通じて極秘に提供され、専用にカスタマイズされた可変戦闘機VF-19改(通称ファイアーバルキリー)に搭乗し、戦場に飛び出して決して戦うことなく歌い続け、謎の敵に対しても自分の歌を聞かせようとする。当初その姿は人々に異端視されるが、次第に周囲に認められ、敵生命体プロトデビルンもその歌に多大な影響を受けることになる。常人をはるかに超えた「歌エネルギー」の持ち主であり、その正体は50万年前に銀河を支配した知的生命体プロトカルチャーの時代にプロトデビルンを封印した特殊な力の持ち主と同様の「アニマスピリチア」であるとされる。

設定・人物像(バサラ)[編集]

経歴[編集]

その出自は一切不明で、出身地は本人も記憶していないという[7]。7歳のころにはギターを担いでおり[4]、自分の歌で山を動かそうと思い、毎日山に向かって歌っていた[* 6]。そのころに放浪中のレイと初めて出会い、14歳のころ[4]、レイと再会しバンド活動の誘いを受ける[* 7]2038年に出航した第37次超長距離移民船団(通称マクロス7船団)の都市艦シティ7に付属する船団未登録エリア「アクショ」の廃墟と化したアパートにレイとともに住み、そこを拠点にライブ活動を行う。なお、アクショ自体が公的には存在しないエリアで、そこに住むバサラは市民登録をしていない[* 8]

2045年から2046年にかけてのバロータ戦役においては戦場に乗り込み、自分への挑戦のために歌い続ける。当初は何の効果もない状況が続くが、やがてその歌が敵に影響を与えることが判明し、統合軍の民間協力隊サウンドフォースの一員として本人の想いとは裏腹に、歌エネルギーによってプロトデビルンを撃退し続けることになる。そのさなか、自身と接触し眠りについたプロトデビルンの1体、シビルと邂逅し、歌で目覚めさせようとするも果たせず、自分の歌う意味を探して放浪の旅に出る。長い旅の果てに再び巡りあったシビルを歌で目覚めさせ、彼女とともに宇宙を飛び回り「銀河」を巡る体験を経て、自らの歌への想いとあり方を悟る。以降迷いは消え、その歌をプロトデビルンの心に伝えることに成功し、戦役を終結へと導く。

2047年(『マクロス ダイナマイト7』)には再び放浪の旅に出かけ、惑星ゾラにおいて「銀河クジラ」に歌を聞かせる。この作品にはファイアーバルキリーは登場せず、バサラはゾラにある機体を借りて宇宙に出る。

非売品ドラマCD『マクロス ダイナマイト7 Fire Bomber GALAXY FUN NET CD』では、マクロス7帰還時のエピソードが描かれる。その後はマクロス7船団に帰ることなく銀河各地を放浪し、ときどき新曲を送るという活動を続ける[6][注 2]

性格[編集]

歌に情熱を燃やし、自らの挑戦を決して諦めようとしない不屈の精神を持つと同時に、言動は常に自由奔放で、規則や命令に縛られること、他人の意思に従って歌うことを嫌い、自分の「歌いたいときに歌う」という主義の持ち主。ライブでは頻繁に遅刻し、それを悪びれる様子も見せないこともあれば[* 9]、音楽に関して励ましのつもりで厳しい態度をとることもある[* 3]。こうした態度はバサラをよく知らない者には理解されず、ミレーヌ加入前に所属していたバンドのメンバーは、バサラが原因で辞めている[* 3]。ミレーヌとも口論が絶えないが、それまでのメンバーと違い歌となると非常に息が合い[* 10]、ボーカリストとして互いを認め合っている[* 3][* 11]

暴力による解決を嫌っており、いかなる危機的状況にあっても決して暴力を行使しようとせず、自分の歌を聞かせようとする。自身の乗るバルキリーに護身用のミサイルを搭載することすら拒もうとするほど武器・兵器に否定的で、攻撃を命令したり歌を軍事目的で利用しようとする軍に対してはしばしば反発する。しかしながら『マクロス7』序盤においては、人命を救うためにやむをえずファイアーバルキリーに搭載された護身用のミサイルを撃つ場面があり[* 12]、そのたびにあとで思い悩む姿が描かれる。

ミレーヌやレックスなど、しばしば周囲の女性から想いを寄せられるが、バサラ自身が女性を異性として意識する場面は見られない[注 3]

趣味は「宇宙遊泳昼寝、オレの歌を聞かせること」、特技は「寝言で歌を歌える」で、激辛カレーキムチトムヤムクンを好物とする[7]。好きなアーティストは「オレ(もしくは、オレが本気で歌えた時)[7]」。

技能[編集]

可変戦闘機(バルキリー)の操縦においては、伝説の天才マクシミリアン・ジーナス(マックス)が昔の自分には及ばないとしながらもその腕を高く評価し[* 13]、マクロス7船団のトップエースであるガムリン・木崎も認めるほどの技量を有しており、ただでさえ操縦の難しさで知られるVF-19を、ギター型に改造されたコントロールシステムを用いて平然と操縦し、QM69(高速連続反転)などの高等技術を演奏しながら使用するなど[* 14]、民間人にもかかわらず天才的な操縦技術を持ち合わせている。戦闘中は主にバトロイド(人型ロボット)形態を使用し、ファイター(戦闘機)形態は戦場への移動時などに用いる。中間形態のガウォークは当初まったく使用せず、『マクロス7』第14話の市街戦において、ミリア・ファリーナ・ジーナスにガウォークになるように指摘されて初めて同形態への変形を行う。変形直後は操縦に失敗し、その場でミリアの簡単な指導を受けて扱えるようになる。『マクロス ダイナマイト7』では、普通のバルキリーのコクピット内で、歌いながらアコースティックギターを弾きつつ操縦桿やスロットルをギター越しで操作するという離れ業を行う。

また、ライブ会場ではパラシュートを用いたパフォーマンスを行う[* 15]ほか、素手での格闘では一人で多数を相手に圧倒し[* 1]、バイクで暴走族チームを翻弄する[* 16]ハンググライダーを乗りこなす[* 6]など、歌のみにとどまらず多彩な面で人並外れた実力を発揮するが、これらの技能をどのような経緯で身に付けたのかについては劇中および関連資料でも一切語られていない。

決め台詞[編集]

バサラが戦場で歌う際は『マクロス7』第2話以降「俺の歌を聞け」と叫ぶのが通例で、バサラの代表的な決め台詞とされる。これは次回予告の一部でも締めの台詞となっている。番組告知用のポスターにおいては「AD2045 銀河よ オレの歌を聞け」というキャッチコピーとして用いられており、テレビCMでも同様の台詞が使用されている[注 4]。そのほか、「ファイアー」「ボンバー」などといった台詞を頻繁に口にする。

『マクロス7』シリーズ構成富田祐弘は、バサラの台詞として最初に思い付いたのが「俺の歌を聞け」と「過激にファイヤー」だと述べている[12]。後者の台詞は本編中では用いられず、次回予告を締める台詞として多用されている。

アニメ雑誌『アニメージュ』ではバサラの決め台詞が公募され[12]、大賞に選ばれた「飛んで火に入る炸裂Bomber![13]」と、富田祐弘賞に選ばれた4つの作品[14]が第32話から第37話にかけての次回予告を締める決め台詞に使用されている[注 5]。大賞の作品は応募者の本名や住所が記されていなかったため落選も検討されたが、選者たちはそろって絶賛し、「やはりバサラ魂あふれるこの作品ははずせないだろう」として授賞が決定した[14]

マクロスF』ではヒロインで歌手のシェリル・ノームがバサラへのオマージュ[16]として「私(あたし)の歌を聞け」という決め台詞をライブで歌い始める際に発する。

搭乗機(バサラ)[編集]

制作・備考(バサラ)[編集]

『マクロス7』原作者の河森正治は、歌と戦闘を組み合わせるという斬新な演出で人気を博した前作『超時空要塞マクロス』の終了後、同じように歌を用いた作品が多数制作されている状況に疑問を呈し、これまでとは明確に違うものを作るべく「空前絶後」の「空前」だけではなく「絶後」を狙い、熱気バサラというキャラクターを生み出した[17]

バサラは物語の主人公でありながら、上述のようにその出自や過去、背景はほとんど描かれていない。監督のアミノテツローは自分自身の感覚として、バサラは自身の過去などを気にせず「現在と未来」しかない存在で、その中での生き方を描くことが主眼であり、背景描写はあまり意味がないと思うと語っている[18]。のちに河森は、当初バサラの経歴やバルキリーに乗っている理由について述べたプロフィールを作成したが、アミノによる「主人公に過去はいらない」という一言でカットになったことを明かしている[17]。以来、河森はキャラクターの履歴を作り「わかったつもりになる」のではなく、少しずつキャラクターの素性や行動理由を探りながら作ることに面白味を感じると述べている[17]

キャラクター名は日本の南北朝時代に体制に媚びずに自由に生きていた「バサラ者」から取られており、シリーズ構成の富田祐弘が命名した。富田は誰もが持っている潜在的なパワーを炎のように燃やして発散する主人公を描きたい、と語っていた[12]

キャラクター原案の美樹本晴彦はバサラの風貌について、一見して目を引くヒーロー的なデザインを考えており[19]、髪型も意識して漫画的な形にしている[20]。サングラスは河森の要望によるもの[20]。美樹本自身の感覚としては、設定年齢である21歳よりも上、20代後半程度でもよいととらえている[20]

『アニメージュ』の第17回アニメグランプリの男性キャラクター部門では第2位[21]、翌年の第18回同部門では第4位を獲得した[22]

ミレーヌ・フレア・ジーナス[編集]

ミレーヌ・フレア・ジーナス[23][注 6](Mylene Flare Jenius[9])は、Fire Bomberのボーカルベース担当。声の出演は桜井智(後の櫻井智)、歌唱パートはチエ・カジウラが担当している。

第一次星間大戦期(『超時空要塞マクロス』の時代)に地球統合軍の天才パイロットとして活躍し、『マクロス7』の時代においては第7次新マクロス級超長距離移民船団マクロス7の船団長を務める地球人マクシミリアン・ジーナスと、元ゼントラーディ軍のエースで、マクロス7船団の都市艦シティ7の市長を務めるゼントラーディ人ミリア・ファリーナ・ジーナスの間に生まれた末娘(七女)。

「エータカリーナ星雲近傍航行中の宇宙空母レッドムーン艦内[23]」出身で、2031年2月2日生まれ[23]の14歳(2045年時点。作中で誕生日を迎え、15歳となる)。身長153.3cm、スリーサイズはB78、W52、H82[23]、靴のサイズは22.5cm[24]。血液型はBc(cとは、ゼントラーディマイクローンの血液型とされる)[23]。髪はピンク色で描かれており、コスチュームは赤いハイレグレオタード。プライベートでは常に同じ服を着ている他のメンバーとは異なり、ほぼ毎回服装や髪型が変わる。ギャララシ(銀河毛長ネズミ)のグババ(後述)が親友で、常に一緒にいる。

設定・人物像(ミレーヌ)[編集]

銀河ネットワークチャートのトップシンガー、アリス・ホリディに憧れてロックを始め[* 3]、音楽雑誌のメンバー募集記事を見てFire Bomberに加入した[25]

直情型で物怖じせず、奔放な性格の持ち主で[9][26]、自分を子供扱いする家庭に反発し、親元から離れてシティ7内のマンションで一人暮らしをしている[27]。自分以上に自由奔放なバサラの考えや行動が理解できず、いい加減な人間だと思っているが、その一方で、ボーカリストとしては見習うべきところが大きいと考えている[28][25]

両親のたぐいまれなる可変戦闘機(バルキリー)乗りとしての才能も受け継いでおり、バルキリーを玩具代わりにしていたと語る[* 17]。操縦桿がギターになっているバサラの改造バルキリーを初乗りで乗りこなすといった技量も見せ[* 16]、のちに周囲の反対にもかかわらずサウンドフォースに自ら志願し、VF-11MAXL改 ミレーヌ専用機(通称ミレーヌバルキリー)を操縦しながら戦場で歌うことになる。部隊結成前後はバサラの考えが理解できず、敵に対する攻撃を主張するが、次第にバサラの姿勢に感化されて歌に専念するようになる[* 11]。バサラには及ばないが、相乗効果により強力な歌エネルギーを発現させ、プロトデビルンとの戦闘において成果を挙げる。歌をプロトデビルンに対する攻撃に用いることには疑問を抱かず、バサラがもつ苦悩の原因には気づかなかったが[* 18]、放浪の旅に出たバサラとの再会をきっかけに、その想いを理解しはじめる[* 19]。バロータ戦役の終盤には、オペレーション・スターゲイザーに反対を押し切って参加し、対プロトデビルン最終戦においては危篤状態となったバサラに代わって「サウンドバスター作戦」で歌唱を務め、作戦失敗後も歌エネルギーにより研究実験艦アインシュタインを死守する。

恋愛面では母ミリアにより、統合軍ダイアモンドフォース所属のエリートパイロット、ガムリン・木崎見合いをさせられる。当初ミレーヌは自身がバサラと同じバンドに所属していることを隠し、普段とは異なる上品な態度でガムリンに接するが、デートを重ねるうちに素顔の部分も見せるようになり、親交を深めていく。一方でバサラにも恋心を抱くが自覚はなく[10]、対プロトデビルン最終戦においてようやく自分の気持ちを知り、ガムリンに対しバサラのことも「同じくらい好き」であることに気づいたと告げる[* 20]

マクロス ダイナマイト7』においてもその恋に明確な決着はついておらず、レイに諭されてバサラを追い、惑星ゾラへと向かう。同作品のサイドストーリー漫画マクロス ダイナマイト7 ミレーヌビート』では主人公とされ、本編で描かれなかったミレーヌの活動と心情が描かれる。

趣味は銀河ドライブシンクロナイズドスイミングフェンシング[23]ピアノは3歳から、フェンシングは5歳から始めている[24]運転免許は10歳で取得し、A級ライセンスを所持している[24]。愛車は両親がハネムーン用に購入し、マックスがプレゼントした「フェリーニ社オールドファッションシリーズ2007型のレッド・ツーシータータイプ」[24]。好きな食べ物はカツ丼ピザマンゴープリン[23]。特技は「銀河毛長ネズミのグババと心で会話できる。」「モグラ叩きはいつでもパーフェクト」とされている[23]

グババ[編集]

グババ(Guvava[9])は、ミレーヌが常に行動を共にしているギャララシ(通称「銀河毛長ネズミ」、学術上の名称は「宙産綱 / 虞歯(ぐば)目 / グリプティナス科 / 不定形属 / ハリグリプティナス種亜種ギャララシ [9]」。地球の齧歯目〈ネズミ目〉とは異なる生物で、宇宙生物マニアの間では有名とされる[9])で、彼女にとって親友であり分身のようなもの。普段はミレーヌの肩に乗っているか、髪の中に隠れている。

2036年、プキラセス星系第5惑星において群れとはぐれ、瀕死の状態にあったところを惑星調査に来ていたマクシミリアン・ジーナスによって保護され[29][* 21]、当時5歳のミレーヌにプレゼントされた[* 19]。感情を送受信する能力を持っており[9]、常にミレーヌと同じ表情を見せている。また、ミレーヌが本心を隠していても、グババの表情を見れば彼女の本心が分かるようになっている[9]。トランス状態となり、探したい相手の位置を知る能力も持つ。

美樹本晴彦によるキャラクター原案では普段目が外からは見えず、見開いた時にだけ確認できるというデザインであった[30]桂憲一郎によるアニメーション用の設定画では常に丸い目が描かれるようになっており、長い体毛に覆われた体の内部図解として二足歩行のネズミのようなものが描かれている[31]

グババの鳴き声は「ある動物の声を少し加工」したものと説明されている[32]。映像ソフトの特典映像「マクロス7ぷらす グババの惑星」では、グババのキャストとして『マクロス7』の音響効果を担当したフィズサウンドクリエイションの蔭山満の名が記されている。

搭乗機(ミレーヌ)[編集]

  • VF-19改 エクスカリバー 熱気バサラスペシャル - 熱気バサラ専用機。『マクロス7』第5話、第23話においてバサラと同乗し操縦。
  • VF-1J バルキリー - ミリアの愛機。『マクロス7』第15話、バトロイドカーニバル会場における戦闘で搭乗。ミレーヌ搭乗機の中で唯一戦闘を行う。
  • VF-11MAXL改 ミレーヌ専用機 - 通称「ミレーヌバルキリー」。サウンドフォース専用機。『マクロス7』第24話以降。
  • VF-11D改 サンダーボルト - ジャミングバーズ専用機。『マクロス7』第49話、対プロトデビルン最終戦でガムリンと同乗。

制作・備考(ミレーヌ)[編集]

美樹本によればキャラクターのモデルは特になく、髪の色は当初オレンジ系を想定していたという[33]。色に関しては他にもいろいろなパターンが考えられ、緑の髪で左目に星形のフェイスペイントを施した準備稿も存在した[34]。前作のリン・ミンメイよりも中性的な子供らしさを残したデザインで、胸に関しても監督から「小さいほうがいい」との指示があり[19]、美樹本によるデザイン原案でも「ちょっと弱味になる位に」小さめという記述がある[35]。胸のサイズについて劇中では具体的に触れられることはないが、各種メディアや制作者のコメントではしばしば言及される要素である[注 7]

劇中においてほぼ毎回変わるミレーヌの私服は桂がデザインしており、ミレーヌの性格や年齢から、アニメのヒロインによくあるような服装や色気を過剰に強調したような服装は避け、『プチセブン』系の街で見かけられる日常的なファッションを基本としている[39]

アニメ雑誌アニメージュ』第17回アニメグランプリの女性キャラクター部門では第3位を獲得した[40]

ミレーヌの歌唱パートを担当したチエ・カジウラは、『マクロス7』でのデビューで一気にセールスやタイアップがついたことを喜んでいた反面、アニメソング歌手というイメージが定着していくことに本人としては複雑な心境であった。根本にあるアーティスト性を無視し、押しつぶしたメディア側へのメッセージとして『マクロス7』との距離を置くしかなかったようで、『マクロス7』が嫌いというわけではないのだと自身のブログで語っている[41]。 2007年の『マクロス25周年記念ライブ MINMAY meets FIRE BOMBER』出演以降は『マクロス7』関連の仕事をたびたび行っており、2011年(東京ではミレーヌの誕生日となる2月2日、大阪では2月5日)にはイベント『Mylene Night』を開催、声を担当した櫻井智をゲストに招き、初となる「Wミレーヌ」での共演を実現した[42]

レイ・ラブロック[編集]

レイ・ラブロック (Ray Lovelock) は、Fire Bomberのリーダーで、キーボードミュージックアレンジ担当[43][44]。声の出演は菅原正志

口ひげを蓄えた筋骨隆々の男性で、9月30日生まれの自称28歳[45][注 8]。身長187cm、体重82kg[45]。血液型はO型[45]。私服を着ている場面はほとんどなく、プライベートでもステージ衣装を着用した姿で描かれている。

設定・人物像(レイ)[編集]

つねに泰然自若とした性格で、バサラやミレーヌをなだめる場面が多い。バサラに対しては時に厳しく叱りつけることもあり[* 3]、気に入らない仕事を請けようとしないバサラも、レイに諭されると渋々ながら請けることになる[* 22]。趣味は釣り[45]。出身地、特技、好きな食べ物は「?」とされている[45]

かつては統合軍のエリートパイロットで、金龍、親友のステファンとバルキリー部隊「ピンクペッカー」に所属していたが、宇宙歴2030年[* 2]ゼントラーディの残党との交戦中にステファンとともに孤立した際、退避を主張するステファンの反対にもかかわらず攻撃を選んだ結果ステファンが戦死し、責任を感じて軍を退役した[* 13]。ステファンの恋人だった北条アキコを支え励ますものの、自身は心の傷も癒えないまま姿を消す[* 13]。旅先で酒に溺れ自暴自棄になっていた中で、幼いバサラと遭遇し、その歌に可能性を感じたレイは、自らの夢をバサラの歌に託しバンドを結成した[* 13][* 7]

退役後も統合軍とは深いコネクションを持っており、軍の極秘計画「プロジェクトM」にも関与している。バサラに最新鋭機VF-19改を与え、のちにサウンドフォースが結成された際は、レイは隊長としてビヒーダとともにVF-17T改(通称ストームバルキリー)に搭乗することになる。

搭乗機(レイ)[編集]

制作・備考(レイ)[編集]

美樹本の初稿デザインは頼りのなさそうな職人風の中年男性といった雰囲気だが、見当違いということで没案となり、頼りがいのある風貌へと描き直した[46]

ビヒーダ・フィーズ[編集]

ビヒーダ・フィーズ (Veffidas Feaze)は、Fire Bomberのドラム担当。声の出演は高乃麗

マイクローン化した純粋なゼントラーディの女性(メルトラン)で[47]、推定地球人相当年齢は20歳[48]。2m以上の長身で[48]、常人離れした怪力に加え[* 23]、7.2の視力を持つ[* 3]。レイ同様、プライベートでもステージ衣装を着用している。プロフィールのほとんどは不明で[48]、メンバーの中でも特に謎の多い人物とされている。

設定・人物像(ビヒーダ)[編集]

非常に寡黙で、話したいとき、話すべきと思ったとき以外は決して口を開くことがない[49]。その代わりにドラムのスティックで会話ができるとされている[48]。常にスティックを持ち歩き、ところ構わずリズムを取る。

のちに民間協力隊サウンドフォースに所属し、VF-17T改の後席に搭乗することになる。プロトデビルンとの最終決戦では、ドラミングによって歌エネルギーを発現させる。

前身は巨人のストリートファイターで、黒豹と行動を共にしていたこともある[* 24][49]。愛する男ゲーリック(声 - 室園丈裕)と闘い勝利したものの、空しさを感じていたところ[* 25]、幼いバサラの演奏を耳にし、ミュージシャンとしての道を歩み始めるという出会いが描かれている[* 7]。なお、テレビ未放映エピソード「オンステージ」劇中で放映されるテレビ番組「コーヒーブレイク」において制作された再現ドラマでは、大道芸人をしていたとされる。

制作・備考(ビヒーダ)[編集]

初期設定の段階では「ビヒダス」と名付けられていた[50][51]。美樹本によるデザイン原案の初稿はサングラスをかけた女性であるが、これでは弱いと感じ、女子プロレスラーのイメージで描き直した[52]。没案となった初稿デザインは、北条アキコのデザインに流用された[52]

現実での活動[編集]

1994年11月2日、福山芳樹チエ・カジウラがそれぞれシングル「SEVENTH MOON」 (Fire Bomber featuring BASARA NEKKI名義) 「MY FRIENDS」 (Fire Bomber featuring MYLENE JENIUS名義) の同時発売にてデビュー。以降、『マクロス7』アニメ本編の進行に合わせ、作品を発表していく。この時点では、福山とカジウラが歌唱を担当している事実は伏せられていた。また、当時福山とカジウラはレコーディングを別々に行っていた[53][54]

1995年5月21日、ファーストライブ『LET'S FIRE!!』(日本青年館)を行う[55]。その際は林延年(後の神奈延年)と桜井智(後の櫻井智)の二人がメインボーカルを務め、福山、カジウラはアンコールで登場、4人で歌唱するという形であった。このライブで初めて福山とカジウラが「歌バサラ」「歌ミレーヌ」としてその存在を公表される[56]。同年9月5日『LET'S FIRE AGAIN!!』(中野サンプラザ)でも4人のFire Bomberとしてライブを行う[57]

1996年3月12日にはFire Bomberのファーストアルバム『LET'S FIRE!!』で第10回日本ゴールドディスク大賞アニメ部門アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞[58]

本編終了後も1999年までOVA『マクロス ダイナマイト7』や『マクロス7』に関する複数の作品を発表。

2005年5月25日、福山がソロで熱気バサラのトリビュート・アルバム『FUKUYAMA FIRE!!!』を発表。同月29日にはトリビュート・ライブ『FIRE BOMBER 2005 A Tribute to Nekki Basara』を行う。

2007年8月18日、『マクロス25周年記念ライブ MINMAY meets FIRE BOMBER』に福山と、しばらくの間『マクロス7』と距離を置いていた(前述)カジウラが出演[53]。同年、福山は同ライブで共演した神奈と「Wバサラ」としてユニット「福神」を結成[59][60]。12月19日には、カジウラがソロでミレーヌ・ジーナスのトリビュート・アルバム『Gift 25』を発表。12月29日、福山、カジウラの2人で初めて活動。STUDIO COASTにてトリビュート・ライブ『ELECTRIC FIRE 2007 〜Tribute to BASARA & MYLENE〜』を行う。その際は公式にFire Bomberの名前は出していなかった。

2009年、公式に福山、カジウラの2人で「FIRE BOMBER」として活動開始。4月29日には『スーパーロボット魂2009“春の陣”』に福山、カジウラが揃って出演[61]。 10月14日にはシングル「超時空アンセム2009 息をしてる 感じている」に「FIRE BOMBER(福山芳樹&チエ カジウラ)」名義で参加。同日、Fire Bomberの再結成アルバム『Re.FIRE!!』を発売。10月17日、飯島真理May'n中島愛とともに、『マクロス クロスオーバーライブ A.D.2009×45×59』(幕張イベントホール)に出演[62][63]。 11月27日には東京、11月28日には大阪にてFire Bomber単体で『「マクロス7」15周年記念ライブ the revival of Fire Bomber 2009』を行った[64]

2012年11月23日、渋谷公会堂にて「マクロスシリーズ」30周年記念ライブ『FIRE BOMBER 2012』を開催。ゲストに中島愛が出演した[65][66]

2014年10月19日、神奈川県民ホールにて『マクロス7』20周年記念ライブ『FIRE BOMBER 2014 BASARA EXPLOSION』を開催。出演は福山芳樹+F-BAND[67]。スペシャルゲストとしてカジウラと、『マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』に登場するミレーヌの姉、エミリア・ジーナスの歌唱パートを担当した奥土居美可が出演した[68]

歌唱曲[編集]

劇中で使用されている曲はボーカル担当者ごとに使用順、劇中未使用の曲は収録されているディスクの発売順、トラックナンバー順に記している。作詞は記述のない場合、熱気バサラメインおよびソロボーカル曲はK.INOJO、ミレーヌ・ジーナスソロボーカル曲はM.MEG(チエ・カジウラの別名義[41])によるものである。

熱気バサラメイン・デュエット[編集]

ミレーヌとのデュエットバージョン、またはミレーヌのコーラスパートがあるもの。「PLANET DANCE」「HOLY LONELY LIGHT」「LIGHT THE LIGHT」のみ、劇中バサラ不在時はミレーヌがソロで歌うこともある。

『マクロス7』(バサラメイン)[編集]

テレビアニメ『マクロス7』で使用されている曲。

PLANET DANCE
作曲 - 須藤英樹 / 編曲 - 河内淳貴
『マクロス7』第1話からシリーズを通して使用された、Fire Bomberを代表する曲のひとつである。「バンドのオープニングテーマ」[69]という位置づけがなされている。劇中ではこの曲の「Galaxy Fight Version」(アルバム『LET'S FIRE!!』に収録)がFire Bomberのデビュー曲という設定である。
突撃ラブハート
作曲・編曲 - 河内淳貴
『マクロス7』第1話より使用。バサラが初の戦場で歌う曲。アコースティック・ギターバージョンが存在し、こちらはバサラが幼少のころから歌ってきたことが描写されている[* 7]。『マクロスF』第2話でも劇中曲として使用された。『Re.FIRE!!』にはセルフカバー「突撃ラブハート -A.D.2060-」(編曲 - 曽我淳一)を収録。
HOLY LONELY LIGHT
作曲 - 須藤英樹 / 編曲 - 湯川とうべん
『マクロス7』第20話でバサラが連日の徹夜を経て作り第21話から22話にかけてレコーディング、第23話で完成版が流される。サウンドフォース結成後の戦闘シーンにおいてもっとも頻繁に使用されている。
TRY AGAIN
作詞 - K.INOJO、福山恭子 / 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 田中裕千
『マクロス7』第40話より使用。後述する「POWER TO THE DREAM」同様、バサラの歌唱を担当する福山芳樹が制作側の発注とは関係なく持ち込んだ曲である[70]。原曲は福山が当時結成していたバンド・HUMMING BIRDの「FLY AWAY」。アミノはこの曲を聞いた際には「これラスト以外では使えないだろう」と思い、イントロ部分とアウトロ部分は当初隠され、最終話のクライマックスとなる場面でのみ使用されている[70]PlayStation用ゲーム『マクロス デジタルミッション VF-X』のオープニングテーマ曲でもある(同ゲームにFire Bomberは登場しない)。『マクロスF』第17話では劇中曲、『マクロスΔ』第19話ではBGMとして使用されている。
LIGHT THE LIGHT
作曲 - TSUKASA / 編曲 - 田中裕千
日本青年館でのファーストライブ『LET'S FIRE!!』のアンコールで初めて披露された曲。本編では『マクロス7』第41話より使用されている。ストーリーの展開上、ミレーヌがソロで歌う場面が多く見られる。

ラジオドラマ版(バサラメイン)[編集]

ラジオドラマ版で使用されている曲。

HELLO
作曲 - 須藤英樹 / 編曲 - 田中裕千
「GALAXY SONG BATTLE」第10話より使用。
GOOD-BYE
作曲 - 川野美紀 / 編曲 - 田中裕千
『マクロス7 CDシネマ5 GALAXY SONG BATTLE 3』収録のCDシネマ特別付録「熱血!!歌番長バサラ3」にて使用。

『マクロス ダイナマイト7』(バサラメイン)[編集]

OVA『マクロス ダイナマイト7』で使用されている曲。

DYNAMITE EXPLOSION
作詞 - 古屋敏之 / 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - ON-DO
『マクロス ダイナマイト7』のオープニングテーマ曲。本編中では使用されていない。オープニングアニメーションはマクロス7船団所属の「武道艦」において行われたライブという設定である。
PARADE
作曲 - 川野美紀 / 編曲 - ON-DO
『マクロス ダイナマイト7』のエンディングテーマ曲。「DYNAMITE EXPLOSION」同様、本編中での使用はない。

『マクロスアルティメットフロンティア』[編集]

Burning Fire
作詞 - indy / 作曲 - カツキユーナ / 編曲 - カツキユーナ、ソン ルイ、飯塚啓介
PlayStation Portable用ゲーム『マクロスアルティメットフロンティア』の主題歌。『Re.FIRE!!』に収録。

『マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』[編集]

ヴァージンストーリー
作曲・編曲 - COZZi
マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』のエンディングテーマ曲。

劇中未使用(バサラメイン)[編集]

弾丸ソウル
作曲 - イケガミキヨシ(JAZZIDA GRANDE) / 編曲 - ソン ルイ、飯塚啓介
『Re.FIRE!!』に収録。
Song of Eternity
作詞 - indy / 作曲 - ソン ルイ / 編曲 - ソン ルイ、飯塚啓介
『Re.FIRE!!』に収録。
星屑ハイウェイ
作曲 - ソン ルイ / 編曲 - ソン ルイ、飯塚啓介
『Re.FIRE!!』に収録。
MAGIC RHAPSODY
作詞 - ACKO / 作曲 - 永井ルイ / 編曲 - 曽我淳一
『Re.FIRE!!』に収録。

熱気バサラソロ[編集]

「REMEMBER 16」のみ、本編中ではバサラ不在時にミレーヌがソロで歌うこともある。

『マクロス7』(バサラソロ)[編集]

SEVENTH MOON
作曲・編曲 - 河内淳貴
テレビシリーズおよび劇場版『マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』のオープニングテーマ曲。『マクロス7』第17話以降の冒頭ナレーション部分のBGMとしても使用されているが、本編中では一度も使用されていない。
MY SOUL FOR YOU
作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 河内淳貴(通常版)
『マクロス7』第2話でバサラが作曲する場面が描かれ、第3話で完成版を披露。アコースティック・ギターバージョンが存在する。『マクロスF』第17話でも劇中曲として使用されている。
REMEMBER 16
作曲・編曲 - 河内淳貴
劇中では『マクロス7』第17話で完成。劇場版『マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』ではアコースティック・ギターバージョンが使用されている。
SUBMARINE STREET
作曲 - 福田俊哉 / 編曲 - 湯川とうべん
『マクロス7』第29話より使用。この曲自体は番組開始前に作られていたが[注 9]、実際に劇中で使用されたのはシリーズ後半になってからである。バサラが眠りについたプロトデビルンのシビルを起こそうとする場面で用いられているが、監督のアミノテツローによればこれは当初から想定されていたことではなく、その場面用の曲が発注されていたものの、遅れていたためにこの曲を合わせたという[71]
POWER TO THE DREAM
作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 田中裕千
『マクロス7』第33話より使用。「TRY AGAIN」同様福山が自ら持ち込んだ曲であり、アミノはシビルを起こす場面で使用する曲のイメージが固まらずにいた際にこの曲を聞かされ、決定したとしている[72]。原曲はHUMMING BIRDの「まだまにあうさ」。
SPIRAL ANSWER
作曲 - 中村裕介 / 編曲 - 田中裕千
『マクロス7』第45話で使用。

ラジオドラマ版(バサラソロ)[編集]

1.2.3.4.5.6.7 NIGHTS
作曲 - 須藤英樹 / 編曲 - 田中裕千
「Mellow Heart Beat」第1話より使用。VHS / LD / DVD『マクロス7 (12) 』の映像特典「マクロス7ぷらす Let's Bomber!」でも使用されている。
DIAMOND CALLING
作曲 - 川野美紀 / 編曲 - 田中裕千
「Mellow Heart Beat」第3話にて使用。映像特典「マクロス7ぷらす Let's Bomber!」、『マクロス7 CDシネマ3 GALAXY SONG BATTLE 1』収録のCDシネマ特別付録「熱血!!歌番長バサラ1」でも使用されている。
夢の道〜Disillusion
作詞 - 福山恭子 / 作曲・編曲 - 福山芳樹
「Melodious Illusion」第6話にて使用。
LOVE SONG
作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 田中裕千
「GALAXY SONG BATTLE」第9話にて使用。原曲はHUMMING BIRDの「To Heart」。オーダ音楽帝国の国民的歌手で、「悲しみ」の歌を持つラーク・スカイビューティーひとりに向けて作られた曲という設定。
ROCK'N'ROLL FIRE
作曲 - 須藤英樹 / 編曲 - 田中裕千
「GALAXY SONG BATTLE」第9話より使用。Fire Bomber結成時に作られた曲で、テクニックが追い付かずに未発表となっていたという設定。

『マクロス ダイナマイト7』(バサラソロ)[編集]

NEW FRONTIER
作詞 - 石川雅敏 / 作曲 - 河内淳貴 / 編曲 - ON-DO
『マクロス ダイナマイト7』第1話より使用。劇中ではアコースティック・ギターによるバージョンも使用されている。
FEEL UNIVERSE
作詞 - 高柳恋 / 作曲 - Three Cat Night / 編曲 - 中山弘
『マクロス ダイナマイト7』第2話より使用。
WILD LIFE
作曲 - 飯塚昌明 / 編曲 - 中山弘
『マクロス ダイナマイト7』第4話にて使用。

劇中未使用(バサラソロ)[編集]

ON THE WIND
作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 蛭子圭一
『ACOUSTIC FIRE!!』に収録。
NEVER SAY DIE
作詞 - 石川雅敏 / 作曲 - 南部昌江 / 編曲 - ON-DO
『DYNAMITE FIRE!!』に収録。
STARLIGHT DREAM
作詞 - 福山恭子/ 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 島田昌典
『ZZNKQB ZOLA RADIO FIRE!!』に収録。
名もなき果ての街で
作詞・作曲 - 古屋敏之 / 編曲 - 島田昌典
『ZZNKQB ZOLA RADIO FIRE!!』に収録。
I CALL YOUR NAME
作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 永井ルイ
『ULTRA FIRE!! FIRE BOMBER BEST ALBUM』に収録。
原曲はHUMMING BIRDの「Bye Bye! お嬢様」。
DAIMON
作詞 - 福山恭子 / 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - ソン ルイ、飯塚啓介
『Re.FIRE!!』に収録。
ビッグバン
作詞 - 福山恭子 / 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - ソン ルイ、飯塚啓介
『Re.FIRE!!』に収録。
Waiting for you
作詞 - 福山恭子 / 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 伊藤寛之
『Re.FIRE!!』に収録。

ミレーヌ・ジーナスソロ[編集]

『マクロス7』(ミレーヌソロ)[編集]

MY FRIENDS
作曲 - 川野美紀 / 編曲 - 河内淳貴
テレビシリーズの第1期エンディングテーマ曲。「SEVENTH MOON」とは違い、本編中でも第1話より使用されている。
SWEET FANTASY
作曲 - 大槻啓之 / 編曲 - 湯川とうべん
『マクロス7』第9話より使用。劇中ではデビュー曲の「PLANET DANCE」に次ぐ2ndシングルという位置づけであり、プラネット・チャート初登場2位を獲得したという設定。
PILLOW DREAM
作曲 - 出雲麻紀子 / 編曲 - 湯川とうべん
『マクロス7』第26話より使用。テレビシリーズで使用された曲の中では最もCD収録が遅く、『MUSIC SELECTION FROM GALAXY NETWORK CHART VOL.2』に初収録となった。
君に届け→
作曲 - M.Project / 編曲 - 山田貢司
『マクロス7』第35話より使用され始めた曲で、ステージ上や戦場で歌う場面はなく、特定の誰かに向けて歌う場面がほとんどである。
fall
作曲 - M.Project / 編曲 - 山田貢司
『マクロス7』第36話にてアカペラ(歌唱は桜井智[73])、第41話でイントロ部分のみ使用。ラジオドラマ版でも使用されている。

ラジオドラマ版(ミレーヌソロ)[編集]

恋のマホウ
作曲 - 湯川とうべん / 編曲 - M.Project
「GALAXY SONG BATTLE」第9話にて使用。『マクロス ダイナマイト7』第2話でも使用されている。

『マクロス ダイナマイト7』(ミレーヌソロ)[編集]

GO(自由な唄)
作曲 - 川野美紀 / 編曲 - 田中裕千
『マクロス ダイナマイト7』第1話より使用。

劇中未使用(ミレーヌソロ)[編集]

LOVE IT
作曲 - M.Project / 編曲 - 山田貢司
『LET'S FIRE!!』に収録。『Re.FIRE!!』には「LOVE IT -A.D.2060-」(編曲 - 杉本恭一)を収録。
LOVE SONG
作曲・編曲 - 田中裕千
『DYNAMITE FIRE!!』に収録。バサラの「LOVE SONG」とはまったく別の曲である。
Ready GO.
作詞 - Chie Kajiura / 作曲 - 今野潤一 / 編曲 - 杉本恭一
『Re.FIRE!!』に収録。
PLASTICS
作詞 - Chie Kajiura / 作曲・編曲 - 杉本恭一
『Re.FIRE!!』に収録。

他名義[編集]

EMILIA with BASARA NEKKI名義 [編集]

マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』に登場するエミリア・ジーナス(歌 - 奥土居美可)とバサラのデュエット曲。

HEART & SOUL
作詞 - K.INOJO / 作曲 - 川野美紀 / 編曲 - 田中裕千
『マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』の主題歌。バサラとエミリアがプロトデビルンに対抗する場面で使用。CDシングル「HEART & SOUL」、アルバム『マクロス ソング・コレクション 2002』に収録。

熱気バサラ名義[編集]

熱気バサラ個人名義の曲。Fire Bomber名義の曲のアコースティック・バージョンも「熱気バサラ」または「BASARA NEKKI」名義となっている。

ANGEL VOICE
作詞 - K.INOJO / 作曲・編曲 - 菅野よう子
『マクロス ダイナマイト7』第4話、銀河クジラとのセッションを成功させる場面にて使用。初収録は『ZZNKQB ZOLA RADIO FIRE!!』。

熱気バサラ・エルマ名義[編集]

バサラと、『マクロス ダイナマイト7』に登場するエルマ・ホイリー(歌 - 阪口あや)のデュエット曲。本編では使用されておらず、CDアルバム『ZZNKQB ZOLA RADIO FIRE!!』に3曲が収録されている。Fire Bomberの曲をもとにアレンジを加えたもの。

夢の道〜ON THE ZOLA ROAD
作詞 - 福山恭子 / 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 野崎圭一
MY SOUL FOR YOU〜ZOLA DREAMIN'
作詞 - K.INOJO / 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - 蛭子圭一
PLANET DANCE IN ZOLA
作詞 - K.INOJO・アミノテツロー / 作曲 - 須藤英樹 / 編曲 - 河内淳貴・野崎圭一

桜井智名義[編集]

Mylene Jenius sings Lynn Minmay
ミレーヌによるリン・ミンメイのカバーアルバムという設定で、1995年に発売されたCDアルバム。歌唱は桜井智が担当。原曲の詳細については「リン・ミンメイ#歌唱曲」を参照。「愛・おぼえていますか」はテレビ未放映エピソード「最強女の艦隊」で使用されている。アルバムに先行して本編第11話でミレーヌが「私の彼はパイロット」を歌うシーンでは、チエ・カジウラが歌ったバージョンが使用されている[74]
  • 愛・おぼえていますか(編曲 - 保刈久明
  • 0-G LOVE(編曲 - 保刈久明)
  • SUNSET BEACH(編曲 - 吉良知彦
  • マイ・ビューティフル・プレイス(編曲 - 吉良知彦)
  • 小白竜(シャオパイロン、編曲 - 保刈久明)
  • やさしさSAYONARA(編曲 - 吉良知彦)
  • 私の彼はパイロット(編曲 - 保刈久明)
  • シルバームーン・レッドムーン(編曲 - 吉良知彦)
  • 愛は流れる(編曲 - 保刈久明)
  • あなたへのLOVE SONG(作詞・作曲 - 飯島真理 / 編曲 - 保刈久明)
Friends〜時空を超えて
超時空要塞マクロス』放映15周年記念企画として1997年に発売された、リン・ミンメイとミレーヌの時空を超えたデュエット曲という設定のシングルCD。こちらも歌唱は桜井智が担当している。

チエ・カジウラ名義[編集]

…だけど ベイビー!!
作詞 - Chie / 作曲・編曲 - 太田要
『マクロス7』第35話以降のエンディングテーマ曲。ミレーヌの歌という設定ではなくチエ・カジウラ名義で出されており、本編中での使用もない。ただし、『SECOND FIRE!!』をはじめとするFire Bomber名義のアルバムにはたびたび収録されており、漫画『マクロス ダイナマイト7 ミレーヌビート』ではミレーヌが歌う場面がある。

シェリル・ノーム starring May'n、ランカ・リー=中島愛、FIRE BOMBER名義[編集]

娘々FIRE!! 〜突撃プラネットエクスプロージョン
作詞 - K.INOJO、古屋敏之 / 作曲 - 河内淳貴、須藤英樹、福山芳樹 / 編曲 - CHOKKAKU
マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』の主題歌。「突撃ラブハート」「PLANET DANCE」「DYMAMITE EXPLOSION」のメドレー。同映画のラストで『マクロスF』のヒロイン、シェリル・ノームランカ・リーによるFIRE BOMBERとのコラボレーションライブで歌われる。

ディスコグラフィー[編集]

タイトル横の括弧内はディスクの名義。

シングル[編集]

SEVENTH MOON (Fire Bomber featuring BASARA NEKKI)
1994年11月2日発売
カップリング曲として「MY SOUL FOR YOU」、熱気バサラへのインタビューも収録されている。
MY FRIENDS (Fire Bomber featuring MYLENE JENIUS)
1994年11月2日発売
カップリング曲に「SWEET FANTASY」、ミレーヌ・ジーナスへのインタビューを収録。
HEART & SOUL (EMILIA with BASARA NEKKI)
1995年10月4日発売
劇場版『マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』の主題歌。カップリング曲に「FLASH IN THE DARK」 (EMILIA) と「REMEMBER 16 (Acoustic Version)」 (BASARA NEKKI) を収録。
DYNAMITE EXPLOSION (Fire Bomber)
1997年12月17日発売
マクロス ダイナマイト7』の主題歌。カップリング曲にエンディングテーマ曲の「PARADE」、両曲のオフヴォーカル版を収録。初回出荷分では誤植によりバサラの名前が「BASARA KEKKI」となっており、後に非売品ドラマCDの『MACROSS DYNAMITE 7 Fire Bomber GALAXY FUN NET』でこのことを笑い話としている。
超時空アンセム2009 息をしてる 感じている (飯島真理、FIRE BOMBER、May'n中島愛
2009年10月14日発売
特定の作品の主題歌や挿入歌ではなく、作品世界でマクロスが進宙したという設定の2009年を記念して歴代の歌手が集結して作られた曲。
娘々FIRE!! 〜突撃プラネットエクスプロージョン / ヴァージンストーリー (シェリル・ノーム starring May'n、ランカ・リー=中島愛、FIRE BOMBER)
2012年10月24日発売
マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』の主題歌。

アルバム[編集]

以下に紹介するアルバムの多くは、作品世界内でリリースされたものであるという設定がなされている[2]

MUSIC SELECTION FROM GALAXY NETWORK CHART
1995年1月21日発売
テレビシリーズ序盤で使用されたFire Bomberの楽曲を中心に、アリス・ホリディ、フラスチャカヤ、POWER OF TOWERら劇中に登場するミュージシャンの楽曲を併せて収録したコンピレーション・アルバム。作品世界では2045年4月にリリースされたという設定[2]
Mylene Jenius sings Lynn Minmay (桜井智)
1995年5月3日発売
ボーカル担当のミレーヌ・ジーナスがリン・ミンメイの曲をカバーしたという設定の企画アルバム。歌唱はチエ・カジウラではなく声の演技を担当した桜井智(後の櫻井智)が担当、アルバム名義も桜井智。ミンメイの代表的な楽曲に加え、飯島真理が作詞・作曲した「あなたへのLOVE SONG」が収録されている。作品世界では2045年5月にリリースされたという設定[2]
LET'S FIRE!! (FIRE BOMBER)
1995年6月7日発売
Fire Bomberのファースト・アルバムで、テレビシリーズ序盤から中盤にかけて使用された楽曲を収録している。「PLANET DANCE」「突撃ラブハート」のデュエット・バージョンのほか「MY SOUL FOR YOU」のアコースティック・バージョン(劇中未使用)、ボーナストラックとして「SEVENTH MOON」のテレビサイズバージョン、「PLANET DANCE(Galaxy Fight Version)」(テレビシリーズ第8話で録音されたノイズ交じりのバージョン)も収録。作品世界では2045年6月にリリースされたという設定[2]。第10回日本ゴールドディスク大賞アニメ部門アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞。
LIVE FIRE!! (Fire Bomber)
1995年8月23日発売
1995年5月21日に日本青年館で行われたライブ『LET'S FIRE!!』の模様を収録したミニアルバム。歌唱はバサラとミレーヌの声の演技を担当した林延年(後の神奈延年)と桜井智(後の櫻井智)。アンコールの「LIGHT THE LIGHT」で本編歌唱担当の福山、カジウラが登場する。
SECOND FIRE!! (FIRE BOMBER)
1995年10月21日発売
Fire Bomberのセカンド・アルバム。テレビシリーズの中盤から終盤、およびラジオドラマ版(『CDシネマ1』『CDシネマ2』収録分)で使用された楽曲を収録している。作品世界では2046年3月にリリースされたという設定[2]
卡拉OK FIRE!! Fire Bomber ORIGINAL KARAOKE
1995年12月16日発売
Fire Bomberの代表的な楽曲のオフヴォーカルカラオケ)・バージョンを収録。各曲の楽譜と「PLANET DANCE」「HOLY LONELY LIGHT」のバンドスコア付き。
MUSIC SELECTION FROM GALAXY NETWORK CHART VOL.2
1996年3月23日発売
ラジオドラマ版(『CDシネマ3』以降収録分)で使用されたFire Bomberの新曲を中心に、ラーク・スカイビューティー、パンサー・レオポード・タンクらラジオドラマ版オリジナルの登場人物が歌う曲のほか、テレビシリーズで使用されていながらこれまで収録されなかったミレーヌの「PILLOW DREAM」も収録されたコンピレーション・アルバム第2弾。作品世界では2046年9月にリリースされたという設定[2]
ACOUSTIC FIRE!! (FIRE BOMBER)
1996年10月23日発売
Fire Bomberの代表曲をアコースティック楽器でアレンジしたセルフカバーのアンプラグド・アルバム。新曲「ON THE WIND」も収録されている。作品世界では2046年7月にリリースされたという設定[2]
DYNAMITE FIRE!! (Fire Bomber)
1998年1月21日発売
Fire Bomberのサード・アルバム。『マクロス ダイナマイト7』で使用された楽曲と『MUSIC SELECTION FROM GALAXY NETWORK CHART VOL.2』からの一部再録で構成されている。作品世界では2047年4月にリリースされたという設定[2]
ENGLISH FIRE!! (Fire Bomber American)
1998年2月21日発売
Fire Bomberのコピーバンド「Fire Bomber American」による英語歌詞の楽曲を収録。一部は『マクロス ダイナマイト7』劇中で使用されている。作品世界では2046年12月にリリースされたという設定で[2]、このバンドはリン・カイフンを名乗る人物がマクロス11船団のシティ11でプロデュースし、Fire Bomberの方こそがコピーであると主張している。
ZZNKQB ZOLA RADIO FIRE!!
1998年9月2日発売
惑星ゾラで放送されるラジオ番組という体裁をとっており、『DYNAMITE FIRE!!』未収録の「ANGEL VOICE」のほか、マリア(川野美紀)の「水のような愛のような」、エルマ・ホイリー阪口あや)が歌う「エルマのプラネットダンス」やバサラとエルマのデュエット曲、劇中のラジオドラマ「ゾミオとゾリエット」、Fire Bomberの新曲「STARLIGHT DREAM」「名もなき果ての町で」などを収録している。作品世界では2047年5月にリリースされたという設定[2]
ULTRA FIRE!! FIRE BOMBER BEST ALBUM
1999年4月7日発売
Fire Bomberのベスト・アルバム。新曲「I CALL YOUR NAME」も併せて収録されている。
Re.FIRE!! (FIRE BOMBER)
2009年10月14日発売
2060年、バサラが放浪の旅に出て以来13年ぶりにリリースされた新作で、いまだマクロス7船団に帰っていないバサラだけは銀河ネットワークの回線を通して参加したという設定[6]。PSP用ゲームソフト『マクロスアルティメットフロンティア』の主題歌「Burning Fire」とセルフカバー2曲を含む全12曲を収録。

トリビュート・アルバム[編集]

FUKUYAMA FIRE!!! 〜A Tribute to Nekki Basara〜
2005年5月25日ジェネオン・エンタテインメントより発売
熱気バサラの歌を担当した福山芳樹によるトリビュート・アルバム
Gift 25 〜A Tribute to Mylene Jenius〜
2007年12月19日、ジェネオン・エンタテインメントより発売
ミレーヌ・ジーナスの歌を担当したチエ・カジウラによるトリビュート・アルバム。

トリビュート・ライブDVD[編集]

Yoshiki Fukuyama FIRE BOMBER 2005 A Tribute to Nekki Basara
2005年7月31日、スリーナイン・エンタテインメントより発売
2005年5月29日にSTUDIO COASTで行われた福山芳樹によるトリビュート・ライブ『FIRE BOMBER 2005 A Tribute to Nekki Basara』を収録。
ELECTRIC FIRE 2007 〜Tribute to BASARA & MYLENE〜 
2008年4月16日、ジェネオン・エンタテインメントより発売
2007年12月29日にSTUDIO COASTで行われたトリビュート・ライブ『ELECTRIC FIRE 2007』を収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 生年は『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』20頁では2025年とされている。
  2. ^ マクロスエース』連載の漫画『マクロス7thコード』では、『マクロス7』の7年後、シティ7に帰還した際に新生サウンドフォースのアドバイザーを務めることになる。
  3. ^ 『マクロス7』シリーズ構成富田祐弘は、「バサラはこれまで“歌”に集中するあまり、女の子に夢中になるなんてこともなかったんだと思います。おそらく無意識に無視してきたんでしょう。まだ種族保存の本能にめざめていないのかもしれません(笑)[10]」と述べている。
  4. ^ テレビCMはVHS/LD/DVD『マクロス7 (1) 』に映像特典の一部として収録されている。テレビCMの決め台詞は「2045(ニイ ゼロ ヨン ゴウ)銀河よ 俺の歌を聞け![11]」。
  5. ^ 第35話のみ応募作ではなく「俺の歌を聞け」。第36話の本放送はプレゼントの告知が入ったため、次回予告がカットされた[15](映像ソフトには収録)。
  6. ^ 劇中では「ミレーヌ・ジーナス」または「ミレーヌ・F(エフ)・ジーナス」と呼ばれる。
  7. ^ 胸が小さいことを気にしているとされ[36]、アリス・ホリディへの憧れやレックスへの感情も、彼女らの胸のサイズが大きいことに由来することがほのめかされている[37]。また河森は、ジャミングバーズチトセ・リップルの胸が大きいのは「ミレーヌとの対比」であると述べている[38]
  8. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』に記されている、登場人物の一人ジャネット・ジョンソンが書いたという設定の文章(13頁、河森正治作)の中には「どう見ても40代の自称28歳のおっさん」という記述があり、同書47頁の「FIRE BOMBER Q&A」でも、軍を辞めバサラと出会ったのが「15〜16年は前」だというレイの発言に対してインタビュアーが年齢に疑問を呈し、レイがごまかすというやりとりが記されている。なお、『マクロス7』放映中に出版された『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』24頁では「自称」は付かずに「28歳」とされており、同書58頁のインタビュー記事でもキャラクター原案の美樹本晴彦がレイの年齢を「28」としている。
  9. ^ 番組開始前の特別番組『マクロス最速発進!!』においてBGMとして使用されている。

出典[編集]

  1. ^ 「ヒストリーシート Fire Bomber」『マクロス・クロニクル No.10』2008年、23頁 / 『週刊 マクロス・クロニクル 新訂版 No.03』2013年、15頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s CDアルバム『ULTRA FIRE!! FIRE BOMBER BEST ALBUM』付属ブックレット「Fire Bomber Official fan book」。
  3. ^ Fire Bomber - ORICON STYLE - ウェイバックマシン(2013年5月9日アーカイブ分)
  4. ^ a b c d 「キャラクターシート 熱気バサラ」『マクロス・クロニクル No.03』2008年、10頁。
  5. ^ VHS / LD『マクロス7 (13) 』ライナーノート「マクロス7にまつわる"7"の謎」。ミレーヌはFire Bomber 7番目のメンバーである。
  6. ^ a b c CDアルバム『Re.FIRE!!』ブックレット。
  7. ^ a b c d e f CDシングル「SEVENTH MOON」ジャケット裏、『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』18頁。
  8. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』22頁。
  9. ^ a b c d e f g h VHS/LD『マクロス7 1』ライナーノート
  10. ^ a b アニメージュ』1995年8月号、38頁。
  11. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』82頁。
  12. ^ a b c 『アニメージュ』1995年2月号、23頁。
  13. ^ 『アニメージュ』1995年6月号、24頁。
  14. ^ a b 『アニメージュ』1995年6月号、26頁。
  15. ^ 『アニメージュ』1995年9月号、206頁。
  16. ^ DVD / Blu-ray Disc『マクロスF (1) 』ライナーノート バンダイビジュアル、2008年。
  17. ^ a b c 河合宏之 「対談 河森正治×アミノテツロ」『マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』パンフレット。
  18. ^ 「スタッフ・インタビュー2 監督 アミノテツロー」『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』55頁。
  19. ^ a b 『アニメージュ』1994年10月号、25頁。
  20. ^ a b c 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』59頁。
  21. ^ 『アニメージュ』1995年5月号、44-45頁。『幽☆遊☆白書』の蔵馬に次ぐ。
  22. ^ 『アニメージュ』1996年5月号、32-33頁。『新機動戦記ガンダムW』のデュオ・マックスウェル、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジ、『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイに次ぐ。
  23. ^ a b c d e f g h CDシングル「MY FRIENDS」ジャケット裏、および『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』24頁。
  24. ^ a b c d 『ミス マクロス7』92頁。
  25. ^ a b 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』43頁。
  26. ^ 『ミス マクロス7』94頁。
  27. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』29頁。
  28. ^ 『ミス マクロス7』95頁。
  29. ^ 『ミス マクロス7』93頁。
  30. ^ 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』79頁。
  31. ^ 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』34頁。
  32. ^ 「音の達人たち 第5回 蔭山満」『アニメージュ』1995年7月号、107頁。
  33. ^ 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』61頁。
  34. ^ 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』69頁。
  35. ^ 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』75頁。
  36. ^ マクロス7 ドッキングフェスティバル 歌は銀河を救う』付属ブックレット。
  37. ^ 『ミス マクロス7』92頁、96頁。
  38. ^ 『アニメージュ』1995年7月号、8頁。
  39. ^ 『ミス マクロス7』68頁。
  40. ^ 『アニメージュ』1995年5月号、徳間書店、42 - 43頁。『美少女戦士セーラームーンS』の天王はるかOVAああっ女神さまっ』のベルダンディーに次ぐ。
  41. ^ a b マクロス7 - Boyaki(チエ・カジウラ公式ブログ) - ウェイバックマシン(2013年11月4日アーカイブ分)
  42. ^ マクロスエース Vol.007』角川書店、2010年、108 - 109頁。
  43. ^ 『THIS IS ANIMATION SPECIAL マクロス7』24頁。
  44. ^ 『マクロスプラス MOVIE EDITION』『マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』劇場パンフレット(1995年)の「MAIN CHARACTORS」。
  45. ^ a b c d e 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』34頁。
  46. ^ 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』60頁。
  47. ^ 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』25頁。
  48. ^ a b c d 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』30頁
  49. ^ a b 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』45頁。
  50. ^ 『マクロス7 設定資料集』 MOVIC
  51. ^ 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』91頁、92頁。
  52. ^ a b 『THIS IS ANIMATION Special マクロス7』60頁。
  53. ^ a b 福山芳樹 (2007年8月18日). “日本青年館 マクロス25周年記念ライブ”. 福山芳樹 Official Website. 2016年10月16日閲覧。
  54. ^ Q&A:チエ・カジウラ 『マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!』パンフレット ビックウエスト、2012年。
  55. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』91頁。
  56. ^ 『アニメージュ』1995年7月号、10頁。
  57. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』95頁。
  58. ^ 第10回日本ゴールドディスク大賞・授賞作品 / アーティスト - ウェイバックマシン(2015年9月19日アーカイブ分)
  59. ^ 福神”. three nine entertainment WEB SITE. 2016年10月16日閲覧。
  60. ^ 『マクロス7』から“Wバサラ”福山芳樹さん&神奈延年さんのユニット・福神のファーストミニアルバムが12月24日リリース!約1年ぶりのライブツアーも決定”. アニメイトタイムズ (2008年12月17日). 2016年10月16日閲覧。
  61. ^ 史上初、女性出演者のほうが多いスパロボ魂ライブ!『スーパーロボット魂 2009“春の陣”』がお台場・Zepp Tokyoで開催!その模様をレポート”. アニメイトタイムズ (2009年5月20日). 2016年10月16日閲覧。
  62. ^ 飯島真理や中島愛ら参加!「マクロス」超時空イベント第2弾が10月に開催決定”. CDJournal (2009年7月15日). 2016年10月16日閲覧。
  63. ^ 「グッズシート マクロス クロスオーバーライブ A.D.2009×45×59」『マクロス・クロニクル No.40』2010年、31 - 32頁 / 『週刊 マクロス・クロニクル 新訂版 No.04』2013年、29 - 30頁。
  64. ^ 「マクロス7」15周年記念ライブ The Revival of Fire Bomber 2009 開催決定”. 最新アニメ情報 (2009年8月24日). 2016年10月16日閲覧。
  65. ^ マクロスシリーズ30周年でFIRE BOMBERが3年ぶり渋公ライブ!福山芳樹とチエカジウラのパワフルプレイに中島愛も加わった大興奮の模様をご紹介”. アニメイトタイムズ (2012年11月26日). 2016年10月16日閲覧。
  66. ^ 『マクロス7』のFIRE BOMBERが3年ぶりのライブを開催! 中島愛もゲスト出演!!”. リスアニ! WEB (2012年11月26日). 2016年10月16日閲覧。
  67. ^ FIRE BOMBER 2014 BASARA EXPLOSION”. マクロスポータルサイト (2014年10月17日). 2016年10月16日閲覧。
  68. ^ 福山芳樹 (2014年10月19日). “FIRE BOMBER 2014 BASARA EXPLOSION 神奈川県民ホール”. 福山芳樹 Official Website. 2016年10月16日閲覧。
  69. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』75頁。
  70. ^ a b 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』74頁。
  71. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』76頁。
  72. ^ 『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』72頁。
  73. ^ 「エピソードシート マクロス7 第36話「男たちの熱歌」」『週刊 マクロス・クロニクル 新訂版 No.55』2014年、21頁。
  74. ^ 「エピソードシート マクロス7 第11話「ミンメイビデオ」」『週刊 マクロス・クロニクル 新訂版 No.18』2013年、23頁。

作品内[編集]

  1. ^ a b 『マクロス7』第3話「ファイアースクランブル」。
  2. ^ a b 富田祐弘 「明日へファイアー! ファイアーボンバー音楽活動秘話」『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』59頁。『マクロス7』テレビ未放映話「オンステージ」劇中の再現ドラマでも同様。
  3. ^ a b c d e f g 『マクロス7』第9話「エンジェルナイト」。
  4. ^ a b 『マクロス7』第14話「戦う女市長ミリア」。
  5. ^ VHS/LD/DVD『マクロス7 (2) 』映像特典「マクロス7ぷらす 突撃あこーすてぃっくラブハート」
  6. ^ a b 『マクロス7』第49話「銀河に響く歌声」。
  7. ^ a b c d 『マクロス7』テレビ未放映話「オン ステージ」。
  8. ^ 『マクロス7』第18話「おちていく小悪魔」冒頭ナレーション。
  9. ^ 『マクロス7』第2話「スピリチアレベル」。
  10. ^ 『マクロス7』第18話「おちていく小悪魔」。
  11. ^ a b 『マクロス7』第25話「深夜のデュエット」。
  12. ^ 『マクロス7』第5話「スピリットギャル」、第6話「ファーストコンタクト」。
  13. ^ a b c d 『マクロス7』第10話「ディープバラード」。
  14. ^ 『マクロス7』第30話「三角関係の公式」。
  15. ^ 『マクロス7』第1話「スピーカーポッド」ほか。
  16. ^ a b 『マクロス7』第5話「スピリットギャル」。
  17. ^ 『マクロス7』第15話「乙女のジェラシー」。
  18. ^ 『マクロス7』第31話「熱愛スキャンダル」。
  19. ^ a b 『マクロス7』第35話「ふたりだけの夜」。
  20. ^ 『マクロス7』第48話「ミレーヌ涙の熱唱」。
  21. ^ VHS/LD/DVD『マクロス7 9』映像特典「マクロス7ぷらす グババの惑星」
  22. ^ 『マクロス7』第11話「ミンメイビデオ」など。
  23. ^ 『マクロス7』第45話「野望の第4惑星」。軍人の男性4人がかりでも開かない扉を一人でこじ開ける場面がある。
  24. ^ VHS/LD/DVD『マクロス7』第3巻映像特典「マクロス7ぷらす 大道格闘士 美比夷陀 不火洲」
  25. ^ 富田祐弘 「明日へファイアー! ファイアーボンバー音楽活動秘話」『FIRE BOMBER 公式プログラム in マクロス7』61頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]