熱機関の理論サイクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熱機関の理論サイクル(ねつきかんのりろんサイクル)は、 熱機関の作業物質が行うサイクル(一巡して元に戻る状態変化)を 単純化・理想化したサイクルのことであり、 一部を除いて可逆サイクルである。 実際の熱機関のサイクルは多少なりとも不可逆変化を伴っており、 ここで扱う理論サイクルとは異なっているが、 理論サイクルは熱機関の原理的理解や基本設計には必要なものである。

熱機関と逆の動作をする冷凍機のサイクルは、 熱機関のサイクルを逆に動作させたものと考えることができ、 ここでは、冷凍機の理論サイクルも含めて扱う。

理想的熱機関のサイクル[編集]

外燃機関の理論サイクル[編集]

内燃機関の理論サイクル[編集]

内燃機関の実際のサイクルは、作業物質自身の燃焼、組成変化、排気の残留、成分の解離・結合、弁の開閉等のために、かなり複雑なものとなる。 このため、これを次のように単純化理想化したサイクル(空気標準サイクル)を考える [1]

  1. 動作物質は純粋な空気とする。
  2. 空気は理想気体とし、比熱は一定(狭義の理想気体)とする。
  3. 閉じたサイクル(クローズドサイクル)を行い、燃焼と排気・吸気に代えて外部熱源との間で熱の授受を行う(外燃式)。
  4. 変化は全て可逆的に行われるものとする。

以下のサイクルは、この仮定に基づいた空気標準サイクルである。

冷凍機の理論サイクル[編集]

参考文献[編集]

  • 佐藤俊、国友孟、熱力学、丸善
  1. ^ 柘植盛男、『機械熱力学』(1967)、朝倉書店 ISBN 3053-230304-0032

関連項目[編集]