熊野英昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

熊野 英昭(くまの ひであき、1937年(昭和12年)9月3日 - 2004年(平成16年)12月30日)は、日本官僚。元通商産業事務次官広島県出身。

来歴[編集]

東京大学経済学部卒業後、通商産業省入省。貿易局長大臣官房長、機械情報産業局長、産業政策局長を歴任し、1993年(平成5年)6月から1994年(平成6年)12月まで通商産業事務次官を務める。

退官後は、東京中小企業投資育成社長を務めた。死後、正四位に叙され、瑞宝重光章を授けられた。

略歴[編集]