熊谷直国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

熊谷 直国(くまがい なおくに、生年不詳 - 承久3年6月13日[1]1221年7月4日))は鎌倉時代前期の御家人。父は熊谷直家[1]。子に熊谷直時[1]熊谷祐直[1]。弟に三河熊谷氏の祖となった熊谷直重高力氏祖)、陸奥熊谷氏の祖となった熊谷直宗。通称は二郎[1]、平内左衛門尉[1]、法名は妙直[1]。官途は備中守。初名は直輔[1]

生涯[編集]

熊谷直家の子として生まれる。成長後、鎌倉御家人として遇され、 承久3年(1221年)の承久の乱では、主力の1人として戦闘に参加。同年6月13日の宇治川の戦いで後鳥羽上皇側の名将・山田重忠と戦って討死した。この時の戦功により、息子の直時に安芸国三入荘が与えられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 今井尭ほか編 1984, p. 335.

参考文献[編集]

関連項目[編集]