熊川好生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

熊川 好生(くまかわ よしお、1932年7月10日 - 2002年2月15日)は、日本の政治家。浦安町長を経て、初代浦安市長を務めた。

略歴・人物[編集]

千葉県東葛飾郡浦安町(現・浦安市)出身。1951年東京都立両国高等学校卒業。浦安町役場職員を経て1969年から浦安町長(2期)、1981年市制施行後の浦安市にて1998年9月28日まで連続8期・29年、初代市長を務めた。東京ディズニーランドの誘致を始めとした数多くの政策を打ち出した。所在地をマイアミに擬え舞浜と命名した。

ディズニーランド誘致[編集]

  • 熊川町長はハマグリ等の養殖場であった三角州を1坪700円でオリエンタルランドに売り出した。これには漁民の反対なども多かったので、期待とプレッシャーの中、アメリカのウォルト・ディズニー・プロダクション (WDP) の首脳と会談。浦安市民・オリエンタルランド社代表のグループは、WDP会長であるドン・テイタム会長に、当時の千葉県知事であった川上紀一知事からの「私は県民450万人を代表し、ここに貴社の浦安進出を切に願望するものである」という文書を手渡し、何度とない会談の上で、ドン・テイタム会長から「浦安を世界に輝く観光都市にしましょう」との返事を貰うことに成功した。

埋め立て[編集]

  • この8期間に浦安は海の孤島から飛躍的進歩を遂げた。浦安市は以前今の面積の3分の1もなかったが、熊川市長の埋め立て計画により、現在、中町・新町が出来た。

辞任・死去[編集]

公職
先代:
岡島多三郎
Former Urayasu Chiba chapter.jpg 浦安町長
第?代:1969年 - 1981年
次代:
(市制移行)
先代:
(市制移行)
Emblem of Urayasu, Chiba.svg 浦安市長
初代:1981年 - 1998年
次代:
松崎秀樹