熊﨑勝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊崎勝彦から転送)
くまざき かつひこ
熊﨑 勝彦
生誕 (1942-01-24) 1942年1月24日
日本の旗 日本岐阜県益田郡萩原町(現・下呂市
死没 (2022-05-13) 2022年5月13日(80歳没)
日本の旗 日本東京都
死因心不全
国籍日本の旗 日本
出身校明治大学法学部
職業検察官弁護士
肩書き第13代日本プロ野球コミッショナー
任期2014年1月1日 - 2017年11月27日
前任者加藤良三
後任者斉藤惇
栄誉従三位
瑞宝重光章

熊﨑 勝彦(くまざき かつひこ、1942年昭和17年〉1月24日 - 2022年令和4年〉5月13日)は、日本の検察官弁護士第一東京弁護士会)。最高検察庁公安部長、東京地方検察庁特別捜査部長(東京地検特捜部長)、第13代日本野球機構コミッショナーを歴任した。位階勲等従三位瑞宝重光章

人物[編集]

1942年(昭和17年)1月24日岐阜県益田郡萩原町(現・下呂市)出身。岐阜県立益田高等学校(現・岐阜県立益田清風高等学校)、明治大学法学部を経て、旧司法試験に合格。1972年30歳で検事任官。同期に大林宏(元検事総長)、横田尤孝最高裁判所裁判官)、中尾巧(元大阪高等検察庁検事長)、三井環(元大阪高等検察庁公安部長)などがいる。森本宏(東京地方検察庁特捜部長)は高校の後輩[1]

横浜地方検察庁時代には検察官として藤沢市母娘ら5人殺害事件(1981年 - 1982年に発生・警察庁広域重要指定112号事件)の被告人(2007年12月に死刑執行)を取り調べたほか[2]東京地検特捜部部長時代は上司の次席検事・石川達紘らと共に金丸信巨額脱税事件ゼネコン汚職事件大蔵省接待汚職事件に関わった。「取り調べは人格と人格が対峙する真剣勝負」と語り、被疑者などの信用を得て自供を引き出す手腕から「落としの熊さん」「割り屋」と呼ばれた[3]。一方で思いやりも深く、ゼネコン汚職事件で一時連絡がとれなくなった関係者が無事と知った時は「よかった」と同僚に抱きついたこともある[3]

退官後は弁護士(いわゆる「ヤメ検」)。『発掘!あるある大事典#データ捏造問題』捏造問題では社外調査委員会委員長を務めた。

時代劇に出たい」と方々で言い続けていたところ、2008年1月6日放送のテレビ朝日系列『天と地と』で役者デビューを果たした。新発田長敦役として30秒近い長台詞もこなしている[4]

2013年(平成25年)春の叙勲で瑞宝重光章を受章[5]

日本野球機構(NPB)にてコミッショナー顧問及び年俸調停委員会委員長を務め[6]、2014年1月1日より日本プロ野球コミッショナーに就任すると共に[7]野球殿堂博物館理事長に就任している[8]統一球の仕様変更の公表遅れによる混乱の引責での前任コミッショナーの辞任を受けての就任であり、NPB事務局長の井原敦によると「火中の栗を拾う」を決意を語っていたという[3]

2017年11月26日、任期満了によりプロ野球コミッショナーを退任し、新コミッショナーには斉藤惇が就任。自身はコミッショナー顧問に就任した[9]

2019年11月、世界野球ソフトボール連盟より栄誉勲章を贈られる[10]

2022年(令和4年)5月13日、心不全のため死去[11]。80歳没。死没日付をもって従三位に叙される[12]

略歴[編集]

著作[編集]

  • 熊﨑勝彦鎌田靖 『伝説の特捜検事が語る 平成重大事件の深層』中央公論新社中公新書ラクレ 674〉 (原著2020年1月8日)。ISBN 978-4121506740 

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「秋元司議員逮捕で脚光 東京地検の“エース中のエース”森本特捜部長のウソのようなホントの話」ニコニコニュース
  2. ^ 読売新聞』朝刊1982年10月13日第14版神奈川版横浜読売地域面21面「残忍犯行生々しく 冒頭陳述要旨」
  3. ^ a b c 熊崎さん死去「落としの熊さん」敏腕検事 政官財、不正にメス]『読売新聞』2022年5月28日(社会面)
  4. ^ a b “元地検特捜部長が時代劇に初挑戦 - 社会”. asahi.com. (2008年1月2日). オリジナルの2008年1月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080105091418/https://www.asahi.com/national/update/1231/TKY200712310135.html 2022年5月30日閲覧。 
  5. ^ 『官報』号外第91号 平成25年4月30日
  6. ^ 扮装解決手続の公平化 日本プロ野球選手会オフィシャルサイト
  7. ^ a b コミッショナーに元特捜部長、熊崎勝彦氏選任「スピード感持って進める」(アーカイブ)産経新聞 2013年12月26日閲覧
  8. ^ 概要 野球殿堂博物館オフィシャルサイト
  9. ^ a b 「新コミッショナーに斉藤惇氏 前日本取引所グループCEO オーナー会議で選出」産経新聞(2017年11月27日)2022年6月2日閲覧
  10. ^ 加藤良三氏、熊崎勝彦氏がWBSC栄誉勲章を受賞 マックマン氏はゴールデンダイヤモンド勲章WBSC 21/11/2019
  11. ^ “熊崎勝彦弁護士が死去 元特捜部長、コミッショナー”. 時事通信. (2022年5月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052700717&g=soc 2022年5月27日閲覧。 
  12. ^ 『官報』第759号10頁 令和4年6月21日
  13. ^ a b c d e オリエントコーポレーション『有価証券報告書』(2016年3月期)PDF/2022年6月2日閲覧
  14. ^ 綿半ホールディングス『有価証券報告書』PDF

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代
上田廣一
東京地方検察庁特捜部長
1996年 - 1998年
次代
中井憲治