熊五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

熊五郎(くまごろう)は、古典落語に登場する架空の人物。江戸落語上方落語を問わずさまざまな落語で活躍している。

キャラクター[編集]

性格[編集]

一人称は「俺」。通称『能天熊』。八五郎がおっちょこちょいとして描かれるのに対し、乱暴者として描かれる場合が多い[1]。おが何より大好きで、酒にまつわる失敗談も多々ある(後述)。その一方で「まんじゅうこわい」に見られる知的でクレバーな面もあり、「子別れ」や「藪入り」などのように子供との競演もかなり多い[1]

職業[編集]

主な職業は大工である[2]。上方落語にでてくる際には、「テッタイ(手伝い)」(土木作業や店の厄介ごとを解決する作業員のようなもの)として出てくる場合が多い[3]

主な登場作品[編集]

  • 大山詣り[1]:泥酔して大立ち回りを演じてしまい、仲間の手によって丸坊主にされる。
  • 子別れ[1]:職業は大工。酒乱が原因で女房子供に逃げられるが、後に再び一緒になる。
  • 崇徳院[1]:お店の若旦那の恋わずらいを治すため、その相手を探して奔走する。
  • 粗忽長屋[1]:『船徳』と並び、数少ない『八五郎』との競演噺。
  • 猫の災難[1]:たまたま貰った「の頭と尾っぽ」が原因で、妙な騒ぎに巻き込まれてしまう。
  • 上方版らくだ[1]:紙屑屋をこき使って仲間の葬式を出そうとして、あべこべに酒を飲んで豹変した紙屑屋にこき使われる。

影響[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『落語登場人物辞典』 59頁。
  2. ^ 『落語国・紳士録』 31頁。
  3. ^ 『落語入門百科』 118-119頁。

参考文献[編集]