煮ぼうとう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
煮ぼうとう

煮ぼうとう(にぼうとう)は、小麦粉が比較的容易に手に入れることが可能であった埼玉県深谷の郷土料理。

地元で収穫される野菜類をふんだんに使い、幅の広い生めんを生の状態から煮込んだ料理[1]である。にぼうと[2]武州煮ぼうとうとも呼ばれる。

概要[編集]

麺は中力粉や強力粉を用いた腰の強い幅広のものを用い、生麺のまま野菜を中心とした具とともに煮込んだうえ、醤油で味付けを行ったものである。具には地元の深谷ねぎのほか、根菜類がよく使われる。上州のおっきりこみとは似た料理ではあるが、おっきりこみは主に味噌仕立てである(一部醤油仕立てのものが存在する)のに対し、煮ぼうとうは醤油仕立てである。また、醤油味のおっきりこみを煮ぼうとうと呼ぶ場合もある。

他地域の同様な料理との関係[編集]

幅の広い麺を生から地元の食材で煮込む同様の料理として、山梨県ほうとう岩手県南部はっとなどが挙げられる。

ほうとうなど太い麺を生の状態から地元の野菜と一緒に煮込んだ料理は、戦国時代の武田信玄の領地や影響のあった地域である山梨県のほか、埼玉、群馬、長野などにある。このため、「ほうとうが食べられている地域は信玄の勢力範囲と一致する。武田軍の陣中食だった可能性がある。」とする説がある。

脚注[編集]

  1. ^ 煮ぼうとう - 深谷市観光協会
  2. ^ 『コムギ粉料理探求時点』 東京堂出版、1999年ISBN 4-490-10518-5