照瀬川邦昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
照瀬川邦昭 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 照瀬川 邦昭
本名 正代 邦明
出身 日本の旗 日本熊本県熊本市二本木
身長 177cm
体重 127kg
所属部屋 桐山部屋
得意技 右四つ、寄り、押し
成績
最高位 幕下
生涯戦歴 295勝295敗19休
データ
引退 2009年7月(実質)
2009年9月(名目)
引退後 警視庁巡査
備考

照瀬川 邦昭(てるせがわ くにあき、1979年7月5日 - )は、大相撲桐山部屋に所属していた元大相撲力士。本名・正代 邦明(しょうだい くにあき)。熊本県熊本市二本木出身。身長177cm、体重127kg。血液型はB型。得意手は右四つ、寄り、押し。最高位は東幕下43枚目。現在は警視庁巡査を経由して熊本市に帰郷、飲食店経営。

経歴[編集]

中学校卒業後桐山部屋に入門し、順調なスタートを切ったものの序二段で苦労した。1997年11月場所に三段目に昇進。しかし新三段目の場所、両足首靱帯断裂の怪我を負い途中休場し、その後も首のヘルニアなどの怪我に悩まされた。1998年9月場所序二段で7戦全勝の成績を飾り、優勝決定戦に敗れはしたものの、その翌場所から三段目に定着した。幕下に昇進できず三段目で長く時間を要した。2003年7月場所より相撲が良くなり、3場所連続勝ち越し、2004年1月場所に念願の幕下に昇進した。しかし幕下では相撲が通じず三段目と幕下を往復、勝ち越しは2008年5月場所の1場所のみに留まった。一方で通信制高等学校に入学、高等学校卒業を目指した。怪我も治らず十両にも上がれぬまま30歳近くになり、医師の助言もあり引退を考えていたところ、知人の警視庁警察官から警察官への転職を勧められた。2008年3月、高校を卒業。同年現役力士ながら警視庁警察官Ⅲ類採用試験を受け合格。翌2009年、警視庁巡査に採用され、同年7月場所(番付上は2009年9月場所)限りで引退。警察学校での10ヶ月間の研修(初任教養)を経て、2010年7月、警視庁東京湾岸警察署地域課に配属された。警察官として働いたのち退職し、両国のちゃんこ屋に勤務して料理修行ののち帰郷し2018年より熊本市内でちゃんこ料理屋「力士料理 にしき」を経営[1]している。

略歴[編集]

  • 1995年3月 初土俵
  • 2009年9月 引退

主な成績[編集]

  • 通算成績:295勝295敗19休(88場所)

改名歴[編集]

  • 正代→照瀬川→照代→照瀬川

家族・親族[編集]

  • 警察官の正代賢司(元神奈川県警剣道特別術科訓練員)・正代正博(警視庁)は実弟。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • ^ 2018年11月8日熊本朝日放送「くまパワ」で本人が同店内で取材を受けたVTR内「くまパワ」公式Facebook内の同回予告映像にて経緯を語っている。