照明柱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

照明柱(しょうめいちゅう)とは、街灯など[1]照明灯に使われる支柱の総称である。

遊歩道の足元灯(1m以下)から、空港エプロン照明や高速道路SAの駐車帯照明のハイポール(20 - 40m)まである。材質は炭素鋼コルテン鋼ステンレス鋼アルミ合金コンクリートFRP鋳物チタンなど多岐にわたり、目的や意匠によって使い分けられている。国道高速道路に使われる8 - 12mの照明柱は、一般構造用炭素鋼(SS400)に溶融亜鉛めっき(JIS H8641-1999 2種 HDZ55)の表面処理を施した物が一般的である。橋梁部では荷重軽減を目的に、また海浜地区では塩害対策のためにアルミ合金製の照明柱を用いる事もある。ステンレス製品は高価だが、表面の光沢が美しいのでデザイン柱に用いられる事が多い。チタン製品は材料・製造コストともに莫大である為、採用される事は稀である。

脚注[編集]

  1. ^ 街路灯道路照明灯防犯灯庭園灯など