照和 My Little Town KAI BAND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
照和 My Little Town KAI BAND
監督 フカツマサカズ
製作 スタイルジャム
KAI OFFICE
ポプラ社
ナレーター 大森南朋
出演者 甲斐よしひろ
田中一郎
松藤英男
千葉和臣
森山達也
陣内孝則
撮影 山田真也
配給 スタイルジャム
公開 日本の旗 2010年12月18日 
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

照和 My Little Town KAI BAND』(しょうわ マイ・リトル・タウン・カイ・バンド)は、甲斐バンドの映画。

2010年4月9日 - 4月11日福岡県天神のライブ喫茶・照和にて開催された、『甲斐バンド Live at the 照和』(3Days5公演)から、2日目(4月10日)初回のバンド編成公演を中心に映像化した、ドキュメンタリー&ライヴ映画。

概要[編集]

出演者として、甲斐バンドのメンバーの他に、千葉和臣海援隊)・森山達也THE MODS)・陣内孝則TH eROCKERS)ら、照和出身アーティストのインタビューが収録されている。

監督はフカツマサカズ、ナレーションは俳優大森南朋が担当している。

わずか60席、3日間で合計約300名の観客しか体験することができなかった、貴重なライヴ映像は、カメラを8台使って撮影された。

2010年10月1日から、全国ロードショーの前に、福岡のソラリアシネマ(現・TOHOシネマズ天神・ソラリア館)にて、1週間先行ロードショーされた。その初日には、甲斐よしひろが舞台挨拶に訪れ、サプライズとして「HERO(ヒーローになる時、それは今)」をアコースティック・ヴァージョンにて、ギター一本で披露(ゲストで、ブルースハープの中野茂樹〔甲斐の高校時代のバンド、ノーマン・ホイットフィールドのメンバー〕氏が参加)。その音源が11月、Amazon.co.jp限定でMP3配信された。

また、同年12月18日の全国ロードショー公開初日、シネセゾン渋谷にて、甲斐バンド(甲斐・田中)と監督のフカツマサカズ、映画の中で語りを担当している大森南朋が、舞台挨拶を行った。

DVD[編集]

照和 My Little Town KAI BAND
甲斐バンドミュージック・ビデオ
リリース
ジャンル ロック
チャート最高順位
  • 週間32位(オリコン
  • デイリー3位(オリコン)
甲斐バンド 映像作品 年表
KAI DVD-BOXIII Disc.12
(甲斐よしひろ)
2010年
照和 My Little Town KAI BAND
2011年
Absolute 薬師寺LIVE
2013年
テンプレートを表示

2011年6月2日、本編の他に特典映像を収録して、DVD化された。

初回限定で、20Pのオリジナルmini写真集封入、及びアウターケース仕様となっている。

オリコンデイリーチャートで、DVD総合第3位を記録した。

収録曲[編集]

  1. 新宿
  2. 黒い夏
  3. 裏切りの街角
  4. 8日目の朝
  5. 東京の冷たい壁にもたれて
  6. 最後の夜汽車
  7. 三つ数えろ
  8. 風の中の火のように
  9. 漂泊者(アウトロー)
  10. 地下室のメロディー
  11. 冷たい愛情
  12. バス通り(※この曲のみステージ映像なし、音源は4月9日のもの)  

特典映像:『KAI 35th Anniversary 甲斐バンド Live at the 照和』 4月9日 アコースティック・プレミアムナイト より

  1. 東京の一夜
  2. 薔薇色の人生
  3. きんぽうげ