煙山専太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
煙山 専太郎
人物情報
生誕 (1877-06-03) 1877年6月3日
日本の旗 日本
岩手県九戸郡大川目村
(現・久慈市
死没 (1954-03-21) 1954年3月21日(76歳没)
日本の旗 日本
広島県
国籍 日本の旗 日本
配偶者 煙山八重子
両親 父:煙山猶奴
母:登勢
学問
研究分野 西洋史
研究機関 早稲田大学
主な指導学生 小林正之
木村時夫
称号 早稲田大学名誉教授
主要な作品 『西洋最近世史』
『世界大勢史』
『独逸膨脹史論』
『英国現代史』
『征韓論実相』など
影響を
受けた人物
有賀長雄
浮田和民
福沢諭吉
影響を
与えた人物
幸徳秋水
宮下太吉
管野スガ
テンプレートを表示

煙山 専太郎(けむやま せんたろう、1877年(明治10年)6月3日 - 1954年(昭和29年)3月21日)は、明治から昭和にかけての西洋史学者[1]、政治学者[2]。ロシア史研究の「草分け」[3]早稲田大学名誉教授。岩手県出身。

生涯[編集]

煙山専太郎は、岩手県大目村に生まれた。東京帝国大学の史学科に進んだが、のちに哲学化に転科した。有賀長雄が主宰する『外交時報』に、在学中から寄稿しており、有賀の知遇を得ている。早稲田大学で研究者、教育者として過ごした。

『外交時報』[編集]

『外交時報』は、1898年(明治31年)に有賀が創刊した国際・外交問題専門誌である。埴原正直が編集人をやめた後、編集事務の方面で田中唯一郎が、執筆面で煙山専太郎が 有賀を補佐する存在となったとされる[4]。同誌に煙山が初めて書いたのは、1989年9月「樺太回顧」であり、その後も煙山は数多くの論文を寄稿している[5]

略歴[編集]

  • 1877年(明治10年)6月3日 岩手県九戸郡大川目村(現・久慈市)に生まれる。父・煙山猶奴、母・登勢の長男である。
  • 1897年(明治30年)7月 第二高等学校大学予科第一部(文科)卒業。
  • 1897年(明治30年)9月 東京帝国大学文科大学史学科入学。
  • 1899年(明治32年)9月 同文科大学哲学科に転科。
  • 1902年(明治35年)7月 東京帝国大学文科大学哲学科を卒業。
  • 同年、早稲田大学に迎えられ、政治経済学科、文学部史学科において、西洋近世史、政治史などを講義する。
  • 1911年(明治44年)から1945年(昭和20年)、1946年(昭和21年)から1948年(昭和23年)まで早稲田大学教授。
  • 1922年(大正11年)から1924年(大正13年)にかけてヨーロッパに留学。
  • 1948年(昭和23年)、定年退職、同大学名誉教授となる。
  • 1950年(昭和25年)から1953年(昭和28年)まで、文化女子短期大学学長。
  • 1953年(昭和28年)11月、受洗。
  • 1954年(昭和29年)3月21日、広島において満76歳で没する。墓所は、岩手県盛岡市名須川町東顕寺[6]

人柄[編集]

  • 煙山が史学科から哲学科に移った理由として、増田冨寿は、当時史学科において地図を描く課題が出されて、それに煙山がバカバカしくなったからであると推定している[7]

学風[編集]

  • 煙山の学問上の特徴は、個別的な事実を丹念に調査していき、その成果によって「一般的把握」を行う帰納的なスタイルである[8]

人脈・影響関係[編集]

  • 煙山のロシア史研究を継いだ者としては、増田冨寿が挙げられている[9]
  • 日本近現代史専攻の木村時夫(早稲田大学社会科学部教授)は、大学院時代に主として煙山から指導を受けたと記している[10]
  • 煙山の論文「近世無政府主義」(1902年)は当時としてはロシア・ナロードニキの「唯一のガイドブック」であり、幸徳秋水宮下太吉管野スガらに影響を与えたと見る見解がある[11]。もっとも、煙山の伝記を書いた千葉瑞夫によれば、煙山が同書を書いた目的は、無政府主義の宣伝にあったのではなく、正確な認識に基き批判しようとする点にあったという[12]
  • 煙山は、有賀長雄が主宰する『外交時報』を通じて有賀と交流があり、有賀を「学問上の師」としていたという。[13]。また煙山は、有賀の推薦で早稲田大学講師となったとする記述がある[14]

著書[編集]

  • 『西洋最近世史』
  • 『世界大勢史』
  • 『独逸膨脹史論』
  • 『英国現代史』
  • 『征韓論実相』
  • 『再生の欧米を観る』

など他。

翻訳書[編集]

  • セニョーボス[15]『西洋文明史』東亜堂書房、大正2年(1913)
  • セニョーボス『欧洲現代文明史』
  • ア・ドビドゥール『欧洲最近外交史』[16]

など他。

参考文献[編集]

千葉瑞夫『愛と先見の人―煙山専太郎』岩手日報社、1985年、など他。

脚注[編集]

  1. ^ 秦郁彦編『日本近現代人物履歴字典 [第2版]』東京大学出版会、2002年、228頁。
  2. ^ 三省堂編集所編『コンサイス 日本人名事典 [第4版]』三省堂、2004年。
  3. ^ 増田冨寿『ロシア史研究五十年』早稲田大学出版部、1991年、86頁。
  4. ^ 伊藤信哉『近代日本の外交論壇と外交史学』日本経済評論社、2011年、16頁。
  5. ^ 伊藤・同書、22、23、86頁参照。
  6. ^ 略歴は秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典 [第2版]』東京大学出版会、2002年、国史大辞典編集委員会編 『国史大辞典 第5巻』吉川弘文館、1985年、三省堂編集所編『コンサイス 日本人名事典 [第4版]』三省堂、2004年を参照して、作成した。
  7. ^ 増田冨寿『ロシア史研究五十年』早稲田大学出版部、1991年、8頁、88頁、97頁以下参照。
  8. ^ 増田冨寿『ロシア史研究五十年』早稲田大学出版部、1991年、89頁参照。
  9. ^ 千葉瑞夫『愛と先見の人 煙山専太郎』岩手日報社、1985年、216頁。
  10. ^ 木村時夫『日本ナショナリズム史論』早稲田大学出版局、昭和48年(1973)、奥付参照。
  11. ^ 三省堂編集所編『コンサイス 日本人名事典 [第4版]』三省堂、2004年、502頁参照。また盛岡市の「盛岡の先人たち」の記述も参照
  12. ^ 千葉瑞夫『愛と先見の人 煙山専太郎』岩手日報社、1985年、35頁以下、199頁以下参照。
  13. ^ 千葉・前掲書、189頁参照。国史大辞典編集委員会編 『国史大辞典 第5巻』吉川弘文館、1985年参照。
  14. ^ 千葉・前掲書、同頁。盛岡市HP「盛岡の先人たち」を参照。
  15. ^ シャルル・セニョーボス(Charles seignobos)は、フランスの歴史家で、1890年来、ソルボンヌ大学の教授(『岩波西洋人名辞典 増補版』岩波書店、1981年、770頁)。
  16. ^ 近代日本デジタルライブラリー

外部リンク[編集]