焼肉店センゴク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
焼肉店センゴク
ジャンル 4コマ漫画コメディ
漫画
作者 覆面うさぎ
出版社 連載:コミックスマート
単行本:一迅社
掲載サイト GANMA!
レーベル REXコミックス
発表号 1号 - 連載中
巻数 既刊1巻(2016年2月現在)
その他 毎週水曜日配信
アニメ
原作 覆面うさぎ
監督 長井勝見
脚本 長井勝見
音楽 清川進也
アニメーション制作 スタジオプラセボ
配信サイト GANMA!
配信期間 2017年 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

焼肉店センゴク』(やきにくてんセンゴク)は、覆面うさぎによる日本漫画作品。コミックスマート配信の『GANMA!』にて毎週水曜日に連載中。

2016年2月には単行本の販売およびアニメ化が決定された。

あらすじ[編集]

大山ソウジ(モップ)は、家から近いという理由だけで「焼肉店センゴク」にてアルバイトをすることになる。明るく店のムードメーカーな存在の佐倉ヤエ 、常識人ではあるが店長のことが大好きな鯱頭アオイ、仕事中に昼寝をする豪快で朗らかな性格の店長千石エイジ 、本業が自動車整備士のアフロ金田へちま 、中国の女子大生の劉子玄ら濃いメンバーたちに囲まれ、今日も焼肉店センゴクは元気に開店する。

登場人物[編集]

店員[編集]

大山ソウジ(おおやま そうじ) / モップ
声 - 猪股慧士
19歳の主人公。モップのような頭をしていることからあだ名が「モップ」になった。センゴクメンバーの中では常識人で、ツッコミ役に回ることが多い。
佐倉ヤエ(さくら やえ)
声 - 嶺内ともみ
18歳の高校生(のちに卒業)でヒロイン。ピンクのセミロングで明るい性格。天然で店の皿を割る数はダントツ。後にソウジに好意を抱くようになる。
鯱頭アオイ(しゃちがしら あおい)
声 - 武田羅梨沙多胡
16歳の高校生。藍色のショートで落ち着いた常識人。店長に好意を抱いている。動物が大好きでミミゲやサクラを拾ってくる。鯱頭爪術を披露する、残像、店の床から現れるなど度々忍のような行動をする。
金田へちま(かねだ へちま) / へちまさん
声 - 伊達忠智
32歳の厨房担当。アフロの髪型をしており、口癖は「けっさく~」。既婚者で子供がいる。面白そうなことが起きるとプルプルと笑いをこらえ楽しそうにする。
劉子玄(りゅう しげん) / リュウさん
声 - 篠原侑
22歳の中国人大学生。茶髪のポニーテールで、本人曰く、母国語の中国語を忘れてしまっている。仕事はできるがよくサボる。
千石エイジ(せんごく えいじ)
声 - 立木文彦
58歳の店長。「筋肉向上」と言いながら筋トレするのが日課。
遠藤まめ吉(えんどう まめきち) / マメさん
声 - 西村知道
孫の小遣い稼ぎのために後にメンバーに加わる。年寄りではあるが小学生並みに身長が低い。頭に花が咲いている。梅雨には大きく開花したり、つるを伸ばして腕を強化したりするなど頭の花には謎が多い。
射場ナオシロ / オシロー
まめ吉のあとにメンバーに加わる。周りの視線が苦手なために変な動物(本人いわくマンガンゼンセキグレゴリオショチュウミマイビーフストロガノフカンガルーモドキのメス)の被り物をしており、店長以外誰も素顔を知らないが、バーベキューの時に撮られた写真に素顔が写り込んでしまった。

家族[編集]

大山シズカ
声 - 伊藤静
モップの母親。元ヤンキー。
大山ソウイチロウ
声 - 保志総一朗
モップの父親。とても病弱で子のソウジと髪型が一緒である。
金田ヤヨイ
へちまの妻。元センゴクメンバー。
金田モミジ
へちまの子。口癖は父へちまとおなじ「けっさく〜」。
佐倉ナナエ
ヤエの母。娘に似て天然である。
遠藤ハズ
マメさんの孫で知りたがり屋の小学生。実は担任の先生はマダムである。

動物[編集]

ミミゲ
雨の日に捨てられているところをアオイに拾われたネコ。以降は店長の家でくらす。
サクラ
アオイに拾われセンゴクで雇われる馬。
ヒミコ
アオイの住む家の隣で飼われているヤギ。不審者には鳴き声をあげる。
ハトムネ壱号
ヤエの飼う鳥。鴨之烝を生む。
ハトムネ参号
ヤエの飼うニワトリ。毎朝ヤエちゃんを優しく起こす。
ハトムネ四号
ヤエの飼うハト。伝書鳩のような役割を果たしている。現在ヤエちゃんに反抗期である。
鴨之烝
ハトムネ壱号から生まれる。バタフライを習得した。

その他[編集]

本実ハレ(もとみはれ)
声-下野紘
ソウジの幼なじみ。かなりのアホで女の子が大好き。
一里見ヒトミ(ひとりみひとみ)
通称マダム。センゴクの常連客でリュウと絡むことが多い。学校の教師で独り身。
パトロン
マダムの父。いつもなぜかどこかに穴があいている。
練々マリー
ハレが恋した女性。アナウンサーになったり密猟者になったりと様々なことをしている。
ガイコツ魔女
リュウの家の大家さん。
ヒャッキちゃん
正式名称「百鬼夜行」のお掃除ロボット。センゴクで働きよく喋る。
食べられた牛の亡霊ちゃん
声-つぶやきシロー
ヤエが作り出したセンゴクのマスコットキャラクター。
タインホルス伯爵
ソウジが熱の時に現れた謎のキャラクター。

既刊一覧[編集]

Webアニメ[編集]

2016年2月にアニメ化が発表され[1]、2017年12月17日から2018年2月25日まで『GANMA!』アプリ上で毎週日曜日に配信された[2]。2018年7月4日より、TOKYO MXでも毎週水曜1:00 - 1:05(火曜深夜)に放送[3]

エンディングの後には、食べられた牛の亡霊ちゃんが出演するおまけコーナーを配信。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 覆面うさぎ/COMICSMART INC.(「GANMA!」連載中)
  • 監督・脚本・編集 - 長井勝見
  • 企画・キャラクターデザイン - 渡邊百香
  • 作画・動画 - 溝口広幸、近藤宏幸
  • 美術 - 下井孝司、大原佳子
  • 音響効果 - 安江史男
  • 音楽 - 清川進也
  • プロデューサー - 千葉夏紀
  • 制作プロデューサー - 錦織毅
  • アニメーション制作 - スタジオプラセボ
  • 制作著作 - コミックスマート

主題歌[編集]

「YAKINIKU♥TABETAI」
作詞 - 渡邊百香 / 作曲・編曲 - 清川進也姫野博行 / 歌 - センゴク娘三人衆[佐倉ヤエ(嶺内ともみ)、鯱頭アオイ(武田羅梨沙多胡)、劉子玄(篠原侑)]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 配信日
1皿目 ようこそ焼肉店センゴクへ 2017年
12月17日
2皿目 嵐のあとには、龍が昇る
3皿目 肉厚 12月24日
4皿目 名誉をかけた勝負! 12月31日
5皿目 もっとデラックス 2018年
1月7日
6皿目 マスコットキャラクター 1月14日
7皿目 正真正銘のアホである 1月21日
8皿目 長所と短所は表裏一体 1月28日
9皿目 家庭訪問 2月4日
10皿目 ブラブラおでかけ 2月11日
11皿目 風邪引きメリークリスマス 2月18日
12皿目 知らない話 2月25日

出典[編集]

外部リンク[編集]