焼そばバゴォーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルちゃん 焼そばバゴォーン
販売会社 東洋水産
種類 即席カップめん
販売開始年 1979年
完成国 日本の旗 日本
外部リンク http://www.maruchan.co.jp/cupyakisoba/detail02.html
特記事項:
東北地方信越地方限定商品
テンプレートを表示

焼そばバゴォーン(焼そばBAGOOOON、やきそばバゴォーン)は、マルちゃんブランドを展開する東洋水産東北地方及び信越地方で販売するカップ焼きそばである。

わかめスープ付きでパッケージには「三陸産わかめスープ付」と表記されている[1]

概要[編集]

「焼そばバゴォーン」は1979年(昭和54年)3月に販売開始。1981年(昭和56年)3月には中華スープが添付されるようになり、1985年(昭和60年)3月には前述したとおりわかめスープに変更され、現在に至る。当初は全国展開で販売していたが、営業力が弱くブランドが定着しなかった地域から順に販売を終了し、結果的に営業力が強くブランドが定着した東北と信越のみの地域限定販売商品となった[2]。バゴォーンが定着しなかった地域向けに代替商品として「昔ながらのソース焼そば」が開発され[2]、1996年2月に販売開始された[3]。ただし、地域外でも一部店舗では定期・不定期で販売が行なわれている。

やきそば弁当」シリーズ、および「昔ながらのソース焼そば」シリーズ、「焼そば名人」シリーズ同様、2010年(平成22年)2月以降の出荷分より、「焼そばバゴォーン」シリーズの全てがJASマーク認定となった。

商品名は、1979年発売当時にアメリカン・コミックスピストルの発射音として使われていた擬音に由来する[4][5]

特徴[編集]

ソースの味は、「やきそば弁当」の方が若干こってりとしていて甘さを伴い、ソースの量がやや多く「バゴォーン」の約1.3倍がある。一方「バゴォーン」の方はソースの量が比較的少なめで少々薄口で若干塩辛い。「バゴォーン」シリーズはソース焼そばに限らず、後発の「バゴォーン 凄太」とその後継商品に当たる「焼そばバゴォーン 濃厚甘口」を除く「焼うどんバゴォーン」や「バゴォーン はま塩」(現・「バゴォーン 海鮮うま塩味」)、「バゴォーン ちょい辛」もソースの味がいずれも薄口気味である。「バゴォーン ちょい辛」を除く「バゴォーン」シリーズには、好みに応じて別途ふりかけるスパイスは添付されていない。やきそば弁当と異なり、大盛りサイズ(後述する「過去にあった商品」参照)や超大盛りサイズが存在しない。

ラインアップ[編集]

※2016年8月時点[6]

焼そばバゴォーン
シリーズ基本形となる「バゴォーン」のオリジナル版(ソース味)の味自体は、1985年3月以降の仕様からほとんど変わっていない。
  • 焼そばバゴォーン(1979年3月発売) - レギュラーサイズで麺の質量は100グラム(調理前)。
  • 焼そばバゴォーン 濃厚甘口(2013年2月発売) - 焼きうどんを除く同シリーズ唯一の濃口系ソースが採用されている。麺の質量は90グラム(調理前)。
  • 焼そばバゴォーン えび塩味(2015年2月発売) - 「焼そばバゴォーン 海鮮うま塩味」の後継商品。麺の質量は90グラム(調理前)。[7]
  • 焼そばバゴォーン 辛口(2016年6月27日発売) - ウスターソース、中濃ソース、濃厚ソースの3種のソースをベースに、唐辛子風味のスパイスを合わせた辛口ソースが採用されている。麺の質量は90グラム(調理前)。
過去にあった商品
  • 大(だい)焼そばバゴォーン(1990年代前期から中期) - レギュラーの大盛版だが短命に終わった。
  • 焼きそばパキューン(1990年頃) - 少量化した廉価版。
  • ブタ焼きそばバゴォーン(1995年頃) - 北海道のみ未発売。発売開始から1年足らずで販売終了。
  • 焼そばバゴォーン はま塩(2001年2月発売) - 塩味の焼そば。2013年7月8日より商品名を「焼そばバゴォーン 海鮮うま塩味」に改名し、先述の「焼そばバゴォーン えび塩味」と入れ替わる形で販売終了[8]
  • 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛(2009年4月27日発売) - 1979年発売当時の味をほぼ再現し、更に三陸産わかめスープが添付したが同年6月までの完全限定商品として全国で販売された[9]
  • 焼うどんバゴォーン(2005年3月 - 2011年1月) - 「焼そばバゴォーン」の焼うどん版。「焼そばバゴォーン 凄太」と入れ替わる形で2011年1月をもって販売終了となった。
  • 焼そばバゴォーン ちょい辛(2009年2月発売) - シリーズ発売30周年を記念して、オニオン風味のブラックペッパー(粗挽き黒胡椒)が添付された物。ソースの味はレギュラーと同一。後述する「焼そばバゴォーン チリトマト味」と入れ替わる形で2014年3月をもって販売終了となった。
  • 焼そばバゴォーン 凄太(すごぶと)(2011年2月発売) - 「焼そばバゴォーン 濃厚甘口」と入れ替わる形で2013年1月をもって販売終了。焼きうどんを除く同シリーズ唯一の太めの麺が採用されていた。
  • 焼そばバゴォーン チリトマト味(2014年2月発売)[10]- 後述する「焼そばバゴォーン ナポリタン味」と入れ替わる形で販売終了。
  • 焼そばバゴォーン ナポリタン味(2015年7月発売) - ソースはトマトをベースに、たまねぎやニンニクの旨みを合わせたナポリタン味ソース。先述の「焼そばバゴォーン 辛口」と入れ替わる形で販売終了。

CM[編集]

CMは2007年度を除き、同社の北海道限定商品である「やきそば弁当」と同じタレントが出演している。なお、2007年度のCMに限り「昔ながらのソース焼そば」シリーズと「バゴォーン」シリーズは眞鍋かをりを起用している。2008年度以降はタカアンドトシで、同社の「昔ながらのソース焼そば」、「焼そばバゴォーン」と共通の作りである。

出典[編集]

  1. ^ 現在は東日本大震災の影響で三陸産ではなく中国産のわかめを使用しているため、「ホッとうれしい! わかめスープ付」と表記されている(2011年4月出荷分以降より)。
  2. ^ a b 「カップ焼そば」の地域差、なぜあるの?”. エキサイトニュース (2006年9月4日). 2018年8月27日閲覧。
  3. ^ 企業情報 あゆみ”. 東洋水産. 2018年8月27日閲覧。
  4. ^ 青山ゆずこ (2015年1月17日). “東北・信越地方で絶大な人気 「焼きそばBAGOOOON(バゴォーン)」を全種類食べ比べてみた!”. ねとらぼ. 2018年8月20日閲覧。
  5. ^ 「エッ全国展開じゃないの!?」知名度バツグンの“グルメ”たち、地域限定なのはなぜ?”. 週刊女性PRIME (2018年8月19日). 2018年8月20日閲覧。
  6. ^ 焼そばバゴォーン 商品紹介”. 東洋水産. 2015年8月26日閲覧。
  7. ^ 「焼そばバゴォーン えび塩味」 東北・信越地区にて新発売のお知らせ - 東洋水産ニュース 2015年1月19日
  8. ^ 「焼そばバゴォーン」「同 ちょい辛」 リニューアル発売、「同 海鮮うま塩味」 新発売のお知らせ - 東洋水産ニュース 2013年6月17日
  9. ^ 復刻版 焼そばバゴォーン 30周年記念品大盛 新発売のお知らせ[リンク切れ] - 東洋水産ニュース 2009年3月9日
  10. ^ 「焼そばバゴォーン チリトマト味」 東北・信越地区にて新発売のお知らせ - 東洋水産ニュース 2014年1月20日

外部リンク[編集]