然別火山群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
然別火山群の位置(100x100内)
然別火山群
新期然別
火山群
旧期然別
火山群
ナイタイ山
然別火山群周辺の地形図

然別火山群(しかりべつかざんぐん)は、北海道鹿追町上士幌町士幌町にまたがる火山群である。最高地点は北ペトウトル山で標高は1400.7m。

概要[編集]

然別湖南側の新期火山群は、安山岩デイサイトからなる10個の溶岩ドームから構成され[1]、火山活動は約30万年前以降で最新の活動は2万年前より新しい[1]。南方に火砕流の堆積面が広がる[1]。旧期の然別火山群は成層火山の北ペトウトル山と南ペトウトル山が湖の西で活動していた[2]

西ヌプカウシヌプリ溶岩ドームと東ヌプカウシヌプリ溶岩ドームがヤンベツ川の正面に成長したため堰止湖の然別湖が形成された [3][4]

一帯の山並みの大部分が大雪山国立公園に指定されている。すべての溶岩ドームに登山道がある訳ではないが、主だったものには登山道がある。

構成火山[編集]

  • 新期然別火山群
    • 西ヌプカウシヌプリ
    • 東ヌプカウシヌプリ
    • 白雲山
    • 天望山[5]
    • 岩石山 など
  • 旧期然別火山群
    • 北ペトウトル山
    • 南ペトウトル山

脚注[編集]

  1. ^ a b c 出典: 日本の火山 然別火山群 - 産業技術総合研究所 地質調査総合センター、2017年4月閲覧
  2. ^ a b 然別湖周辺の山々 - とかち鹿追ジオパーク、2017年4月閲覧
  3. ^ 出典: 守屋, 1983
  4. ^ 出典: ジオツアーに求められる工夫 - 澤田ら、2017年4月閲覧
  5. ^ 通称「くちびる山」
  6. ^ 出典: 第四紀火山岩体・貫入岩体DB:ナイタイ山 - 産業技術総合研究所 地質調査総合センター、2017年4月閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]