無頼非情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
無頼非情
監督 江崎実生
脚本 山崎巌
原作 藤田五郎
出演者 渡哲也松原智恵子和田浩治内田良平扇千景
音楽 伊部晴美
主題歌 男の流転、男泣き
撮影 山崎善弘
編集 鈴木晄
制作会社 日活
公開 1968年8月1日
上映時間 92分
前作 大幹部 無頼
次作 無頼 人斬り五郎
テンプレートを表示

無頼非情』(ぶらいひじょう)は、1968年8月1日に公開された日本の映画。製作は日活。無頼シリーズ第3作。

概要[編集]

五郎は三木本の義理から沢田を狙っていた。 その沢田は、三木本の子分の新開に殺された。 間も無く沢田組は潰れそれは三木本組のイカサマ賭博のためだと五郎は知り、賭場から金を奪い熱海に亜紀と逃げた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

嵐の果し状

映像ソフト[編集]

  • 2000年4月21日にビデオソフト(VHS)が発売されたが廃盤、現在はDVD化はされてない。