無頼男 -ブレーメン-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

無頼男-ブレーメン-』(ブレーメン)は、「週刊少年ジャンプ」で、2000年2号から2001年41号まで連載されていた、梅澤春人漫画作品。

概要[編集]

内容は不良漫画ではあるが、音楽(バンド)やジェンダートランスジェンダー)、宗教を取り入れている。

単行本は全9巻。

あらすじ[編集]

ある日、火野麗児の働く、牛丼屋に春日露魅王が姿を現し、牛丼一気飲みしたら代金をチャラにしろという無茶な要求を突きつける。そして見事をそれをやってのけ風のように去って露魅王に唖然とする麗児。その後、2人は偶然再会。露魅王の中にロック魂を見出した麗児は自分がバンド活動を目指していることを打ち明け、露魅王を仲間に誘う。最初は乗り気でなかった露魅王であったが、不良集団との乱闘を経て「世界一有名な男になってやる」という野望をロックで叶えることを心に決め、麗児と共にバンド仲間を探すべく東京へと向かうのだった。

登場人物[編集]

ブレーメン[編集]

主人公達のバンド。バンド名を決めようとして揉み合い折り重なっていた露魅王、麗児、喨を見た嵐が「ブレーメンの音楽隊みたいだ」と言ったことから命名(その前に露魅王が「ファイヤー・ガンズ」にしようと言ったが、「昔の漫画にあった」と言う理由でボツになった)。デビューアルバムは発売から3ヶ月で全世界2億8300万枚を売り上げた。

春日露魅王(かすが ロミオ)
ヴォーカル担当。イメージは犬(野良犬)。
高校生(若い不良)ほどの年齢だが素性は全く不明で記憶がなく、名前も姓名判断の中から気に入ったものを選んでつけた。
麗児がバイトしている牛丼屋で、牛丼一気呑みでお代チャラという難題をさらりとやってのけ、その凄まじいキャラクター性を麗児に印象付けた。後に麗児と意気投合し、彼の誘いを受けて共にバンド活動をすることになる。
戦闘能力は強く、並みの不良なら数人相手にでも全く劣らない。十円硬貨を、弾き飛ばしたり指に数枚挟んでナックルダスター代わりにしたりすることで武器として使う。
彼の過去はロックバンド、エボルーション・クライシスのヴォーカリスト、シドニー・ロックスであり、そしてその正体こそがブレインネイションによってクローンとして復活させられた「キリスト」であった。バンド仲間で恋人のレナ・ブルージーをケイオスに殺され、自らもケイオスの洗脳によって記憶を失っていた。
ブレインネイションの研究と実験によりあらゆる言語を話す事ができるようプログラミングされており、単に話せるだけではなく発音や細かいニュアンスなども完璧に修得している。
火野麗児(ひの レイジ)
ギター担当。イメージは鶏。
牛丼屋でバイトしていたところ、露魅王と出会い、バンドを組むことになる。真っ赤で派手なモヒカンが目立つが、電車でおばあちゃんに席を譲るなど、根は優しい性格。その分融通がきかない所があり、破天荒な露魅王とはしょっちゅう喧嘩している。
藤井嵐(ふじい ラン)
ベース担当。イメージは驢馬。
元はSulfuric Asidのメンバーで、その当時は左手に黒の蝶のタトゥーを入れていた。自身のベースの腕前を悪行に利用されることを嫌い脱退。その後のトラブルで、腕に硫酸を浴びるが、手術によって完治した。メンバー内の兄貴的存在。
葉山喨(はやま リョウ)
ドラム担当。イメージは猫。
コギャルのような風貌をしているが、実は男で、大企業・葉山コーポレーションの御曹司。家族は父一人で、母親は喨を生んですぐに亡くなっている。
作中では詳しくは言及されていないが、「男でもない女でもない心を持っている」と本人が言っていることから、性同一性障害を抱えている様子(普段の服装や、男の格好をした際に嘔吐していた点から見て、女の心の方が大半を占めている模様)。そのため「オカマ」と言われるとブチ切れてしまう(この時彼は鉄製の柵を易々と破壊していた)。 因みに「ニューハーフ」や「ゲイ」はいいらしい。自殺を考えるほど思いつめたこともあったが、ロックとの出会いを経て苦しみから立ち直り、女として生きてゆく道を見つける。その後は自分のことに全く無理解な父親と決別するべく対峙し、女性として生きる覚悟を固めた。
露魅王のことが大好き。ちなみにバイト先はSMクラブである。

ブレーメンメンバーの関係者[編集]

華田流李(はなだ ルリ)
元グラビアアイドル。
トラブルを起こし所属事務所から逃げていた所を露魅王たちに助けられた。顔は整形していたが、トラブルの解決後は逆整形した(元の顔はアイドル時代より多少地味だが美人であり、巨乳は自前)。その後アイドル活動から引退し、ブレーメンのマネージャーとなるが、一生懸命さが空回りして新たなトラブルを呼んでしまうこともある。
魔罹
喨が働いているSMクラブのオーナー。ブレーメンのために色々とお世話をしてくれている。
ジョニー岩石(-いわせき)
名プロデューサー。顔が、井上陽水に似ている。ブレインネーションの元メンバーで、かつて組織の目的の為に大勢の若い命を犠牲にしてしまったことを悔いており、その償いの為にもブレーメンを世界に希望を与えるバンドに育てようとする。
レナ・ブルージー
エボ・クラのメンバーで、シドニー・ロックス(後の露魅王)の元恋人。シドニーとの子どもを妊娠したが、ケイオスに子ども共々殺害された。

敵キャラクター[編集]

ケイオス
ブレインネーションの元メンバー。
復活させたキリストに世界中の言語・文化・風習をプログラムし、聴いた者を深い絶望へと誘うディスペアリングロックを歌わせ、世界を破滅に導こうと企んでいる。
キリストをこの世に復活させる事を野望としていたため、組織の壊滅後、当局に危険人物として収監されていた。
ジョニーらかつてのブレインネーションがロックシンガーの悲劇から組織を改革した際にも唯一それに賛同しなかった。
トレパネーション(額部分の皮膚・頭蓋骨・髄膜等をくり抜いて穴を開け、脳の一部を露出させる)を受け、穴の部分はクリスタルでフタをしているという狂気的な外見をしている。
のちに刑務所を脱獄し、名実共に「ロックの神」となった露魅王の前に現れ、「世界的カリスマである春日露魅王が死ねば世界は混乱し破滅する」と考え殺害しようとするも失敗。最後はジョニーによって引導を渡された。
密月(ミツヅキ)
嵐がかつて所属していたバンド、Sulfuric Asidのボーカル。プラチナブロンドに髪を染め、ブルーのカラーコンタクトを装用している。髪型と上半身の衣装はHOT LIMITプロモーションビデオの時のT.M.Revolutionを彷彿とさせる。舌にSulfuric Asid時代の嵐と同じ黒い蝶のタトゥーを入れている。「硫酸」を意味するSulfuric Asidをバンド名としたのは、「途中でバンドを抜けた時には、罰として蝶のタトゥーが消えるまで硫酸をかける」という誓いの証である。残忍かつ卑劣な性格で、嵐がSulfuric Asidを脱退した後に結成した新バンドのボーカルのサトシの顔に硫酸を浴びせたり、嵐を呼び出すためにリョウを人質に取ったり、露魅王との決闘の際にはナイフを抜いて戦おうとした。最後は露魅王との決闘に敗れ、自らが作った硫酸のプールに突き落とされそうになるも嵐に助けられて転落は免れる。その後、嵐への嫉妬心を独り吐露し、二度と戻れない過去と決別するために自らの舌に硫酸を浴びせ、舌に刻まれた蝶のタトゥーを消し去った。『ロックは人を堕落させるために作られた悪魔の音楽である』という、ケイオスの思想に近い考え方を持っていた。
架神京助(カガミ キョウスケ)
翠ヶ淵高校の2年生。
偏差値75以上の翠ヶ淵において、小学校から通っている自称『生粋の翠ヶ淵ボーイ』(受験で合格して入学したのか裏口入学かは不明)。学校内にある幾つかの立派な施設は全て架神家からのプレゼントであるなど、父親がものすごい権力の持ち主。それを良い事に、学校の内外で好き勝手に振る舞っており、殺人以外は全てもみ消してしまうという噂があるなど、新宿あたりでは『名門翠ヶ淵の悪魔』と呼ばれている。
葉山コーポレーションの御曹司である喨には父親から手を出すなと言われており、当初は喨を無視する事を決め込んでいたが、事あるごとに自分が行うイジメに突っかかってくるなど、煩わしさを感じていた。しかし、怪我をさせるわけにはいかず、喨の弱点を探っていた所、普段は女の格好をしている事を知り、喨の教室内で「オカマ」だと言いふらした所、喨にぶちのめされ、こめかみに傷を負う(その後傷は治ったが傷跡は消えず、傷の上にタトゥーを入れた)。
その後、校内で女性教師をいたぶっていた時に偶然喨達が割り込み、舎弟やペットの大蛇『タナトス』を使って喨達をいたぶるも、最終的には喨に病院送りにされる。入院先の病院で父親に復讐を頼むも、自分よりも遥かに強大な権力を持った喨の父親と争う事を恐れ拒否する。その事で近くにあった灰皿で父親に殴りかかり重傷(生死は不明)を負わせ、逮捕される。
サイクロプス
片目がトレードマークの3人組のバンド。オーディエンスも同様にマスクや眼帯などで片目を隠している。
曲は全て後輩など別のグループから奪ったものであり、曲を奪ったグループは二度とバンド活動ができない様にする為、自分達がオリジナルだと主張している。
デビューを目指しているが、あまりの過激さと音楽性を無視した暴れ放題のオーディエンスの存在などが原因で、メジャーどころかコアなインディーズレーベルからも声がかからないでいた。
ブレーメンの楽曲に目をつけ、曲をコピーしライブで披露(歌詞は自分達が作った物)するも、ジョニーからは曲のイメージとネガティブな歌詞が噛み合っていない等、曲がサイクロプスのオリジナルでは無い事を感づかれていた。
その後、ブレーメンがオリジナルの演奏を披露し、そのパワフルさから負けを悟りオーディエンス共々閉じていた片目を開いていった。

重要語句[編集]

エボリューション・クライシス
物語の数年前に流行した、世界的ロックバンド。ボーカルのシドニー・ロックスとレナ・ブルージーが特に有名だった。
露魅王を除くブレーメンのメンバー全員がファンである。しかしある日シドニーとレナの両方が死亡したため、解散した。
ブレインネーション
「音楽で世界を支配する」という思想の元に作られた秘密結社。密月が使用していたドラッグも元はブレインネーションによって作成された特殊なドラッグである。ドラッグや特殊な歌詞で若者達を操ろうとしていた。
その危険思想ゆえに連邦当局からマークされ、多くの協力者が粛清される。しかしその対象にはブレインネーションとは全く関係無いのに、「歌詞が一小節だけ似ている」というだけで命を奪われた無実のロックシンガーらもおり、それに心を痛めたジョニー岩石らは組織を改革することとなった。
その後は名を「G.B.N(グレイトブレインネーション)」と改め、若い才能を発掘するポジティブな組織へと生まれ変わった。

単行本[編集]